おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

【西向きの部屋におすすめ】遮熱カーテンで真夏の紫外線と西日対策

西向きの部屋 西日

夏が近づくにつれ「室内の温度上昇」が気になる方も多いのではないでしょうか?

「西日がきつい」

「真夏は日没後も部屋が暑い」

「夏はエアコンをつけっぱなしになる」

とくに西向きのお部屋では、このようなお悩みをよく耳にします。

深刻になると、西日が強すぎた影響で引っ越しを経験したというケースもあります。

ただ同じ西向きとはいえ、建物の高さや住まいの環境(周りの建て物)によって太陽光の入り方は違います。

そのため西日が及ぼす影響は必ずしも同じではありませんが、西向きの部屋に共通しているのは、室内に直接入り込む強い日差しですね。

特に西日が眩しく感じるのは、日が沈む夕方の時間帯に「太陽が部屋の位置と同じくらいの高さ」になるためです。

今回は、真夏の紫外線にも効果的なカーテンの西日対策についてお伝えします。

西部屋の紫外線対策には「遮熱レースカーテン」がおすすめ

遮熱レースカーテン

とりわけ日射しがまぶしい西向きの窓には、遮熱レースカーテンをおすすめします。

西側のお部屋でも、7~8割のご家庭で昼間はレースカーテンだけを閉めている思いますが、やっかいなのが午後の「ギラギラしたオレンジ色の日射し」です。

遮熱レースカーテンは、糸に特殊な金属のポリエステル繊維を混ぜることで遮熱効果を高めていますので、一般的なレースカーテンよりも室内に熱を通しにくくなります。

つまり、カーテンが部屋の中に入り込む熱を反射して暑さを防いでくれるということですね。

なので「眩しすぎる西日」を軽減するには、普通のレースカーテンを選ぶより遮熱レースカーテンを選ぶ方が効果的です。

最近では暑さ対策として、西向きの部屋に限らずその他の部屋にも「遮熱レースカーテン」を選ぶ方が増えています。

遮熱レースカーテン【夏の日射し対策におすすめ!】遮熱レースカーテンの効果と選び方

UVカット機能付きの遮熱レースカーテンもおすすめ

遮熱レースには「UVカット機能」が付いているものもあります。

遮熱と同時に「紫外線」が気になるという方は、UVカット機能も事前にチェックしてみると良いでしょう。

遮熱レースカーテンは室内が暗くなりがちな点もある

とはいえ、メリットばかりではなくデメリットもあります。

先ほど述べたように、遮熱レースカーテンは特殊な繊維をつかって熱を通しにくくしているので「糸の密度」が太くなります。

そのため、普通のレースカーテンに比べると部屋の中が暗くなりがちです。

周りの建物や室内(西向き)の環境によっても違いますが、遮熱レースカーテンを選ぶときは、少しだけ日中の室内が暗くなる可能性があることも視野に入れておきましょう。

西向きの部屋には「遮熱ドレープカーテン」で西日対策

遮熱カーテン

また強い西日対策には、遮熱ドレープカーテンがおすすめです。

遮熱カーテンには、「遮熱レースカーテン」と、厚地の「遮熱ドレープカーテン」があります。

要は、昼と夜に使い分けるカーテンのことですね。

たとえ西向きの窓でも、明るい時間帯からドレープカーテンを閉めると部屋の中が暗くなりますし、明かりを点けると電気代もかかるため、ドレープカーテンは閉めないという方もいらっしゃるでしょう。

でも「強い日射し」が室内に与える影響は想像以上に大きいものです。

例えば、「畳やフローリングの色褪せ」だったり、大切な家具やインテリアが日焼けして色が変わってしまうなどですね。

窓際の日焼けは、西向きの窓に限らず、東側や南向きの窓にもいえることですが…。

とくに西日の場合は、日射しが強すぎて日没後も部屋の中の温度が下がりにくいという傾向にありますので、西日が差し込んできたら、「遮熱ドレープカーテン」で西日対策をすることがお勧めです。

遮熱レースカーテンとドレープカーテンを二重にする

このように、遮熱機能のある「レースカーテンとドレープカーテンをセットで使う」ことで、お部屋の温度上昇もかなり抑えることができますし、西部屋の「家具やインテリアを長持ちさせる」ことにもつながります。

窓際の日ヤケ防止にはカーテンの長さが重要!

カーテンの西日対策には、サイズも重要なんです。

日射しの影響をうけやすい「窓際の床や畳」ですが、これを防ぐにはカーテンを付けるだけではダメ。

カーテンの丈を長くして裾が床に着いて引きずるくらいの長さにしなければ、たとえ遮熱カーテンを付けたとしても窓際の日ヤケは防げません

これは窓周り全体(上下左右)にいえることなので、しっかりと日射し対策をする場合は、「カーテンのサイズ」や「取り付け方」にも注意しましょう。

遮光カーテンという選択肢

西日対策には、遮熱カーテン以外の方法もあります。

それは、光を遮る「遮光ドレープカーテン」です。

遮熱カーテンのように熱を遮る機能はないものの、「光を遮断する」という点では日射しを防いでくれますので、西向きの窓にもおすすめです。

でも遮光カーテンで注意しなければいけないのは、遮光の等級なんです。

簡単に説明すると、

●最も光を通さないのが → 遮光1級カーテン

●程よい光を採り入れるのが → 遮光2級カーテン

●わずかに光を遮るのが → 遮光3級カーテン

このように「3つの等級」に分かれているため、強い日射しを防ぐには遮光1級を選ばないと意味がありません。

遮光3級や2級の場合は、「1級に比べると光が漏れる」ことからあまり効果は期待できないので、遮光カーテンを選ぶときには等級を確認しましょう。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、西日対策にお勧めの「遮熱カーテン」と遮光についてご紹介しました。

この記事をまとめます。

  • 西日対策には、遮熱レースカーテンと遮熱ドレープカーテンがお勧め
  • 西日対策には、遮光1級カーテンも効果的
  • 日射しや窓際の日ヤケを防ぐには、カーテンの裾を長くする(※上下左右の光漏れ対策も重要)

西向きのお部屋は、他の部屋と違って「強い西日」に悩まされる傾向にあります。

その理由は冒頭でお伝えしたように「西日がお部屋の高さと同じ位置」になることでダイレクトに光が差し込み、強烈な熱や眩しさを感じるからです。

カーテンだけでは完璧な対策は難しいといえますが、強い日射しと室温の上昇は、窓周りを対策することでかなり軽減されます。

西向きの強い日差しでお悩みの際は、是非「遮熱カーテン」を取り入れてみてください。

遮光カーテンのつくり方【遮光カーテンのつくり方】手持ちのカーテンに裏地をつける簡単ウラ技