おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

プリーツスクリーンは透ける?透けない?プロが生地の選び方を解説

プリーツスクリーン

窓装飾プランナー

プリーツスクリーンは透けますか?というお問い合わせがあります

プリーツスクリーンを和室や寝室に取り入れる方は年々増えていますが、一方で透け具合が気になるという方も多いです。

そこで今回は、透過性と生地の選び方について解説します。

プリーツスクリーンは透ける?透けない?

プリールスクリーン 透ける 透けない

プリーツスクリーンのレース生地は、透けます。

といっても、外から透けにくい「ミラーレース」を選ぶこともできますので、室内のプライバシーが気になる場合でも安心です。

厚地の場合は、透けにくいものと、透けない遮光生地があります。

プリーツスクリーンは「レースと厚地の中間的な素材も多い」ため、購入前には生地サンプルで昼と夜の透け具合をチェックすることが大切です。

国内大手メーカーなら、全国各地のショールームで実際のイメージを確認することができます。

※国内メーカー:タチカワブラインド・ニチベイ・TOSO

プリーツスクリーンの透過性

プリーツスクリーンの透過性は、メーカーごとに記載がありますが、大きくまとめると次の4つに分けられます。

(※生地の一つ一つに透過性のランクが表示されているので、購入時の目安になります)

  • ①(室内が透けない)遮光性が高く直射日光を遮ることができる
  • ②(室内が透けにくい)透けにくく室内のプライバシーを守る
  • ③(室内がうっすらと透ける)室内の様子やシルエットがぼんやり映る
  • ④(室内が透ける)透け感があり陽射しを採り入れる

これを、プリーツスクリーンの素材で分類してみると

  • ①(室内が透けない)→ 遮光生地
  • ②(室内が透けにくい)→ 和紙調和布調無地
  • ③(室内がうっすらと透ける)→ 和紙調和布調無地
  • ④(室内が透ける)→ レース生地ミラーや遮熱レースもあり)・すだれ調

このようになります。

レース生地は全般的に④の分類になりますが、外からの視線を遮る「ミラーレース」や「遮熱レース」を選ぶこともできます。

厚地の場合は、光を遮断したり室内のプライバシーを重視するなら、①の「遮光タイプ」が選べます。

因みに、和室によく使われるプリーツスクリーン「和紙調」や「和布調」の透過性は、②の透けにくい素材、あるいは③の室内がうっすらと透ける素材の分類になります。

では透け方の違いを見てみましょう。

プリーツスクリーン 透過性 見え方出典:ニチベイ

画像は、プリーツスクリーンの透け具合を昼と夜に分け、それぞれ「室内から」と「室外から」みた場合の検証結果です。(※ニチベイによる検証)

中央の番号①~④は、先ほどの透過性で説明した4つのタイプを分かりやすく当てはめてみました。

①は遮光生地、②③は和紙調・和布調・無地、④はレース生地の透過性です。

昼間の屋外からの見え方では、①~④まで太陽の光が反射して外の風景が窓に映し出されているものの、④のレース生地は室内がうっすらとみえていますね。

一方、夜の屋外からの見え方では、④のレースは部屋の中が丸見え、③についてはぼんやりと透けているのが分かります。

つまり薄地の場合は、昼間は外からみえにくくても、夜は電気をつけると室内が透けてしまうということ

これでは室内のプライバシーが守れませんので、1台で2種類の生地を操作できるプリーツスクリーンの「ツインタイプ」で、レース生地厚地を使い分ける必要があります。

※ツインタイプについては、こちらの記事に詳しく書いています。

プリーツスクリーン ツインタイププロが教える!【プリーツスクリーン】ツインタイプで絶対に後悔しないための選び方

プリーツスクリーン・生地の選び方

プリーツスクリーン 生地の選び方

次に、生地の選び方です。

空間と機能性に合わせて選ぶ

プリーツスクリーンにもそれぞれ機能性があるので、お部屋の環境に合わせて使い分けることができます。

  • 日中のプライバシーを守るなら「ミラーレース」
  • 日差しが気になる場合は「遮熱レース」
  • 室内を暗くしたり光りを遮るなら「遮光生地」
  • 和室には「和紙調・和布調」がおすすめ
  • 寝室や洋室には「ファブリック調」がおすすめ

