おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

【クロスの補修材を調達】色合わせの方法や修理用の壁紙を準備する

親方

プロのクロス職人で、親方の私が補修用に同じ材料を用意する方法を紹介します。

部分的な壁紙の補修や修理・修繕で直す際に一番難しいのは「同じ壁紙を探す」ことではないでしょうか。

壁紙全部を変えない部分的な補修のため、「色違い」や「柄違い」の壁紙では補修の跡が目立つのでツギハギ感が否めません。

この記事では、補修用の同じ壁紙を用意する方法を解説します。

修理用の壁紙をネットで探す

インターネットで探す方法は誰でも思いつくとは思いますが、的確な探し方ができているかというと疑問です。

理由は以下の通り

  • そもそも探す方法がわからない
  • 壁紙は二年置きに変わり、廃版品はみつからない

詳しく見ていきます

そもそも探し方がわからない

どんなキーワードで探せばいいのか壁紙を探す方法が全くわからない、となると、探し方の探し方を調べるような状況になります。

上手く見つかる前に疲れてしまいそうです。

普段から検索している層は別ですが、検索の仕方が分からない人はかなり多く、インターネット上に探してる壁紙があったとしてもたどり着けません。

壁紙は二年置きに変わっていく

日本国内の壁紙メーカーであれば、ほとんどの場合二年置きに新しいカタログに変わってしまいます。

サンゲツのカタログ

上記画像は「サンゲツ」のカタログですが、2017-2019の間だけ販売されています。

なので、補修箇所に必要な壁紙が廃版品であればメーカーのホームページや通販で探しても見つかりません。


結論をいうとインターネットで見つけるのはハードルが高いということになります。

とはいえ、補修に必要な壁紙がほんのわずかでいいなら、オークションサイトに古いカタログが出品されていたりします。

カタログで使われているくらいの少量でいいなら探してみると良いのではないでしょうか。

ヤフーオークション壁紙カタログ

壁紙の卸売り・問屋さんで探す

どこの地域にも内装資材を扱う問屋さんは数多くありますが、問屋さんをチェックすると古いカタログが見つかる可能性があります。

問屋さんの見つけ方はかんたんで、Googleなどの検索エンジンで「〇〇 壁紙 問屋」と検索すれば電話番号や、住所までたくさん見つかります。

※〇〇の部分はおすまいの都道府県をいれてください。

電話で「いらなくなった古いカタログが欲しい」といえば、残ってればただで貰えることもあります。

貰えるようなら、欲しい壁紙が分かるように少しだけ剥がして持参すると良いです。

いらないものまで貰う必要はありませんので。

既存の壁紙をつかう

壁紙は「経年焼け」や「ロット違い」によって同じ物でも色味が変わることもあります。

なので、自宅に張ってある壁紙を必要な分だけ剥がし、補修用として使うと補修箇所が目立ちません。

分かりやすくいうと「補修のために違う場所を剥がせばいい」のです。

とはいえ、剥がしてしまえば「また補修が必要」になりますので、この方法は矛盾してるように聞こえます。

この件は説明すると長いので結論を言うと、実際プロもやってる方法です。

しかし、どこを剥がしても良いという訳ではありません。

実際にやってみたい方は下記参考画像のような個所を剥がしてください。

補修用の壁紙を探す場所

参考画像のような部分なら、同じ壁紙がみつからなくても似たような壁紙を張っとけば違和感がありません。

理由を説明します。

  • 壁紙が一枚で張られている
  • 壁紙同士のジョイントが必要ない

書いた通りですが、大きな個所を貼る場合、壁紙と壁紙をつなぎ合わせながら(ジョイント)張ります。

ですので、参考画像のような区切られた個所であれば、つなげてないので目立たないという事です。

難しくなってきたのでまとめます。

既存の壁紙で補修する方法

  1. 参考画像のような場所を剥がす
  2. 補修が必要な場所を剥がしたもので補修する
  3. 補修のため剥がした場所に新しい壁紙を張る

となります。

壁一面をアクセントクロスに変えてしまう

この方法は、そもそもの発想を変えた補修方法です。

部分的な補修が必要な場所を一面全部変えてしまおうという訳です。

「アクセントクロス」でお部屋もお洒落になりますし、気分転換にもなります。

プロに頼んだとしても一面だけなので予算もそれほど必要ありません。

もちろん自分でDIYにチャレンジしてもOKです。


アクセントクロスについて知りたい方はこちらをどうぞ

アクセントクロス【完全版 】アクセントクロスをプロが解説!実例50選で失敗を防ぐ方法

この記事を読んで面倒だから専門業者に依頼したいと思った方には、以下の記事がお勧めです。

【安すぎて申し訳ない】壁紙の補修や張り替えが安価にできる専門業者

格安で壁紙工事【内装マスターで解決】壁紙(クロス)の張り替えや補修が安い専門業者

まとめ

壁紙補修のDIYで一番困難な同じ壁紙の見つけ方を記事にしました。

使えそうな方法は見つかったでしょうか。

壁紙の「やぶれ」や「めくれ」など様々なパターンの補修方法をまとめた記事も書いていますので、必要ならご覧ください。

【壁紙・クロスの補修方法】プロが教える完全ガイド!これで補修が自分でできる

【壁紙・クロスの補修】プロが教える完全ガイド!自分で直せる修理・修繕方法 一括見積の比較【壁紙リフォーム一括見積】プロが選ぶ!おすすめの会社で相場をチェック