【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

【カーテンフックの選び方】Aフック?それともBフック?

カーテンフックについて

カーテンのフックタイプで迷った経験はありませんか?

カーテンを取り付けるには、必ずフックという名前の部品が必要になります。

フックは、予めカーテンに付属されているので、自分で準備する必要はありません。

とは言っても、オーダーの場合は購入前にフックタイプを確認する必要があるので、その違いを把握することは大切です。

なのでこの記事では、

  • カーテンフックとは?
  • AフックとBフックの違い
  • カーテンの取り付け方で決まるフックの選び方

このような内容で簡単にお伝えします。

カーテンフックとは?

フックとは、カーテンをレールに設置するための備品です。

レールがみえるAフックと、レールが隠れるBフックの2種類があります。

どちらのタイプを選択するかで、カーテンの高さ(総丈)に大きく影響します。

ではフックの違いをみてみましょう。

AフックとBフックの違い

一般的なカーテンに多く使われているのは、いわゆるアジャスターフックと呼ばれるものです。

カーテンのAフックイメージ

こちらはAフックのイメージです。

Aフックの場合は、カーテンレールが見える状態になります。

カーテンのBフックイメージ

一方、こちらはBフックのイメージです。

Bフックの場合は、カーテンレールが隠れる状態になります。

カーテンのAフックとBフック

このようにフック本体は同じものですが、画像から、Aフックは高い位置Bフックは低い位置になっているのがお分かりいただけますか?

このそれぞれの位置を基準に、カーテンの高さが決まる仕組みになっています。

アジャスターフックは1cm~4cmの範囲で高さの微調整ができるようになっていますが、正しい採寸をすることで、できるだけ調節をしないのがカーテンを美しく見せるコツです。

では、フックはどのように選ぶのでしょうか?

※カーテンの測り方については、こちらの記事を参考にして下さい。

【カーテンの採寸方法】カーテンの正しい測り方について

カーテンの取付け方で決まるフックの選び方

フックの選び方は、カーテンレールの種類と取りつけ方で判断することができます。

一般的な二重吊りの場合

カーテン二重吊り フックタイプ

一般的な2本の機能性レールに、カーテンを取り付ける場合

室内側のドレープ(厚地)カーテンは「Bフック
窓側のレースカーテンは「Aフック」になります。

カーテンボックスの場合

カーテンボックス内 フックタイプ

箱型や、天井埋め込み式のボックス内にカーテンを取り付ける場合

どちらのカーテンも「Aフック」になります。

装飾レールと機能レールの組み合わせ

装飾レールと機能レールのフックタイプ

室内側が装飾レールの場合、ドレープカーテンは「Aフック
後ろ側が機能レールの場合、レースカーテンは「Bフック」になります。

装飾レールダブル付の場合

装飾レールダブル付けのフックタイプ

2本とも装飾レールの場合は、どちらのカーテンも「Aフック」になります。

※カーテンのヒダについては、こちらの記事を参考にして下さい。

【カーテンのヒダについて】 1.5倍ヒダや2倍ヒダとは?

まとめ

フックの仕組み、お分かりいただけましたか?

微調整ができるから気にしなくて大丈夫。という方もいらっしゃると思います。

たかが1cmでも、上下の丈に大きく影響してしまうので、カーテンのサイズはたとえ1cmでも大切に考えましょう。

特にオーダーカーテンに於いては、ぴったりサイズが美しいものです。

AフックとBフックの違いを理解して、美しいカーテン選びに役立てて下さい。