ツインタイプなら、窓の用途に合わせて2種類の生地を組み合わせることができます。

では順番に説明します。

日中のプライバシーを守るなら「ミラーレース」

昼間は太陽の光で透けにくいとはいえ、目の前が駐車場や人通りが多かったりと、日中でも明らかに視線が気になる場合は「ミラーレース」がお勧めです。

ミラーレースには「太陽光を反射する特殊な糸」が使われているので、プライバシー保護に効果があり、普通のレースと比較しても室内が透けません

但し、一般的なレース同様、夜には電気をつけると室内が丸見えになってしまうので注意しましょう。

(※ミラーレースは日中に効果を発揮します)

日差しが気になる場合は「遮熱レース」

南向きや西向きの窓は、強い陽射しが差し込みます。

特に夏場は、急激な室内の温度上昇にも影響するので、家具や畳・フローリングの日焼けが気になることもあります。

このような場合は、遮熱機能のプリーツスクリーンがお勧めです。

室内を暗くしたり光りを遮るなら「遮光生地」

寝室に限らず、和室や洋室でも「外の光を遮断したい」「朝もゆっくり眠りたい」「部屋の明かりが漏れるのを防ぎたい」など、このように光を遮る場合は、遮光のプリーツスクリーンがお勧めです。

遮光率の高いものから順に1級2級3級と分けられていて、その効果には大きな違いがあります。

遮光付きのプリーツスクリーンを選ぶ場合は、お店の方に等級について確認するようにしましょう。

和室には「和紙調・和布調」がお勧め

和室には無地も似合いますが、やっぱりプリーツスクリーンの最大の魅力が引き出せる和紙調和布調がお勧めです。

外からの視線が気にならなければ、透け感のあるすだれ調も魅力的ですね。

各メーカーには、和をモチーフにした素敵な柄が揃っているので、和の空間をモダンに演出するなら選ばない理由はありません。

またプリーツスクリーンの和紙調は、障子と似たようなイメージを再現できるので、現代風な和室になること間違いなしです。

生地選びで迷ったら、建具や畳の色を参考にすると調和しやすく綺麗にまとまります。

寝室やリビングには「ファブリック調」がお勧め

プリーツスクリーンを寝室やリビングに選ぶなら、温かみのあるファブリック調がお勧めです。

しっかりとした布の風合いと質感が、和紙調とは違う雰囲気を作り出してくれます。

ほとんどは無地ですが、種類ごとに素材の織りや光沢感、そして手触りが違います。

カラーバリエーションも豊富なので、お部屋のイメージカラーや好きな色に合わせて選ぶと良いでしょう。

寝室でも朝の日差しで目覚めたいときは「遮光無し」または「遮光3級」あたりが丁度よく、程よい光を採り入れるなら「遮光2級」、しっかりと光を遮るなら「遮光1級」がお勧めです。

プリーツスクリーンの遮光生地を選ぶ時の注意点

このように、ひとくちに遮光といっても、1級から3級までのランクに分かれています。

その効果には違いがありますので、遮光を選ぶ場合は必ず等級をチェックしましょう。

コード穴からの光漏れ

プリーツスクリーンの遮光1級は、生地本体からの光漏れは殆どありませんが「昇降コードの小さい穴」から光を感じることがあります。

遮光にこだわる場合は、このようなちょっとした光が気になるという方もいると思います。

この問題を解決したのが「タチカワブラインド」のプリーツスクリーンです。

タチカワのプリーツスクリーンには2種類のカタログがあり、通常よりコード穴の小さいぺルレと、コード穴を無くしたフィーユが発売されています。

できるだけ光漏れを防ぎたいなら「ぺルレ」。

しっかり遮光をするなら「フィーユ」がお勧めです。

※プリーツスクリーンの遮光についてはこちらにも書いています。

プリーツスクリーンの選び方【プリーツスクリーン特徴】遮光機能やメリット・デメリットも解説します

プリーツスクリーンは必ず透過性をチェック

たとえば同じ種類の生地でも、色の違いで「透けやすいもの」と「透けにくいもの」があります。

生地選びで失敗しないためにも、透過性の表示は必ずチェックするようにしましょう。

まとめ

今回は、プリーツスクリーンの透過性と生地の選び方についてお伝えしました。

特に透け方については、プライバシーや室内での居心地を左右するため、必ずサンプルで確認することをお勧めします。

プリーツスクリーンをご検討の際には、ぜひ参考にして下さい。