おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

【即日は無理!】新築のカーテンを検討する(選ぶ)時期はいつ頃から?

新築のカーテン計画

窓装飾プランナーのマドカです

今回は、新築のカーテンをいつ頃から検討すれば良いか。という点にふれてみたいと思います。

新しい家の購入から引き渡しまでの期間には、色々と決めなければいけない事がありますよね。

カーテンもその中の1つですが、新築の場合はある程度早い段階でカーテンを検討する必要があります。

特にオーダーカーテンはそれぞれ窓の大きさにあわせて製作するため、大量生産で販売されている既製カーテンのように注文してから「即日出荷」という訳にはいきません。

まず一般的なオーダーカーテンの納期は、製作開始から約1週間~10日前後。

海外からのお取寄せになる輸入カーテンだと、約2~3週間ほどかかります。

なので新築の引き渡しや引っ越し日などを逆算して考えることが重要になってきます。

とはいえ「カーテンは後から決めた方がイメージしやすい」という考え方もありますが、これも決して間違ってはいません。

お部屋が完全にでき上がってから家具なども一通り揃うと、カーテンの色や柄との相性も掴みやすくなりますので。

でもこうしたケースは「引っ越しの期間に余裕」があったり、「窓の目隠しになるもの」が手元にあればのお話。

一般的には、引っ越しの当日にきちんとカーテンが付いていることを望む人の方が多いので、そうなるとカーテンを後回しにしていたら当然間に合いませんね。

新築一戸建て・新築マンションのカーテンはいつから決める?

新築のカーテン

では新築の一戸建てや分譲マンションのカーテンは、いつ頃から検討すればいいのでしょうか。

結論からいうと、新築のカーテンは引き渡し日の2ヶ月くらい前からカーテン業者と打ち合わせするのが理想的です。

ちょっと早いのでは…?と感じるかもしれませんね。

でも「窓にふさわしいスタイル」や「生地を選ぶまでの日数」そして「納期」などを含めると、これくらい日程にゆとりがあるほうが選択肢も広がりますし、満足のいくカーテン選びができます。

また事前に「イメージ」や「要望」を伝えておけば、選択肢が絞られるのでよりスムーズに運びます。

自分自身が求めているものやカーテンの細かなプランニングに関しては、早い段階でカーテンの専門家に相談することが消費者のメリットにつながるのです。

希望のカーテン(窓装飾)が設置できないこともある

専門家は家具などが搬入されていない状態からイメージを膨らませたり、窓の形状や方角、そしてお客様の予算に合わせて希望を最優先しながらスタイリングしていきます。

その流れでイメージに合わなければ生地を選び直す必要もありますし、窓の形や大きさによっては希望のカーテンが付けられない可能性だってあります。

つまり最終的な現場の把握と、窓周りの確認も必要ということですね。

これらをふまえてカーテンを専門業者に依頼する際には、

  • 現場状況の把握(採寸など)
  • イメージに合うスタイルの提案
  • 生地の選定(サンプルの準備等)
  • 見積価格の提示

というように依頼する業者によって工程は違ったりしますが、こうした流れで数回に渡るカーテンの打ち合わせが必要になりますので、早めに計画しておくのがおすすめです。

カーテン選びを後回しにしない

以外に多いのは、新築の引き渡し日が近づいてから慌ててカーテンを選ぶというケース。

カーテン選びを後回しにすると、日程に追われるためカーテンを妥協で決めてしまったり、本当に自分が納得できるものを選べなくなる可能性があります。

例えばアパートやマンションのように、初めからカーテンレールが設置されていれば、当分のあいだ手持ちのカーテンで目隠しすることもできますよね。

でも新築一戸建ての場合はカーテンレールが付いていないので、窓を隠す手段がなくなり、カーテンを急いで決めることにもつながります。

窓装飾プランナーのマドカです

なので、特に新築の戸建ては注意したいところですね。

早く検討すればじっくり考えられる

因みに、ほとんどの新築戸建ての窓にカーテンレールが設置されない理由は、施主側が好きなカーテンスタイルを選べるようにするためです。

例えば、カーテンを選ぶと必然的にレールも必要になりますよね。

でもローマンシェードやブラインドを選ぶときは、レールが必要ないためカーテンレールの選択肢が無くなります

そのため、新築でも早いうちからカーテンを考えることで今まで知らなかった「カーテンの種類やスタイル」が把握できたり、最終的に納得のいく選び方ができるといえます。

というわけで新築のカーテン選びは、ちょっと早いかな?と感じる引き渡しの2ヶ月くらい前から検討するのが良いでしょう。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、「新築のカーテンはいつから決める?」という内容でお伝えしました。

マイホームは人生の中でも大きな買い物ですね。

出費がかさんでカーテンにはあまり予算をかけられないという話もよく耳にしますが、家具や電化製品を慎重に選ぶのと同じように、私はカーテンこそ時間をかけて納得のいく商品を選んで欲しいと思っています。

なぜなら家の中でも窓の占める割合は大きいので、カーテンひとつで使い勝手や住む人の居心地まで変えてしまうアイテムだからです。

また、カーテンは常に視界に入るのでお部屋の印象を左右してしまいます。

気に入ったカーテンを窓に飾ることは「心の癒し」にもつながりますし、思わず帰りたくなる家を演出するのも窓装飾の役割だと思います。

ということで、これから新築をお考えの方はぜひ参考にしていただければと思います。

新築戸建てのカーテン予算と選び方【プロが教える】新築一戸建てのカーテンにかかる費用と予算について【実例付】 【和室の窓】カーテンのプロが教える8つのスタイルと選び方 既製カーテン イージーオーダー フルオーダーの違い【カーテンの買い方】既製カーテン・イージーオーダー・フルオーダーの違いとは?【初心者向け】