クロス職人の親方ブログ

【ポール式】ブラインドが回転しないときの「チルター」を交換する方法【ニチベイ編】

ブラインドの修理 チルター交換

ここでは、ニチベイのアルミブラインド・ポール式(セレーノオアシス・セレーノフィット・ユニーク)のスラットが回転しないときのチルター交換方法についてお伝えします。

ちなみにポール式は、操作棒と昇降コードが別々(2本)になった右側のタイプです。

ニチベイブラインド ポール式

ポール式のチルター交換はちょっと難しいので、「DIYが得意な方向け」の修理方法となります。

窓装飾プランナーのマドカです

「チルター」とは、操作棒の回転を伝える部品のことです。

ニチベイのアルミブラインド チルター部品

赤い矢印が指している四角い部分が「チルター」になります。

まず作業に必要なものは次の3つですが、交換用チルターはニチベイのブラインドを取り扱うお店での購入が必要です。

当方でもお取り寄せができますので、気軽にご相談ください。

  • 交換用チルター(用意する部品)
  • マイナスドライバー
  • ラジオペンチ

では早速みていきましょう。

【ポール式】ブラインドが回転しないときの「チルター」を交換する方法【ニチベイ編】

窓装飾プランナーのマドカです

因みに、ここでの修理方法は2017年の6月以降に購入されたブラインドで「右側操作(ポール式)」に関する手順となります。

ブラインドのチルターを交換する際の手順

手順①:ボックスキャップを外してシャフトを抜く

商品右側(操作側)のボックスキャップを外し、シャフトを操作側へスライドさせて抜きます。

その際、シャフトに付いているシャフト止め(ゴム)をずらして取り外してください。

ブラインドポール式のチルター交換方法1引用:ニチベイ

手順②:チルターカバー・スペーサー・チルターを取り外す

次に、チルターカバーとスペーサーをはずしてから、チルターを取り外します。

その際、チルターカバーの上部穴にマイナスドライバー等を差し込むと簡単に取り外すことができます。

ブラインドポール式のチルター交換方法2

手順③:新しいチルターに交換する

次に、新しいチルターと交換します。

交換したらスペーサーを元に戻します。

ブラインドポール式のチルター交換方法3

手順④:シャフトを元の位置に戻す

次に、シャフトを元の位置に戻します。

その際、全てのドラムの樹脂部が同一線上になるようにし、チルターのシャフト穴の突起部センターを上向きにして、ドラム樹脂部と突起部センターが同一線上になるよう注意しながらシャフトを通してください。

シャフトを通し終えたら、シャフト止め(ゴム)をシャフトに差し込んで元の位置に戻しましょう。

ブラインドポール式のチルター交換方法4

手順⑤:ボックスキャップと操作棒を取り付ける

最後に、ボックスキャップと操作棒を取り付ければ完了です。

まとめ

以上が、ニチベイブラインド「ポール式」の「チルター」の交換方法になります。

同じブラインドでも、ポール式ワンポール式では修理方法が異なりますので、故障の際はまず手持ちのブラインドを確認することが大切です。

ご自身で交換作業をされる場合は、くれぐれもケガをされないよう気をつけて行って下さい^^

つっぱり式 ブラインド【ネジ穴不要!】つっぱり式のアルミブラインドで遮熱・遮光もばっちり ブラインドの修理 チルター交換【ワンポール式】ブラインドが回転しないときの「チルター」を交換する方法【ニチベイ編】 ブラインドが故障した時の対処法【ブラインドの故障】こわれたときの対処法