クロス職人の親方ブログ

【カーテンの洗濯】自分で洗う?それともクリーニング?

窓装飾プランナーのマドカです

皆さんは、カーテンが汚れたらどうしますか?

カーテンの汚れって、外見ではあまり目立たないですよね。

表面が綺麗だから、カーテンを購入して1度も洗ったことが無い…という方も多いのではないでしょうか。

実はカーテンには、日常生活の目にみえない「ホコリ」や「煙草のヤニ」「花粉」などが付着していて、とても汚れているんです。

お手入れをしないままだと、室内を浮遊している「カビ」や「ダニの屍骸」などの汚れがカーテンの繊維の奥に入り込んでいることも…。

でも、いざカーテンのお洗濯となると、自分で洗うかそれともクリーニングに出すのか悩みますよね。

この記事では、カーテンが汚れたときのお洗濯についてご紹介しますので、ご自身にぴったりの方法をみつけていただければと思います。


カーテンは洗えるの?

カーテン

そもそも「カーテンが洗えるなんて知らない」という方も、中にはいらっしゃると思います。

カーテンは、ご自宅の洗濯機でも洗うことができるんです。

ただひと口にカーテンと言っても、「デリケートな生地」や「装飾が付いているもの」など色んなタイプがありますよね。

そのため、全てのカーテンが洗えるわけではなく、

  •  自宅でもお洗濯(水洗い)ができるもの
  •  ドライクリーニングが必要なもの
  •  お洗濯自体ができないもの(洗えないもの)

に分かれます。

それを見分ける方法は、カーテンに縫い付けられている洗濯ラベル

このラベルには、

●「カーテンの品番」
●「組成(ポリエステルや綿などの素材の種類)」
●「洗濯絵表示のマーク」

などが記されているので、カーテンの洗濯絵表示をみて、自宅でも水洗いができるか、それともクリーニングが必要なのかを必ず確認するようにしましょう。

カーテンの主な「洗濯絵表示」

主な洗濯絵表示には、次のようなマークがあります。

カーテンの洗濯絵表示出典:株式会社サンゲツ

【カーテンの洗濯】自分で洗う?それともクリーニング?

カーテンの洗濯で悩む女性

自宅でも洗える「カーテンの洗濯絵表示」

絵表示の一覧でも分かるように、ラベルに「洗濯処理」ができる次のいずれかのマークがあれば、自宅の洗濯機でカーテンが洗えます。

カーテンの水洗いができる洗濯絵表示

但し、3つのマークのうち「手のマーク」が表示されていたら、そのカーテンは手洗いが基本のデリケートな素材というサインです。

洗濯機の標準モードで洗ってしまうと生地のほつれ装飾が崩れてしまう原因にもなりますので、洗濯機を使用する場合は、「手洗いコース」や「おしゃれ着コース」などで優しく洗うようにしましょう。

※カーテンの洗濯方法については、こちらの記事をどうぞ。
【自宅でもOK】カーテンの洗濯方法とは?洗う頻度やお手入れについて

自分でカーテンを洗うなら「コインランドリー」も便利!

またお使いの洗濯機が小さかったり、自宅でカーテンを洗うのが面倒という方には、「コインランドリー」を活用するのもおすすめです。

コインランドリーは一般的な家庭用の洗濯機にくらべるとサイズがかなり大きいので、大量のカーテンを洗いたい時でも、自宅の洗濯機より時間短縮できるのが魅力です。

ただ注意したい点は、コインランドリーだからといって「乾燥機」は絶対につかわないこと!

乾燥機はカーテンの生地を傷めたり縮みの原因にもつながるので、カーテンのお洗濯が終わったら、自宅のカーテンレールに吊るして生地を伸ばし、そのまま自然乾燥させてください。

窓装飾プランナーのマドカです

カーテンに余計な傷をつけないためにも、フックを外してから必ずネットに入れるようにしましょうね。

ドライクリーニングができる「カーテンの洗濯絵表示」

洗濯ラベルに「ドライクリーニング処理」ができる次のいずれかのマークがあれば、カーテンを取扱いのあるクリーニング店に出すことができます。

カーテンのドライクリーニング絵表示

カーテンはそれぞれの種類によって、

  • 「水洗い」だけが可能なもの
  • 「ドライクリーニング」だけが可能なもの
  • 「水洗い」と「ドライクリーニング」の両方ができるもの(どちらでもOK

などに分かれますので、必ず洗濯ラベルをチェックしましょう!

窓装飾プランナーのマドカです

洗濯ラベルは各メーカーで表示内容が異なる場合がありますので、詳細については購入店に問合わせてみてください。

カーテンのクリーニングはインターネットが便利!

では、カーテンをクリーニングに依頼するにはどうすれば良いでしょうか。

カーテンのクリーニングには、しっかりとした設備と大型で特殊な機械が必要になります。

そのため専門のクリーニング店に出す必要があり、一般的な街のクリーニング屋さんだと断られる可能性が非常に高いです。

とはいえ、自分で地域のクリーニング屋さんを一つ一つ調べるのはちょっと大変ですよね。

そんなときに便利なのが、カーテンクリーニングの「ネット宅配サービス」。

インターネットでクリーニングの注文が完結するので、お店に足を運ばなくても綺麗なカーテンを自宅で受け取ることができます。

おすすめのネット宅配クリーニング店

今ではカーテンのクリーニング店にも様々なお店がありますが、宅配サービスで注目なのは、兵庫県にある「株式会社ローズグループ」社。

創業70年以上の信頼と実績がある「老舗クリーニング店」です。

全国どこからでもカーテンを発送することができ、一般的なカーテンのみならずシェードカーテンにも対応してもらえるので、シェードのお洗濯が苦手という方でも安心して利用できると思います。

また自宅の洗濯ではなかなか落ちない汚れも、クリーニングに出すことで隅々まで綺麗に仕上がりますし、クリーニングで真新しいカーテンが手元に届くのは気持ちが良いものです。

今ならカーテン全商品に防カビ加工の無料サービスがついてくるので、カーテンの汚れが気になる方は、この機会を利用すると良いかもしれません。

株式会社ローズグループ社の公式サイトは、こちらから御覧いただけます。


まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、カーテンの洗濯ラベル(絵表示)について、自分で洗えるものとクリーニングに出せるものについてお伝えしました。

とくに湿気の多い季節は、お部屋の換気が足りないと窓が結露して「カーテンにカビが生えてしまう」こともありますので、お部屋の空気の入替えにも注意したいところですね。

カーテンが汚れてしまっても「洗えない」と諦めずに、まずは洗濯ラベルを確認して、適切な方法でお手入れするようにしましょう。

カーテン洗濯専用ネット【業界初】カーテン専用洗濯ネット!フックをつけたままでも洗えます カーテン 洗濯方法【自宅でもOK】カーテンの洗濯方法とは?洗う頻度やお手入れについて バーチカルブラインドの洗濯方法【バーチカルブラインドの洗濯】自宅での洗い方(お手入れ)について

おすすめのカーテン屋