おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

【西向きの部屋におすすめ】遮熱カーテンで真夏の紫外線と西日対策

西向きの部屋 西日

夏が近づくにつれ「室内の温度上昇」が気になる方も多いのではないでしょうか?

「西日がきつい」

「真夏は日没後も部屋が暑い」

「夏はエアコンをつけっぱなしになる」

西向きのお部屋では、このようなお悩みをよく耳にします。

深刻な場合は、西日が強すぎて引っ越しを考えるというケースも。

ただ同じ西向きでも、戸建てやマンションなどの立地条件や、周りの環境(建物の有無や高さなど)によって太陽光の入り方は違います。

そのため西日の影響は必ずしも同じとはいえませんが、西向きの部屋に共通しているのは、室内に直接入り込む強い日差しですよね。

とりわけ西日が眩しく感じるのは、日が沈む夕方の時間帯に「太陽が部屋の位置とほぼ同じくらいの高さ」になるためです。

この「室内に差し込む西日」を軽減する方法はあるのでしょうか?

西向きの部屋には「遮熱レースカーテン」がおすすめ

遮熱レースカーテン

窓の対策として、まぶしい西日を防ぐには遮熱レースカーテンをおすすめします。

西向きの部屋でも、日中は7~8割の家庭でレースカーテンのみで過ごされていると思いますが、やっかいなのが午後の「ギラギラしたオレンジ色の日差し」です。

遮熱レースは、糸そのものに特殊な金属のポリエステル繊維を使用して遮熱効果をもたせているため、一般的なレースカーテンよりも熱を通しにくい仕組みになっています。

つまり、陽射しによる急激な室内の温度上昇を防ぐ効果があるということ。

なので「眩しすぎる西日」を軽減するには、普通のレースカーテンを選ぶよりも「遮熱レースカーテン」を選ぶ方が効果的です。

最近では夏の暑さ対策として、西向きの部屋に限らずその他の部屋にも「遮熱レースカーテン」を選ぶ方が増えています。

遮熱レースカーテンは室内が暗くなりがちな点も

とはいえ、メリットばかりではなくデメリットもあります。

先ほどお伝えしたように、遮熱レースカーテンは特殊な繊維をつかって光を通さないようにしているため「糸の密度」も増します。

そのため、普通のレースカーテンに比べると「部屋の明るさ」は乏しくなりがち。

窓や室内(西向き)の環境にもよりますが、遮熱レースカーテンを選ぶ場合は、少しだけ日中の室内が暗くなる可能性があることも視野に入れておきましょう。

UVカット機能付きの遮熱レースも

遮熱レースには「UVカット機能」が付いているものもあります。

遮熱と同時に「紫外線」が気になるという方は、UVカット機能も事前にチェックしてみると良いでしょう。

午後のギラギラした西日には「厚地の遮熱カーテン」も効果的

遮熱カーテン

遮熱カーテンには、先ほどお伝えした「遮熱レースカーテン」の他に、厚地の遮熱カーテンもあります。

昼間から厚地のカーテンを閉めると、もちろん部屋の中が暗くなりますし電気代もかかるため、必要ないという方もいるでしょう。

けど明るい時間帯でも「西日が深刻」という方には、「厚地の遮熱カーテン」も選択肢のひとつといえます。

遮光カーテンという選択肢

西日対策には、この2種類の遮熱カーテンの他に、光を遮る「遮光カーテン」もある程度の効果が得られます。

ただ注意したいのは、遮光の等級です。

●最も光を通さないのが → 1級カーテン

●程よい光を採り入れるのが → 2級カーテン

●わずかに光を遮るのが → 3級カーテン

このように「3つの等級」に分かれているので、強い日差しを防ぐには遮光1級を選ばないと意味がありません。

ただ遮光カーテンには熱を遮る機能が付いていないので、光は遮っても遮熱効果としては不十分だといえます。

一方で「厚地の遮熱カーテン」には遮光機能も付いていますから、特に西日がストレスになっていたり深く悩んでいるという方は、遮光カーテンよりも遮熱カーテンの方がお勧めです。

さらに「レースと厚地の2種類の遮熱カーテンを併用」することで、強い西日に応じた遮熱効果が期待できるでしょう。

まとめ

西向きのお部屋は、他の部屋と違って「強い西日」に悩まされる傾向にあります。

冒頭でお伝えしたように「西日は直接お部屋に入り込む」ので、お気に入りの家具や床などの日焼けも気になりますね。

強い日差しと室温の上昇は、窓周りを対策することでかなり軽減されるといえます。

西向きの強い日差しでお悩みの際は、是非「遮熱カーテン」を取りいれてみてください。