おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

【どうなの?】クッションフロア・長尺シート・フロアタイル|塩化ビニル系の床材を徹底比較!

親方

内装工事の親方です。

今回は床材の特性や強度をお伝えします。

「どんな床材を使おうかな~」

色んな種類の床材がある中で、「いったい何を使えばいいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

という事で

このような内装用の塩化ビニル床材を徹底的に比較します。

比較する項目は

  • 価格・費用
  • 強度・耐久性
  • デザイン性

この辺りを比較したいと思います。この記事が参考になれば幸いです。

どれを使う?内装の塩化ビニル系床材徹底比較

内装の床材は種類が豊富でデザインも沢山ありますが、その一方で、自分が使うとなると「種類が多すぎて分からない!」というジレンマがあります。

ここでは、そんな「一体どうなの?」について詳しく説明したいと思います。

クッションフロア

クッションフロアで床リフォーム

クッションフロア

※サンゲツのクッションフロア

  • 材料価格:1㎡(2,850円)
  • 施工価格:1㎡(400円~800円)
  • デザイン:100パターン以上
  • 強度:弱い

内装床材の中では汎用性が高く費用も最安値の「クッションフロア」。

住宅のトイレ、洗面所などの水回りと言えばクッションフロアの使用率が圧倒的に多いのではないでしょうか。

とはいえ、デメリットもあります。

それが「耐久性」。

安いハサミで切ってみました。

クッションフロアをハサミで切る

ご覧の通り、厚紙でも切るかのように「サクッ」と切れてしまいます。

次に鉛筆で刺してみました。

クッションフロアを鉛筆で刺す

あんまり力を込めてないのに…

クッションフロアに穴が開いた

簡単に貫通します。

裏側から見ても….

クッションフロアの裏側に穴の痕

このような結果になりました。

ちなみに、この事は予想できました…その理由は「素材」と「厚み」。

  • 素材:表面は塩化ビニール、裏はウレタン発砲層
  • 厚み:実測値2mm

画像を見るとこのような感じです。

クッションフロアの厚み

クッションフロアの裏側

要するに、クッションフロアに耐久性や強度の期待は出来ません。

ハイヒールのような靴で歩くと完全に凹んでしまうと言えるでしょう。

つまり、クッションフロアは、土足厳禁の室内向けの床材という事になります。

※クッションフロアについては、関連記事で詳しく説明しています。

クッションフロアーのメリット・デメリット【クッションフロアのデメリット】知りたい人必見!プロが全て教えます

ペット対応クッションフロア

クッションフロアには「犬や猫」を飼ってる家庭でも対応できるように、表面が強化された「ペット用クッションフロア」も販売されています。

素材は普通のクッションフロアと同じですが…

  • 厚み
  • 強度

この辺りが強く製造されています。

詳しくは関連記事をどうぞ。

【ペットの床材】消臭機能つきクッションフロアなら犬も滑らない

長尺シート

長尺シート

長尺シート

※サンゲツの長尺シート

  • 材料価格:1㎡(2,900円~7,600円)
  • 施工価格:1㎡(600円~1,500円)
  • デザイン:100パターン以上
  • 強度:強い

クッションフロアと同じようなシート系の材料に「長尺シート」と呼ばれる土足でもOKの床材があります。

長尺シートは、価格や種類の幅が大きく、大まかに分けても…

  • 単層シート
  • 防滑シート
  • フロテックスシート
  • エスリューム

このくらいの種類に分別できます。

そんな長尺シートは見た目こそクッションフロアと変わりませんが、表面の強度が強く、材料自体の硬さもしっかりしています。

ですので、商業施設や小学校のような公共施設にも広く使われています。

そして、クッションフロアと同じく「ハサミ」「鉛筆」を使って実験しました。

長尺シートをハサミで切る

ご覧の通りですが、長尺シートもハサミで切れました。

とはいえ、クッションフロアに比べるとハサミへの抵抗を感じます。

次に鉛筆で刺してみます。

長尺シートを鉛筆で刺す

まったく刺さりません…

長尺シートに鉛筆は刺さらない

接写してもご覧の通り痕跡を見つけるのも苦労するほどです。

私の個人的な感覚ですが、「長尺シートはクッションフロアの3倍くらい強い床材なのではないか?」と思えたほどです。

それでは、長尺シートの「厚み・裏面」を見てみます。

長尺シートの厚み

厚みはクッションフロアと同じく2mmですが、種類によってはもっと厚い物も販売されています。

続いて裏面をどうぞ。

長尺シートの裏面

長尺シートの裏面は、格子状に張り巡らされた繊維が見て取れます。

この繊維が強度の秘密という訳でしょうか…?

