おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

【子供部屋の窓】カーテンのプロが教える成長に合わせた賢い選び方

子供部屋のカーテン

窓装飾プランナーのマドカです

今回は、意外と悩みがちな子供部屋のカーテン選びについて解説します。

子供部屋のカーテン選びに悩んでいる方も多いと思います。

「どんな色がいいのか」「どんな柄がいいのか」

子供には可愛くておしゃれなカーテンを選んであげたいのが親心ですよね。

けど子供は大きくなるにつれ、好きなキャラクターや好みの色が変わりやすく、幼いころのカーテンを嫌がる可能性もあります。

なので、子供部屋のカーテンは「小学生から」と「中学生から」の成長過程を一区切りにして考えると失敗が少ないです。

そこで今回は

  • 子供が幼いうちはカーテンを選ばない
  • 小学生からの子供部屋のカーテン選び
  • 中学生からの子供部屋のカーテン選び

このような内容でお伝えします。

子供が幼いうちはカーテンを選ばない

親子の仲良し写真 子供部屋のカーテン

まず、子供が幼いうちはカーテンは必要ありません

幼少期のあいだは子供部屋としてつかうよりも、簡易的な物置きになる可能性が高いからです。

たとえば、日中お部屋の中が丸見えならレースカーテンで目隠しというのは必要ですが、シャッター付きの窓であれば子供部屋として使わないうちは急いで厚地のカーテンを付ける必要はありません。

またキャラクターなどの可愛らしいカーテンを選んでも、子供の成長とともに「好きな色や柄は変わるもの」です。

なので子供が幼いうちはカーテンを選ばずに、リビングで家族一緒に過ごしたり同じ空間で寝るというように、できるだけ一人の時間をもたせないことの方が大切だといえます。

子どもにとっても幼少期は親子のコミュニケーションを重視する方が心も健やかになりますし、何より幸せを感じるはずです。

要するに学校へ通い始める小学生くらいまでは、子供部屋にカーテンは付けなくても何ら問題ないといえるでしょう。

  • 子供が幼いうちはカーテンは必要ない
  • 日中の目隠しならレースカーテンで十分

小学生からの子供部屋のカーテン選び

小学生 子供部屋のカーテン

では子供が小学生になってからは、どのようなカーテンを選べば良いでしょうか?

それは、手軽に購入できる「既製カーテン」や、オーダーよりもお得な「イージーオーダーカーテン」です。

小学生になると、ある程度好きな色や柄、あるいはキャラクターなどの好みもハッキリする年齢になります。

といっても、低学年から高学年にかけて好みが変わりやすい時期でもありますから、手軽に買い替えることを視野に入れ「お手頃なカーテン」を選ぶのがお勧めです。

  • サイズが合えば「既成カーテン」がお勧め
  • サイズがなければ「イージーオーダー」がお勧め
  • 突っ張りタイプのカーテンレールを活用する

順番に解説します。

子供部屋には「既製カーテン」がお勧め

既製カーテンは、何といっても「お買い得」で「すぐにでも買える」のが魅力です。

決まったサイズを大量生産することで、コストを抑えられる仕組みになっています。

「オーダーカーテンの場合」は製作に1週間から10日前後かかりますが、「既製カーテン」の場合は近くのホームセンター大型量販店でもすぐに買えますし、ネットショップで注文したとしても翌日には発送されるというように手軽に購入することができます。

また既製カーテンは、年々グレードも高まり色や柄のバリエーションも増えていますので、子供が欲しがるキャラクター好きな色柄もきっと見つかりますよ。

因みに「既製カーテンの主なサイズ」は次の通りです。※( )内はレースカーテンのサイズです。

  • 横幅100cm×高さ135cm(100cm×133cm)
  • 横幅100cm×高さ178cm(100cm×176cm)
  • 横幅100cm×高さ200cm(100cm×198cm)

