【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

【ロールスクリーンの遮光】すき間からの光漏れを解消するアイテム

ロールスクリーンの光漏れ対策

ロールスクリーンの光漏れに悩んでいるという方はいらっしゃいませんか?

最もシンプルで使い勝手のいいロールスクリーンですが、窓とスクリーンの間に隙間が生じるデメリットがあります。

これは窓枠内に設置する場合の大きな問題ですが、遮光が必要な空間には悩みの種になってしまいますよね。

今回は、ロールスクリーンの遮光とすき間による光漏れを防ぐアイテム、ニチベイのガイドレールについてご紹介します。

光漏れが原因で、ロールスクリーンを諦めかけている方の参考になれば幸いです。

ロールスクリーンの遮光

まずロールスクリーンにも遮光生地がありますが、注意すべき点はカーテン同様、遮光1級2級3級に分類されていることです。

これは遮光の度合いですが、しっかりと陽ざしを防ぐには遮光1級を選ばなくてはいけません。

遮光1級 遮光率:99.99%以上 人の顔の表情が識別できないレベル
遮光2級 遮光率:99.80%以上 99.99%未満 人の顔あるいは表情がわかるレベル
遮光3級 遮光率:99.40%以上 99.80%未満 人の表情はわかるが事務作業には暗いレベル

また、取り付け方によって遮光の効果に差が出るため、完全に光を遮断する場合はちょっとした工夫が必要です。

夜間の透け具合

下の図は、ロールスクリーンを素材別で比較した夜間での室内の見え方ですが、レース素材のシースルーや、一般的な素材のミディアム・シークレットなどに比べて、遮光は室内の明かりを遮断しているのが分かります。

ロールスクリーン 夜間の透過性 (ニチベイ)
画像:ニチベイ

一番下は、遮光2級の生地で検証した場合の見え方です。

前述のように、遮光は1級~3級で透過率に違いがあるので、遮光生地を選ぶときには等級に注意して選びましょう。

※興味のある方は、こちらの記事も参考にして下さい。

調光ロールスクリーン|TOSO(ビジック)・ニチベイ(ハナリ)の特徴

ロールスクリーンの光漏れの原因は?

では、ロールスクリーンはなぜ光漏れが大きいのでしょうか?

その原因は、ロールスクリーンの構造上、レールの長さに対してスクリーン本体の巾が小さくなるためです。

特に窓枠の内側(窓枠内)に設置する場合は、スクリーンの上下や左右の隙間が空くため、そこから光が入り込みます。

なので遮光生地を選んでも、ある程度の光漏れは避けられず、遮光の効果が感じられない可能性もあります。

ロールスクリーン 天井付の光漏れ

ロールスクリーンの光漏れを解消するには?

そこで、このすき間による光漏れを解消するために開発されたのが、ニチベイのガイドレールです。

天井付け・ガイドレールで光漏れ対策

サイドからの光漏れはガイドレール、スクリーン下部にはボトムレールを設置することで気になる隙間をふさぎ、窓から差し込む光をシャットアウトすることができます。

ロールスクリーンの上部は、フロントカバー標準仕様が選べるようになっています。

ガイドレールはモヘアを採用することで、外からの光をしっかりとカットできるような仕組みです。

部品色については、ホワイトブラックの2種類から選べます。

このように、日中でも光漏れの心配はありません。

ロールスクリーン遮光 天井付

夜はほぼ真っ暗な状態。全閉すれば早朝や昼間でも窓からの陽射しをしっかりと防ぎます。

ロールスクリーン遮光 天井付2

このように、ベッドルームやプライベートルームでも光を気にせず安心して休むことができますし、天井付けのロールスクリーンの光漏れ対策としておすすめです。

正面付け・サイズで光漏れ対策

一方、窓全体をふさぐように取りつける正面付けの光漏れ対策には、スクリーンを窓枠より大きいサイズで設置するのがベストな方法です。

光漏れを防ぐ場合、片側5cm以上はサイズを大きめにするのがおススメです。

大きさに制限はありませんが、窓枠付近の障害物や空間全体のバランスなども考慮して、サイズを決めるのがいいでしょう。

ロールスクリーン遮光生地 正面付

このように、遮光が必要な空間には、ロールスクリーンの取り付け方やサイズ、補助としてのアイテムにも注目してみると、商品を選ぶ際の役に立つかもしれません。

まとめ

今回は、ロールスクリーンの遮光と、光漏れを解消するアイテムについてご紹介しました。

遮光といっても、程よい光を採り入れるなら2級が良いですし、しっかりと光を防ぐのなら1級の方が機能を果たします。

窓枠の内側にロールスクリーンを取り付ける場合は、上下左右の「光漏れ」を考慮しながら検討するのをおススメします。