【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

【プリーツスクリーン特徴】遮光機能やメリット・デメリットも解説します!

プリーツスクリーンの選び方

和室には定番といっていいほど注目されている「プリーツスクリーン」。

プリーツスクリーンは、最近の住宅に多く見られる、リビング続きの和室や、畳コーナーにもぴったりのウィンドウトリートメントです。

プリーツスクリーンは素材のバリエーションも豊富で、和室にとどまらず寝室や洋室などにも幅広く使うことができます。

何となく聞いたことはあるけれど、どのような商品か分からないという方も多いのではないでしょうか?

ここでは、プリーツスクリーンの特徴とメリット・デメリットについてご紹介します。

プリーツスクリーンの特徴

プリーツスクリーン ツインタイプ ワークス施工事例

プリーツスクリーンは、扇子のようなジャバラ状の生地を、上下に開閉するウィンドウトリートメントです。

和紙のような素材から、カーテン生地のようなファブリック調の素材まで豊富に揃っているので、さまざまな空間のコーディネートに向いています。

趣きのある和室の演出や、モダンな北欧風の演出など、素材やデザインの選び方によって雰囲気を変えてくれるアイテムです。

プリーツの巾は25mmが一般的で、操作方法はチェーンやコードを使うものと、コードレスタイプが選べます。

プリーツスクリーンは、生地を全開しても、比較的コンパクトに納まるので場所を取らないですし、窓枠の内側に取りつけてもほぼ圧迫感を感じることはありません。

また、1枚の生地によるシングルタイプと、1台で2枚の生地を操作できるツインタイプがあります。

ツインタイプは、光を採り入れながらプライバシーが確保できるのが大きな特徴です。

プリーツスクリーン・シングルタイプ

1種類の生地で作られるシングルタイプ

プリーツスクリーン

不透明生地(厚地)または、シースルー(レース生地)のシングルタイプ

プリーツスクリーンのシングルタイプは、透けない不透明生地もしくは、薄地のレース生地どちらか1種類のスクリーンで作ることができます。

シンプルな装いの窓に向いています。

プリーツスクリーン・ツインタイプ(2種類あり)

(上下)プリーツスクリーン・ツインタイプ

プリーツスクリーン

不透明生地(厚地)+シースルー(レース生地)の上下の配置で構成されるタイプ

こちらは、1台のレールに、2種類のスクリーンを上下に配置したツインタイプです。

一般的に、日中は陽射しを採り入れるレース生地、夜にはプライバシー機能の不透明生地を使用します。

プリーツスクリーンのツインタイプは、外部からの視線を遮りながら明るさも採り入れることができ、必要な分だけ生地を降ろして使い分けることができるのも特徴です。

また上下の生地の配置は、自由に選べる仕組みになっています。
価格に於いては、プリーツスクリーンを2台設置するよりも断然お得です。

※ツインタイプで失敗しないための選び方は、こちらの記事を参考にしてください。

(前後)プリーツスクリーン・ツインタイプ

タチカワ プリーツスクリーン ゼファ

不透明生地(厚地)+シースルー(レース生地)の前後の配置で構成されるタイプ

こちらは、1台のレールに、2種類のスクリーンを前後に配置したツインタイプです。
(※タチカワのプリーツスクリーン・ツインタイプ「ゼファ」)

このタイプは遮光で述べた「フィーユ」と同じように、コード穴を無くすように作られているため、ほぼ光漏れがなく完全な遮光として使うことができます。

プリーツスクリーンの素材は?

プリーツスクリーンの素材

プリーツスクリーンの素材は、その多くがポリエステルを使用した不織布(ふしょくふ)でつくられています。

不織布とは、繊維を織らずに、熱などで接着して絡み合わせたシート状の布のことです。

コーヒーに使うフィルターをイメージしてもらうと分かりやすいかもしれません。

一見、繊細にみえる素材ですが、簡単には破れる心配もなく丈夫に加工されているのが特徴です。

素材の種類では、やわらかな光を採り入れる和紙調や、カーテン地のような温かみを感じられるファブリック調薄地のレースタイプ、外からのプライバシーが守れるミラーレース、厚手の遮光タイプなどが揃っているので、それぞれの目的に合わせて選ぶことができます。