これは既製カーテン1枚あたりのサイズです。

そのため左右引き分けの「両開き」として使う場合は、それぞれ2枚ずつ購入しなければいけません。

価格は販売店やネットショップで様々ですが、中には2枚組で2,280円~とかなりお買い得。

このように窓のサイズが合えば、子供部屋には既製カーテンを取り入れるのが無駄のない選び方になります。

サイズがなければ「イージーオーダーカーテン」がお勧め

既製カーテンよりも少しお値段は上がりますが、子供部屋の窓が既製カーテンのサイズに合わなければ「イージーオーダー」がお勧めです。

イージーオーダーカーテンは横幅や高さを自由に指定できるので、窓に合わせた欲しいサイズが手に入ります。

フルオーダーとの大きな違いは、柄合わせができなかったり手間をかけない簡易的な縫製になることですが、子供部屋には十分といえます。

  • イージーオーダー → 製作までの日数はあるがフルオーダーに比べ価格が安い

このように「既製カーテン」と「イージーオーダーカーテン」は、種類とコスト面でも子供部屋の窓に向いています。

※既製カーテンや、イージーオーダーカーテンの違いはこちらの記事で解説しています。

既製カーテン イージーオーダー フルオーダーの違い【カーテンの買い方】既製カーテン・イージーオーダー・フルオーダーの違いとは?【初心者向け】

突っ張りタイプのカーテンレールを活用する

その他に「つっぱり棒」や「突っ張り式のカーテンレール」を利用する方法もあります。

これは壁に穴を開けない方法です。

たとえば、つっぱり棒で窓枠の内側にレースカーテンを取りつけたり、

突っ張り式のレールを利用して、壁や窓枠に穴を開けずにカーテンを取りつけることができます。

  • 普通のつっぱり棒 → リングランナーが付いていない
  • 突っ張りカーテンレール → リングランナーが付いている

※つっぱり棒についてはこちらの記事をご覧下さい。

装飾レールカーテンレールの種類と上手な選び方|取り付けの際に注意すること

※突っ張りカーテンレールについてはこちらの記事をご覧下さい。

突っ張りカーテンレールのアイデア2【カーテンの取り付け】壁に穴をあけられない時は突っ張りレールがお薦め

カーテンには明るい色やデザインがお勧め

小学生の子供部屋には、できるだけ明るくて楽しいカーテンを選ぶのがおすすめです。

色は子供の成長過程において非常に大きな影響を与えます。

小さいうちに爽やかな色や明るい色に触れさせることで、感受性も豊かになり元気な子供に育つと言われています。

また、好きなデザインやキャラクターのカーテンがあるだけで、机に向かうのが楽しくなったり明るい気持ちにもなれます。

中学生からの子供部屋のカーテン選び

中学生 子供部屋のカーテン

子供にとって好みが大きく変わりはじめるのは、思春期に差しかかる中学生です。

この年頃になると周りの環境も変わりやすく、カーテンも今までの可愛いデザインから少し大人っぽいものへと変化しやすい時期になります。

中学の入学を境に子供の好みや意見を取り入れながら、カーテンを取り換えて気分転換させてあげましょう。

子供が好きなカーテンの色柄を選ばせる

カーテンの色や柄は、子供が好きなものを選ばせるのが第一です。

カーテンやタッセルを変えて大人っぽく演出

中学生になると、友達を家に呼ぶ機会が増えるかもしれません。

自分の好きなカーテンでコーディネートされた部屋は居心地が良いので、友達も呼びやすく子供の気持ちも自然と明るくなります。

カーテンを変えるだけで部屋全体の雰囲気も大きく変わりますし、おしゃれに敏感な年ごろなので、好みを相談しながら選ぶのも楽しい親子のコミュニケーションに繋がります。

さらに、普段何気なくつかっているタッセル(カーテン留め)を変えてみるだけでも、窓の雰囲気が変わるのでお勧めです。

ロールスクリーンやローマンシェードで雰囲気を変える

カーテン以外にも、ロールスクリーンやローマンシェードで今までの雰囲気とガラリと変えてしまうのもお勧めです。

ロールスクリーンは一見シンプルに思われがちですが、子供部屋に合う綺麗な柄やおしゃれなデザインもあります。

ローマンシェードは、カーテンと同じ素材や色柄を変えて作ることができます。

掃き出し窓にはカーテン、腰窓にはシェードというコーディネートもおすすめです。

このように子供の成長や好みに合わせてカーテンを選ぶのが、お勧めの方法です。

子供部屋のカーテン選び まとめ

今回は、子供部屋のカーテンについてお伝えしました。

最後にまとめると

  • 子供が小さいうちはカーテンを選ばない
  • 小学生になってからカーテンを選ぶ
  • 中学生でカーテンを掛け替える(窓の雰囲気を変える)

このように、子供部屋のカーテンは慌てて選ばなくても大丈夫です。

特にこだわりがあれば別ですが、好みが変わりやすい子供部屋のカーテンは、お金をかけて無駄になるケースも少なくありません。

なので、節目となる子供の成長に合わせて好きな色柄を選ぶようにしましょう。

※子供部屋のカーテン事例も参考にしてください。

子供部屋のカーテン【子供部屋のカーテン事例】写真でイメージする可愛らしいお部屋30選



激安オーダーカーテン専門店|カーテン21

びっくりカーペット