クロス職人の親方ブログ

人気の北欧スタイルとは?コーディネートの特徴と住まいの実例

北欧インテリア

窓装飾プランナーのマドカです

今回は、多くの人から支持される人気の北欧スタイルについてお伝えします。

北欧風のナチュラルな空間やインテリアに憧れている方も多いのではないでしょうか。

スウェーデン発祥の大手家具メーカー「IKEA」が日本に上陸してからというもの、住まいや雑貨まで北欧インテリアの人気は高まる一方です。

北欧の住空間は、シンプルな白やグレーなどがベースになっていて、木目の温かみある自然素材をバランスよく取り入れています。

私たち日本人にも広く支持される「北欧インテリア」

カーテンや小物なども北欧をイメージさせるナチュラルなものから、遊び心いっぱいのカラフルなデザインまで多数販売されていますね。

そこで本記事では、オシャレのお手本「北欧スタイルの特徴」と「北欧風の空間実例」についてご紹介したいと思います。

一人暮らしの女性【カーテン選び】一人暮らしの女性にお勧めのオシャレな窓演出

北欧とはどこの国?

フィンランド 北欧

まず、北欧インテリア!という言葉はよく耳にするけれど「北欧って一体どこ?」という方もいらっしゃるかもしれません。

北欧は北ヨーロッパ地方で、主にフィンランド、デンマーク、ノルウェー、スウェーデンなどスカンジナビア半島の国々を指します。

雪に閉ざされた厳しい自然と寒い地域の北欧は、日照時間が短いのが特徴です。

そのため北欧の人々は、1年を通して「寒くて暗い長い時間」を家の中で過ごすことが多く、部屋を快適にすることを心がけているといいます。

部屋にいる時は目で楽しめるものや、家族が自然と笑顔になれるような、居心地の良いインテリアに囲まれた暮らしを大切にしているのですね。

北欧スタイルの特徴

STUDIO COM – Houzz

北欧スタイルといえば、機能性を追求したシンプルな家具に、白木や木目などを取り入れた温かみのあるコーディネートが特徴です。

空間のベースとなる基本の色は、ライトグレーなど明るめの色が中心で、快適さにこだわったナチュラルな色彩が北欧スタイルの魅力です。

こうした白っぽい色を基調とする北欧スタイルの背景には、長く過ごす暗い時間を明るくしたいという願望や目的があります。

しかもただ明るくみせるだけではなく、ナチュラルな色の中にも北欧の人々が愛してやまない夏や季節を感じさせる自然の色彩がプラスされています。

また大胆な色柄のカーテンや、カラフルな小物をさし色に使うのも北欧スタイルの特徴。

こうしたテクニックは、北欧インテリアに魅了される理由のひとつでもありますし、インテリアとしての空間はもちろん、お洒落を表現するヒントにもなります。

さらに、動物や植物柄に遊びごころを加えたデザインが多くみられるのも、自然や動物を大切にする「北欧スタイルならではの楽しい技」といえるでしょう。

北欧スタイルが人気の理由

このように、インテリアへのこだわりや関心度がうかがえる北欧スタイルですが、なぜ日本人に受け入れられるのでしょうか。

それは北欧スタイルの基礎が、日本の住宅と同じように白のベースカラー木目などの天然木を使っているという点にあります。

ナチュラルなベース造りが似ていることで、誰もが「真似のしやすいインテリア空間」になっていることが人気の理由なのではないでしょうか。

また先に述べたように、シンプルな北欧スタイルには、どこか「鮮やかな色」だったり「大胆な柄」がつかわれているのもポイント。

大柄のカーテンや、カラフルな小物をつかってお部屋を演出することも忘れてはいませんよね。

こうした派手な柄や色使いは一見、室内のインテリアに控えめな日本人の感性からすれば縁遠いような気もしますが、白や木目がベースになっていることで取り入れやすいものです。

このように北欧の人々の住まいづくりをお手本として、カーテンや小物使いにヒントをもらったり、大胆でカラフルな色にも迷うことなく挑戦できる人気の北欧スタイル。

北欧風のインテリア空間は、私たち日本人にとって馴染みやすく、身近に取り入れられるスタイルだといえます。

北欧をイメージした空間実例

では、北欧テイストのお部屋はどのようにコーディネートすれば良いのでしょうか。

イメージするために、ここからは北欧空間の実例をみていきましょう。

窓装飾プランナーのマドカです

色々なお部屋をみることで、きっと「北欧風インテリア造り」の参考になると思いますよ。

白と木目をベースにしたお手本のような北欧空間に、ブルーのアクセントクロスがポイントになっています。
ナチュラルな天然木とのカラーバランスが見事に計算されたリビングですね。

モダンな北欧スタイルのキッチン。
白と木目で統一されていて温かみがありますね。
カウンター下はレンジ等の収納ができ、リビングからはスッキリ見えるのがポイントです。

まさに北欧スタイルの基本である白と木目のみで統一された空間。シンプルだけれど清潔感を感じます。
植物のグリーンとカウンター前にさり気なく置いてある緑のボトルがアクセントになっていますね。

スウェーデン人建築家がつくる超高断熱・気密性能の住まい。さすがに見事な北欧空間です。
木材のバランスと、インテリアから照明まで細部に拘りが感じられるお洒落なコーディネートです。

リノベエステイト – トイレ – Houzz

マルチカラーの壁紙で北欧をイメージしたトイレの内装。ボーダーのアクセントクロスが目を惹きますよね。

北欧らしい爽やかなペールトーンの色使いが温もりを感じます。家具や照明、それに雑貨までと細部に北欧テイストのこだわりが感じられる素敵な空間です。

こちらはナチュラルな「白」をベースに、スモーキーカラーの「グレー」、アースカラーの「グリーン」を上手に取り入れた北欧空間。
北欧柄の多彩なクッションがアクセントになっていますね。

北欧」というイメージがぴったりの吹き抜けのリビング。同じ目線にしたグリーンのアクセントが効いています。造作ボードの裏側にお子さんのスタディルームという粋な計らいも魅力です。

こちらは同じブラウンでも少しレトロな質感のあるおしゃれな北欧スタイル。
無垢のフローリングに、建具のシャビーシックな色調とテーブルの白が絶妙なバランスですね。


メープルホームズインターナショナル  – Houzz

モノトーンのダークカラーを上手く取り入れた北欧スタイル。
寒い冬も暖炉を囲む家族の笑顔がイメージできそうなお部屋です。

まとめ

今回は、人気の北欧スタイルについて「コーディネートの特徴」と「住まいの実例」をご紹介しました。

どの空間も素敵な北欧テイストになっていますよね。

北欧スタイルの基本は、ベースの「白」とフローリングなどの「木目(天然木)」を組み合わせたシンプルなコーディネートです。

ただそれだけだと物寂しい印象にもなるので、アクセントに小物などを取り入れるのがお洒落上級者。

シンプルな中にも、目に留まるものをさりげなくプラスすることでより北欧風のイメージが完成しますよ。

また大柄のカーテンで遊び心を加えるのも、ちょっと大胆な北欧空間が楽しめます。

自分だけの北欧スタイルを目指すなら、ぜひカーテン(窓装飾)にも注目してみてくださいね。

※興味のある方はこちらの記事もどうぞ。

北欧 スウェーデン【おすすめ5選】プロが選ぶ!北欧スタイルのカーテンレールはこれで決まり! 北欧【北欧風の部屋】おしゃれな小鳥柄カーテンでセンスの良い窓辺に!

※カーテン選びで迷った時はこちらの記事もどうぞ

おすすめのカーテン屋