部材に合わせてレールの部品色が選べる

プリーツスクリーンの部品色

プリーツスクリーンは、スクリーン本体や、窓枠・壁紙の色に近い色が選べるよう、部品の色が選べます。

例えば、窓の木枠が茶色の場合、プリーツスクリーンの部品の色が白だったら、違和感を感じてしまうかもしれません。

反対に、白い枠の中に茶色い部品を取り付けると、そこだけが目立ってしまうケースも考えられます。

このような色の違和感を避けるために、空間に合わせたコーディネートができるようになっているのです。

せっかくの新築だったりリフォームしたにも関わらず、窓のちょっとした部分でアンバランスになっては残念ですよね。

因みに、プリーツスクリーンの部品色には、白やベージュ系、ブラウン系、ブラックなどがあります。

プリーツスクリーンの遮光について

プリーツスクリーンにも、光を遮ることができる遮光生地があります。

遮光は、日差しがまぶしい場所や、室内の温度上昇を防いだり、寝室などの睡眠を目的とした部屋に効果的です。

プリーツスクリーンの遮光レベルは、カーテンと同じように、1級から3級までの等級に分けられていますが、完全に光を遮るなら1級を選ぶ必要があります。

しかしながら、プリーツスクリーンの場合、遮光1級を選ぶときでもちょっとした注意点があります。

プリーツスクリーンの遮光生地を選ぶときの注意点

プリーツスクリーン 遮光 タチカワ

このように、プリーツスクリーンで遮光生地を選ぶときに注意したいのが、コード穴からの光漏れです。

これは昇降コードが通っている小さい穴から光が入り込むためで、特に濃い色の生地ほど光漏れが目立ってしまいます。

その問題を解決するのが、コード穴を無くしたプリーツスクリーンです。

メーカー各社からそれぞれのタイプが発売されていますが、タチカワの商品を例に挙げてみます。

●タチカワプリーツスクリーン/フィーユ

プリーツスクリーン フィーユ タチカワ

プリーツスクリーン 遮光 タチカワ

画像でも分かるように、フィーユは室内からみえるコードやコード穴を完全に無くしているのが特徴になっています。

なので、完全な遮光が必要な空間にプリーツスクリーンを選ぶときには、スクリーン本体の色の選び方や、コード穴の有無も確認したいところです。

また、箱型のカーテン専用BOXを取りつけたり、窓枠の両サイドや上部からの光漏れを軽減できるよう、スクリーンの大きさにも気を配る必要があります。

プリーツスクリーンのメリットは?

プリーツスクリーンには、次のようなメリットがあります。

  • 柔らかな光を採り込める。
  • モダンでスタイリッシュ
  • 和室にも洋室にも調和する。
  • 光を採り入れながらプライバシーが守れる。
  • ツインスタイルは、生地の上下の配置が選べる。
  • ブラインドやロールスクリーンとの相性もよくコーディネートがしやすい。
  • 生地がかさばらずコンパクトなので、窓がすっきりした印象に。

プリーツスクリーンのデメリットは?

このように、和と洋のセンスが組み合わさったプリーツスクリーンのデメリットには、下記のようなものが挙げられます。

  • ロールスクリーンなどに比べて操作が重く感じられるので、昇降時の上げ下げが少し面倒。
  • 上げ下げがスムーズでないため、頻繁に出入りする窓には向いていない。
  • スクリーンを半開すると、窓を開けた時の風の影響でカツカツと音がする可能性あり。
  • 自宅での洗濯ができない。(ハタキやハンディモップ等でほこりを払う)

窓枠にあたって音がするときの対処法

●プリーツスクリーン専用のボトムクッションがある

プリーツスクリーン ボトムクッション
※TOSO

プリーツスクリーンを窓枠の内側にぴったりのサイズで取りつける場合、下側のボトムレールが枠にコツンとあたって音が気になる可能性もあります。

このような場合には、併せて専用のボトムクッションも購入できますし、100円ショップで販売されている、クッションタイプのシールで代用することもできます。(※ボトムクッション:メーカー参考価格1セット6個入250円(税別))

まとめ

プリーツスクリーンはモダンで小粋なアイテムなので、来客時にも褒めてもらえること間違いなしです。

和室のみならずリビングや寝室など、さまざまな空間に取り入れることができます。

素材に於いても、和紙調やプリントなどバリエーションが豊富なので、好みのインテリアテイストに合わせて選ぶのが楽しくなります。

ぜひモダンな空間演出に、プリーツスクリーンを取り入れてみてはいかがでしょうか?