いずれにしても、土足で歩いても問題ありませんし、多少の落下物ではキズも付かないところがメリットです。

フロアタイル

フロアタイル

フロアタイル

※サンゲツのフロアタイル

  • 材料価格:1㎡(4,300円~8,500円)
  • 施工価格:1㎡(600円~1,500円)
  • デザイン:100パターン以上
  • 強度:非常に強い

フロアタイルはその名の通り「タイル状」の床材になります。

なので、シートとは違い1枚1枚並べるように貼り付けます。

また、フロアタイルのサイズや種類は様々で木目調や石目調と言ったラインナップも楽しめます。

余談かも知れませんが、フロアタイルはフローリングよりコストがかからないので、私の場合では古くなったフローリングのリフォームに使うことが多いです。質感や見た目も違和感なく高級感も感じます。

それでは実験します。

まずは「ハサミ」。

フロアタイルをハサミで切る

安物のハサミでは、かなりの力が必要ですがご覧のように何とか切ることが出来ました。

とはいえ、長尺シートに比べると段違いの硬さがあります。

ハサミでこれだけなら「鉛筆」を試す必要は無さそうですが、一応念のために鉛筆実験も施します。

フロアタイルを鉛筆で刺す

かなり押さえつけましたので、鉛筆の芯が折れてしまいました。

フロアタイルは鉛筆が刺さらない

ご覧のように無傷です。

体感では、これまでで1番の強度だと思います。

それでは、これまで同様「厚みと裏面」を見てください。

フロアタイルの厚み

厚みは実測で2.5mm、製品紹介でも2.5mmという結果です。かなり厚いです。

続いて、フロアタイルの裏面。

フロアタイルの裏面

素材は硬質塩化ビニルです。

ただ、塩化ビニルとは思えないほどの強度があることは強くお伝えしたい部分です。

結局どの床材を使えばいいの?

ここまでの紹介で、各製品の詳細はお分かり頂けたと思いますが、「実際に使うならどれが良いの?」…という部分を深堀してみます。

一般家庭の床

「どの床材がいいのか?」という点については「予算」や「使用目的」によって違いがあります。

例えば、トイレや洗面所などの水回りなら

  • クッションフロア

これで充分だと思います。

理由を言うと

  • 価格が安い
  • 耐久性は必要ない

こんなところですが、「高級感」を求めるならクッションフロアは不向きです。フローリングや無垢材がおすすめ。

次に、リビングや玄関なら

  • フロアタイル

がいいと思います。

先程チラッと触れましたが、私に依頼される床のリフォームでは圧倒的に「フロアタイル」を選ぶ方が多いです。

理由はと言うと

  • フローリングより安価
  • 耐久性も欲しい
  • 安っぽく仕上げたくない

こんな感じです。

要するに、「クッションフロアでは安っぽく見えるけど、フローリングは高いのよね~」という場合に最適なのがフロアタイルという事になります。

施工例はこちらの関連記事で紹介しています。

フローリングのリフォーム【フローリングが汚い】床のリフォームにおすすめ!「フロアタイル」

ちなみに、長尺シートはと言うと「水回り」に使うのがおすすめです。

シート系の材料は、タイルに比べて水に強くクッションフロアほど安っぽさが無いのも良いですね。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

この記事では「内装用の塩化ビニル床材」について紹介してきました。

最後に、もう一度比較したいと思います。

塩化ビニル床材の価格

  • クッションフロア(最安値)
  • 長尺シート(中間値)
  • フロアタイル(最も高い)

塩化ビニル床材の強度

  • クッションフロア(弱い)
  • 長尺シート(中間)
  • フロアタイル(最も強い)

こんな感じです。

ちなみに、これから床のリフォームをするなら、リフォーム業者は必ず比較してください。

床のリフォームは比較が必要

リフォームは業者によって「費用」や「工法」が異なります。

つまり、業者を比較して内容をチェックすることが大事だという訳です。

近年ではリフォーム詐欺なんかも横行していますので、必ず業者の比較は行ってください。

そんな業者比較ですが、決して面倒な作業ではありません。

なぜなら、簡単に業者を比較できる「見積もりサイト」を使えば無料ですし、リフォーム詐欺にあう事もなく安心です。

そんな見積もりサイトの中でも、おすすめの見積比較サイトは「リフォーム比較プロ」です。

リフォーム比較プロは累計利用者数30万人を超える総合リフォーム比較サイトです。

自宅にいながら「スマホ」や「パソコン」から気軽に複数社の見積もりを取寄せることができます。

チェックポイント
  • 3~4社の相見積りが比較できる
  • 必要事項が少なく「60秒」で無料見積りが取れる
  • 厳選された加盟店の工事だから安心
  • 自分にあったリフォーム会社をじっくり選べる

リフォーム比較プロ」で相見積もりを取り、業者を「比較」すれば自分の条件にあった最安値の会社を探せます。

リフォーム比較プロは、あなたがお住まいの地域にある専門業者3〜4社の見積を無料で取寄せ「見積り内容を比較」することが出来ます。

また、リフォーム比較プロでは厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。

評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できます。

専門家に気軽な相談が出来るのでリフォームの失敗がありません。

もっと「一括見積サイト」を知りたいという方はこちらの記事もどうぞ。

見積サイトランキング【2019年最新】リフォーム見積もりサイトの比較「おすすめランキング」

という事でこの記事は以上です。