【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

【プリーツスクリーン】ツインタイプで絶対に後悔しないための選び方

プリーツスクリーン ツインタイプ

1台で2種類の生地が操作できる、プリーツスクリーンのツインタイプ。

薄地のレース生地と厚地の不透明生地を、上下どちらに配置すればいいのか迷った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

プリーツスクリーンのツインタイプでは、上下の生地の選び方で役割が変わります。

なので最初の選び方を間違えてしまうと、後々、使い勝手や居心地に悪影響を及ぼす可能性も…。

今回お伝えするポイントを抑えておけば、やっぱり逆にしておけば良かったと後悔しなくて済むはずです。

ここでは、プリーツスクリーンのツインタイプで、絶対に注意すべき生地の配置について選び方を解説します。

プリーツスクリーンのツインタイプって?

そもそも、プリーツスクリーンのツインタイプがどんな商品なのかというと、

  • 上下に開閉する
  • 1台でレース(透ける生地)と厚地(透けない生地)の役割を果たす

つまり、たった1台でレースになったり厚地になったり、または半分ずつという使い分けができます。

生地の配置がとても重要!

なので生地を上と下のどちらに選択するかで、プライバシーの確保や光の入り方にかなり影響があります。

この配置は、プリーツスクリーンを注文したあとに変更することはできません。

プリーツスクリーンのツインタイプで後悔しない選び方

プリーツスクリーン

このように、ツインタイプは生地の配置がとても重要なポイントです。

購入時には私たち専門家がしっかりと説明する内容ですが、通販などで知らずに決めてしまうことがないようぜひ参考にしてください。

プリーツスクリーン・レース生地を(上)にする

プリーツスクリーン ツインタイプ

採光しながら外の視線をシャットアウトする

窓が道路側に面していたり、窓よりも低い位置に人通りがある場所では視線が気になります。

このような場合は、プリーツスクリーンの(上側)をレース生地・(下側)を不透明生地にするのがお薦めです。

外からの視線を防ぎながら、上からの光を採り入れることができます。

【プリーツスクリーンツインタイプの上側にレース(シースルー)生地・下側に不透明生地を選ぶ場合】

 

●外からの目線が窓よりも低い位置か、同じくらいの高さにある
●光を入れながら仮眠をとりたい
●明るさも確保しつつ、プライバシーを守る

●子供部屋など、おもちゃで部屋が散らかりやすい場合(外からの見え方)

プリーツスクリーン・レース生地を(下)にする

プリーツスクリーン ツインタイプ

外の風景を楽しみながら、上からの視線や強い日差しをカットする

プリーツスクリーンのレース生地を下にすると、雪見障子のような使い方ができます。

例えば、
「日差しを遮りながら、庭や花壇を眺めたい」
「高い位置からの視線を防いで、外の様子を眺めたい」という場合でも
お部屋でゆったりとくつろぎながらプライバシーはしっかりと守れますし、光を調整しつつ外の風景を楽しむことができます。

このような場合は、プリーツスクリーンの(上側)を不透明生地にして(下側)をレース生地にするのがお薦めです。

【プリーツスクリーンの上側に不透明生地・下側にレース(シースルー)生地を選ぶ場合】

 

●強い日差しが入る

●朝日が眩しい・西日がキツイ

●光を遮りながら庭や外の風景を楽しみたい
●近くの建物やビルなど高い位置からの視線が気になる

プリーツスクリーンのツインタイプを使い分ける

ひとつの空間で使い分ける

プリーツスクリーン ツイン

窓の方角によって上下を使い分ける

例えば同じ空間でも、窓の向きが変わることで、光の入り方や外からの視線など条件は変わるものです。

このような場合は、窓の方角や条件に合わせて、画像のように上下を逆にして使い分けるのがポイントです。

【プリーツスクリーンの上下をひとつの空間で使い分ける場合】

 

●上からの視線や日差しが眩しい時には、不透明生地を上・レース生地を下に。

●上から光を入れながらプライバシーを守りたい時には、レース生地を上・不透明生地を下に。

まとめ

このようにプリーツスクリーンは、上下の配置をどちらにするかで使い勝手にかなりの違いが出てしまいます。

生地の配置は、注文した後の変更ができないので決める段階がとても重要です!

光りの入り方や外からの視線は、思った以上に生活の中で大きく影響するので、ポイントとして抑えておきましょう。