【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

シャープシェードの特徴と取り付け方法|メリット・デメリットも

シャープシェード

 

窓装飾プランナー

窓装飾プランナーが「シャープシェード」の特徴や「メリット」「デメリット」について解説いたします。

「シャープシェード」について知りたい方は参考にしてください。

シャープシェードの特徴

シャープシェードは、操作コードを使って上下に開閉するスタイルです。

フラットが持ち味のプレーンシェードとの大きな違いは、生地の裏側に細い横バーとステッチが入ることです。

このバーとステッチがアクセントになり、スマート感を演出することができます。

また、シャープシェードはカーテンと同じ色や柄で作れるため、ひとつの空間でも、掃き出し窓にはカーテン、小窓にはシャープシェードというスタイルを変えたコーディネートが楽しめますし、リビング続きの和室などにもしっくり馴染みます。

シャープシェードで注意したい点といえば、布を全開したときのたたみ代(たたみ代a)が約25cm前後になることです。(※下記図参照)

シャープシェードのたたみ代

左:プレーンシェード 右 :ダブルシェード

このたたみ代aは、生地の裏側にある昇降コードの影響によるものですが、シャープシェードを取り付ける際には、窓の大きさや、開口部がせまくなっても支障がないか確認が必要です。(※プレーンシェードの場合も同じです)

例えば、窓枠にシャープシェードを取り付ける場合は、全開するとどうしても布が窓の上部にかぶってしまいます。

なので、布が窓にかかるのが気になるという方は、枠上20cm前後の高さから取り付けるのをおすすめします。
(※その際は、取付けの壁の部分に下地があるか確認が必要です)

シェードが窓にかかるのは実際何の問題もありませんが、窓の大きさや使い勝手に応じて判断すればOKです。

シャープシェード・タイプ①(ドレープ生地)

シャープシェード

ドレープ(厚地)1枚のシャープシェード。等間隔に横バーが入ります。

シャープシェード 裏面

こちらはシャープシェードを裏側から見た時のイメージ。裏面は生地を巻き上げるためのリングテープと昇降コードがついています。

シャープシェード・タイプ②(レース生地)

シャープシェード レース生地

レース生地のシャープシェード。外からの光によってバーがくっきりとみえます。

シャープシェードその③・ダブルタイプ

シャープシェード ダブル

ドレープとレース両方の生地を1台で操作できるシャープシェードダブル。2つの役割が欲しい場所におすすめです。

レース生地を手前(部屋側)にすることもできます。

シャープシェードの取付け方法

その①|窓枠・壁・天井

最も一般的な取付け方法です。

いずれもシェードに付属している取付用の金具(ブラケット)とビスを使い取付けます。
ビスに関しては、下地が影響することから念のため長めのものを準備した方が良いです。

窓枠に取付ける場合 → シェードをたたみ上げたとき窓の開口部が狭くなることを考慮する。(枠上の壁に付ける場合も同じ)

 

壁に取付ける場合 → 窓枠よりも約15cmほど上方向にビスを打てるのが理想(窓の開口部が広くなる)。但し壁に下地が入っていること。

 

天井に取付ける場合 → 天井部分に直接ビスを打つか、天井付ブラケット(金具)を使って取付ける。

※例えば、窓枠より5~10cm程度高い位置から取り付ける場合でも、シェードを開けた時には窓の上を少しだけふさいでしまいます。

その②|カーテンレール

当方ではあまりおすすめしない取付け方ですが、シャープシェードは既存のカーテンレールに設置することもできます。

このケースでは、カーテンレールがしっかりと固定されていることが条件です。

理由として、仮にレールのネジ留めがゆるい場合、シェードを上げ下げする度に強度が弱まり、カーテンレールごと落下してしまう可能性も少なくないためです。

カーテンレール取付け金具

カーテンレール取付け金具

このような取付け方が多くみられるのは、賃貸アパートやマンションなどの壁に穴を開けらけれないケースです。

カーテンレールとシェードが金具を介して一体となるので、接合部がきちんと密着しなかったり見た目にも支障がでる場合があります。

シャープシェードのメリットとデメリット

メリット

〇カーテンと同じ生地でコーディネートできる

〇窓周りがすっきりと仕上がる

〇柄そのものが楽しめる

〇モダンでスタイリッシュな印象

〇高さが調整できるので、目隠しや日焼け防止になる

〇厚手の生地でも重くならず操作が簡単

デメリット

〇値段が高めになる

〇窓の出入りが多い場所は上げ下げが面倒

〇シェードを全開した時の生地のたまり(たたみ代)が15~30cm前後になるため、その分窓の開口部が狭くなる

まとめ

今回は、シャープシェードについてお伝えしました。

シェードの中でも、スタイリッシュなシャープシェードは、洋室に限らず和室にもぴったりの窓装飾アイテムです。

メリットやデメリットを上手に取り入れながら、空間に合ったコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

和室に合うカーテンスタイルの記事はこちらに書いていますので、興味のある方は参考にして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)