クロス職人の親方ブログ

【簡単DIY】自分でも出来る!ハニカムスクリーンの取り付け方

ハニカムスクリーンの取り付け方

この記事では、ハニカムスクリーンの取り付け方をご紹介します。

必要なものが揃っていれば、自分で取付けるのもそう難しくはありませんので、業者に依頼する時間がない方はぜひ参考にしてください。

取付けの前に準備しておくものは、次の通りです。

  • メジャー
  • えんぴつ
  • 下地センサー(または下地探し用の工具)
  • 電動ドライバー
  • 脚立
シンワ測定(Shinwa Sokutei)
¥936 (2020/05/31 15:33:30時点 Amazon調べ-詳細)

壁に「プスッ」と刺して下地を調べる工具です。

シンワ測定(Shinwa Sokutei)
¥2,376 (2020/05/31 15:33:31時点 Amazon調べ-詳細)

点滅と電子音で下地を教えてくれるセンサーです。

コードレスの充電式ドライバーはDIYの必需品です。

では早速みていきましょう。

ハニカムスクリーンの取り付け方

まずハニカムスクリーンの取り付け方には、3つの方法があります。

①天井付け(窓枠の内側に取付ける)

②正面付け(窓枠の外側に取付ける)

③既存のカーテンレールに取付ける

順番に解説します。

①天井付け(窓枠の内側に取付ける)

ハニカムスクリーン 天井付け

一つ目は、ハニカムスクリーンを窓枠の内側に納める方法です。

このようにブラケットと呼ばれる取付金具を、予め窓枠の天井部分に取り付けます。

ハニカムスクリーンの取付け方 天井付

手順1
ブラケットを固定する位置に印をつける
窓枠内側の端から片側約50mm~80mmの位置にえんぴつで印をつけます
手順2
ブラケットをネジで固定する
印の位置にブラケットをネジで固定します
手順3
ハニカムスクリーンを取り付ける
ブラケットのツメの部分にハニカムスクリーンを引っ掛けます。 
手順4
取付完了
奥に押してカチッと音がしたら設置完了です

ハニカムスクリーン 取付けと取り外し

※ブラケットの形は、ハニカムスクリーンの種類によって多少異なります。

②正面付け(窓枠の外側に取付ける)

ハニカムスクリーン 正面付け

二つ目は、ハニカムスクリーンを窓枠の外側に納める方法です。

先ほどの天井付けとは違って、ブラケットを窓枠の正面側に取付けます。

ハニカムスクリーンの取付け方 正面付

手順1
ブラケットを固定する位置に印をつける
窓枠外側の端から(またはスクリーン本体の端から)片側約50mm~100mmの位置にえんぴつで印をつけます
手順2
ブラケットをネジで固定する
印の位置にブラケットをネジで固定します
手順3
ハニカムスクリーンを取り付ける
ブラケットのツメの部分にハニカムスクリーンを引っ掛けます。 
手順4
取付完了
奥に押してカチッと音がしたら設置完了です

窓枠の上の壁面に取り付ける場合は「下地を確認」する

上の画像は「窓枠」にブラケットを取付けていますが、ハニカムスクリーンを枠上の壁面に設置する場合は、手順①の部分が下地探しになります。(※その後の手順は同じです)

壁には下地が通っている場所と下地が通っていない(スカスカの)場所がありますので、必ず下地(柱)部分にネジを止めるようにしましょう。

壁面と窓枠の段差が大きい場合

また壁面に取付ける際には、もう一つ注意点があります。

それは、壁と窓枠とのあいだに生じる段差(出幅)の問題です。

この段差が大きいと窓枠が障害となるため、ハニカムスクリーンの取り付けができなくなってしまいます。

でもこの段差って意外と気付かなかったり、いわば見落としがちな部分なんですよね。

そのため、スクリーンを取り付けようとしたら「出幅が大きすぎて失敗」なんて可能性も…。

でも諦めないで大丈夫です。こういう場合はブラケットスペーサーが役に立ちます。

このブラケットスペーサーには、壁と窓枠の出幅(段差)を補うための「つなぎ」としての役割があります。

ブラケットスペーサー

因みにブラケットスペーサーのサイズは、1つあたり「10mm」「12mm」「18mm」「20mm」の4種類がありますので、段差の大きさにあわせて選ぶことが可能です。

ブラケットスペーサーを使う時には、ネジの長さにも注意してください!

※ブラケットスペーサーはこちらからも購入することができます。

ニチベイ製アルミブラインド専用 ブラケットスペーサー22 (厚み22mm) (1個入り)※他メーカー製ブラインドではお使いいただけません(メール便OK)

価格:462円
(2020/3/2 14:09時点)
感想(0件)

窓装飾プランナーのマドカです

「天井付け」でも「正面付け」でも、ブラケットが3コ以上の場合は、等間隔になるように取り付けましょう。

ハニカムスクリーン ブラケットの取付け位置

③カーテンレールに取り付ける場合

三つ目は、ハニカムスクリーンを既存のカーテンレールに取付ける方法です。

カーテンレールとハニカムスクリーンをつなぐ、レール取付専用の「ナット」をカーテンレールに差し込むだけで、スクリーンが取付けられます。

但し、これはハニカムスクリーンのシングルタイプに限りますので、比重のかかるツインタイプは不可となります。

またこの取付け方は、壁にキズをつけられない場所にはとても便利な方法ですが、「カーテンレールごと落下の危険性」があったり、レールとスクリーンの接合部に不具合が生じる可能性もありますので、あまりおすすめはできません。

さらに、見た目も決して良いとは言えないです。

そのため、この取り付け方は「やむを得ない」時の最終手段として考えておくのがベストでしょう。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ハニカムスクリーンの取り付け方についてお伝えしました。

断熱効果も期待できるハニカムスクリーンは、プリーツスクリーンとの組み合わせ(ツインスタイル)も可能です。

DIYが得意という方はもちろん、初めての取り付けに挑戦したい方もぜひ参考にしてください。

関連記事:【断熱効果UP】プロが解説!ハニカムスクリーンの特徴について

関連記事:【上が開く】ハニカムスクリーンのアップダウンスタイル

※カーテン選びに迷った時はこちらの記事もどうぞ。

おすすめのカーテン屋