おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

【カーテンの採寸方法】カーテンの正しい測り方について

カーテンの採寸方法

カーテンは、どこを基準に測ったらいいのかお悩みではありませんか?

カーテンの採寸方法を知っておけば、近くのお店やネット通販で買うときにも、カーテン選びがとてもスムーズになります。

窓にぴったりサイズのカーテンを手に入れるために覚えておくと便利ですし、自分で測るのは決してむずかしくありません。

ここでは、カーテンの正しい測り方について解説します。

カーテンの採寸方法(正しい測り方)

まずカーテン採寸の基本は、カーテンレールが基準になります。
窓枠を測っても意味がないため、必ずカーテンレールを測るようにして下さいね。

カーテンの採寸方法

カーテン・横幅の測り方

カーテン採寸方法 横幅

横幅は、カーテンレール両端の固定ランナーから固定ランナーまでの長さを測ります。

例えば、レールの長さが200cmの場合、カーテンの仕上がりサイズは210cmになります。

(レールの長さ)×1.05(カーテンのゆとり)=カーテンの仕上がり巾
※例.レール巾200cm×1.05=210cm

●カーテン共通 → カーテンレールの長さ×1.05(ゆとり)=仕上がり巾

レールの長さに5%のゆとりをプラスする理由は、両開き(2枚仕立て)のカーテンを閉じたとき、中央がピチピチになるのを防ぐためです。

※弊社などのカーテン専門店は、窓の大きさに合わせて3%~5%の間で調整します。

カーテン・高さの測り方

掃き出し窓の採寸

カーテン採寸方法 掃き出し窓の高さ

掃き出し窓の高さは、リングランナーの下端から床までぴったりを測り、そこから1cmマイナスします。
二重吊りの場合、レースカーテンは厚地カーテンよりも1cm短くします。

例えば、ランナー下端から床までの高さが180cmの場合、高さは179cmになります。

(床までの高さ)-(1cm)=仕上がり丈
※例.高さ180cm-1cm=179cm(レースカーテンは更に-1cm)

●厚地カーテン  → リングランナーの下端から床までのサイズ-1cm
●レースカーテン  → リングランナーの下端から床までのサイズ-2cm

腰高窓(正面付け)の採寸 ※窓枠全体を隠すとき

カーテン採寸方法 腰高窓の高さ

腰高窓の高さは、リングランナーの下端から窓枠外側実寸を測り、そこから約10cm~20cmプラスします。
二重吊りの場合、レースカーテンは厚地カーテンよりも1cm短くします。

例えば、ランナー下端から窓枠下までの高さが100cmで15cmプラスした場合、高さは115cmになります。

(窓枠までの高さ)+(15cm~20cm)=仕上がり丈
※例.高さ100cm+15cm=115cm(レースカーテンは更に-1cm)

●厚地カーテン → リングランナーの下端から窓枠下まで+15cm~20cm
●レースカーテン → リングランナーの下端から窓枠下まで+14cm~19cm

腰高窓(天井付け)の採寸 ※窓枠内に納めるとき

カーテン採寸方法 腰高窓の高さ

腰高窓の高さは、リングランナーの下端から窓枠内側底辺を測り、そこから1cmマイナスします。
二重吊りの場合、レースカーテンは厚地カーテンよりも1cm短くします。

例えば、ランナー下端から窓枠底辺までの高さが95cmの場合、高さは94cmになります。

(窓枠までの高さ)-(1cm)=仕上がり丈
※例.高さ95cm-1cm=94cm(レースカーテンは更に-1cm)

●厚地カーテン → リングランナーの下端から窓枠内側底辺-1cm
●レースカーテン → リングランナーの下端から窓枠内側底辺-2cm

カーテンの開き方について

カーテンの開き方

カーテンを左右に引き分けるときは、両開き(2枚仕様)
カーテンを片側に寄せたいときは、片開き(1枚仕様)になります。

※カーテンのフックについては、こちらの記事をご覧下さい。

【Aフック?それともBフック?】カーテンフックの選び方

まとめ

カーテンの採寸についてお伝えしました。

一見、難しそうにみえるカーテンの測り方ですが、レールを基準にすれば決して難しくはありません。

正しい採寸方法を理解することで、窓にぴったりの美しいカーテンをつくることができます。