【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

【カーテンフックの選び方】Aフック?それともBフック?

カーテンフックについて

カーテンのフックタイプで迷った経験はありませんか?

カーテンを設置する際には、必ずフックという名前の部品が必要になります。

フックは、ほとんどがカーテンに付属されるため自分で準備する必要はありませんが、購入前にフックタイプを確認するのはとても大切なこと。

カーテンを美しく吊るために欠かせない備品なのです。

今回はカーテンフックの選び方について、解説したいと思います。

カーテンフックとは?

フックは、カーテンをレールに取り付けるための備品で、レールがみえるAフックと、レールが隠れるBフックの2種類があります。

どちらのフックタイプを選択するかで、カーテンの高さ(総丈)に大きく影響してしまいます。

ではフックの違いをみてみましょう。

AフックとBフック

一般的にカーテンの多くに使われているフックタイプで、いわゆるアジャスターフックと呼ばれるものです。

カーテンのAフックとBフック

フック本体は同じものなのですが、画像から、Aフックは高い位置Bフックは低い位置になっているのがお分かりいただけますか?

このそれぞれの位置を基準に、カーテンの高さが決まる仕組みになっています。

アジャスターフックは1cm~4cmの範囲で高さの微調整ができるようになっていますが、正しい採寸をすることで、できるだけ調節をしないのがカーテンを美しく見せるコツです。

それでは、どのように選んだらいいのでしょうか?

カーテンの取付け方で決まるフックの選び方

フックの選び方は、カーテンレールの種類と設置方法で判断することができます。

一般的な二重吊りの場合

カーテン二重吊り フックタイプ

一般的な角型のダブルレールに、カーテンを取り付ける場合

室内側のカーテンは「Bフック
窓側のカーテンは「Aフック」になります。

カーテンボックスの場合

カーテンボックス内 フックタイプ

箱型や、天井埋め込み式のボックス内にカーテンを取り付ける場合は、どちらのカーテンも「Aフック」になります。

装飾レールと機能レールの組み合わせ

装飾レールと機能レールのフックタイプ

手前が装飾レールの場合、室内側のカーテンは「Aフック
後ろが機能レールの場合、窓側のカーテンは「Bフック」になります。

装飾レールダブル付の場合

装飾レールダブル付けのフックタイプ

2本とも装飾レールの場合は、どちらのカーテンも「Aフック」になります。

カーテンのヒダについては、こちらの記事を参考にしてください。

まとめ

フックの仕組み、お分かりいただけたでしょうか?

微調整ができることを考えればあまり深く悩む必要はありませんが、特にオーダーカーテンに於いてはぴったりサイズが美しいものです。

AフックとBフックの違いを理解して、カーテン選びに役立てましょう。