クロス職人の親方ブログ

【ケースメントカーテン】ざっくり編みのお洒落なレース

カーテン専門家

カーテン業界歴15年。窓装飾プランナーのマドカです。

今回は、ケースメント(カーテン)をご紹介します。

皆さんは「ケースメント」という名前のカーテンをご存知でしょうか。

ケースメントは、いわゆるレースカーテンとドレープ(厚地)カーテンの中間的な存在で、適度な透け感と遮蔽性を兼ね備えています。

例えば、高台の家や開放的な窓には、ケースメントカーテンをさらっと1枚かけるだけでおしゃれな窓辺に♪

また「和室の窓」にも相性がよく、ドレープカーテンとの二重吊りでも素敵なコーディネートが完成します。

実はずっと前から販売されているケースメントですが、最近では数も減ってしまい目にする機会も少なくなっていますので、この記事でご紹介したいと思います。

「ケースメントカーテン」の特徴

ケースメントカーテンには、主に次のような特徴があります。

  • 目の粗いざっくり編みの風合い
  • 柔らかくてラフなボリューム感
  • 適度な透過性と遮蔽性がある
  • 通気性が良い

とくに搦織(からみおり)でつくられた目の粗さが特徴的で、普通のレースカーテンとはひと味違った素材感を楽しむことができます。

ここでは、国内メーカー「東リ」のケースメントカーテンを例に、その魅力をご紹介していきます。

目の粗いざっくり編みの風合い

ケースメント レースカーテン tkf10794出典:東リ

東リのケースメントカーテン tkf10794

こちらは、ブラウンカラーを基調としたケースメントカーテンです。

「粗めのざっくりとした編み目」がカジュアルでありながら、アクセントの太いストライプがアクセントになっていて、モダンな表情をみせてくれる一枚です。

また、シックな色合いとスラブ糸も魅力的で、アジアンテイストのコーディネートや和室の窓にもよく似合います。

柔らかくてラフなボリューム感

ケースメント カーテン tkf10795出典:東リ

ケースメント カーテン tkf10795

こちらは、アイボリーを基調としたケースメントカーテンです。

等間隔で淡いグレーの糸が、ストライプ状に織り交ぜられているのが特徴的です。

ケースメントカーテンには「柔らかでラフなボリューム感」がありますので、リビングダイニングやナチュラルモダンな空間にもよく似合います。

適度な透過性と遮蔽性がある

ケースメントカーテン tkf10797出典:東リ

ケースメントカーテン生地 tkf10797

こちらは、ほんのりと淡いグレーを基調としたケースメントカーテンです。

規則的な編み目とボリュームのある太い糸使いで、ニットのような魅力的な風合いになっています。

また「適度な透過性」のあるケースメントカーテンは、視線を気にしない場所や開放的なお部屋の窓におすすめです。

ケースメントカーテン tkf10798出典:東リ

ケースメント生地 tkf10798

こちらは、グレーの色違いで濃いめのブラウンを基調としたケースメントカーテンです。

同じ生地でも、色が濃くなると「紫外線(UV)カット効果や遮蔽性」が高まります。

落ち着いたブラウンはリビングや和室のコーディネートにも合わせやすく、またプライベートな寝室にもおすすめです。

通気性が良い

ケースメント カーテン tkf10796

ケースメントカーテン tkf10797

こちらは、ベージュを基調としたケースメントカーテンです。

柔らかなボリュームのある太糸でストライプが表現されています。

ケースメントは編み目が大きくて「通気性」にも優れていますので、風通しをよくしたい空間にもおすすめです。

※ケースメントカーテンは、大手通販サイトでも購入することができます。

【ケースメントカーテン】ざっくり編みのお洒落なレース:まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、1枚吊りでもおしゃれな「ケースメントカーテン」をご紹介しました。

画像だけでは生地感が伝わりにくいのですが、実際に手にすると普通のレースカーテンでは味わえない魅力があり、厚手なのに風通しが良さそうなざっくりとした風合いや、クシュっとした生地の柔らかさに惹かれます。

「普通のレースカーテンでは物足りない」

「ニットのような柔らかい風合いのレースカーテンが欲しい」

こんな時には、ぜひケースメントカーテンに注目してみてください♪

おすすめのカーテン屋