おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

【ロールスクリーンの取り付け方】自分でできる簡単DIY

ロールスクリーン 自分でできる取付

シンプルで使いやすいロールスクリーンですが、取りつけを業者に依頼するか迷っていませんか。

業者にたのまなくてもドライバーさえあれば、ロールスクリーンは自分で取りつけることができます。

電動ドライバーだとさらに効率的。

この記事では、ロールスクリーンの取り付け方についてカンタンに解説します。

※ロールスクリーンについては、こちらの記事も参考にして下さい。
ロールスクリーンの特徴とメリット・デメリット

ロールスクリーンロールスクリーンの特徴とメリット・デメリット

ロールスクリーンの取り付け方

ロールスクリーンの取り付け方には、4つの方法があります。

  • 天井付け
  • 正面付け
  • 突っ張り式(テンションバー)
  • カーテンレールへの取り付け

では順番にみてみましょう。

天井付け(窓枠の内側に取り付け)

ロールスクリーン 取付方法 天井付け

窓枠内側の天井部にブラケット(金具)を取りつけます。

ロールスクリーン 取付方法 天井付け

セットフレームの手前側をブラケット(金具)に差し込み
さらに窓側(奥側)をカチッと音がするまではめこみます。
これで取り付け完了です。

ロールスクリーン 天井付け 外し方

はずす時は、プッシュボタンを押します。

天井付けは、ロールスクリーンを窓枠の内側(枠内)に取り付ける方法です。

ドライバーで、枠内の天井部分にビス(ネジ)を打ち取りつけます。

天井付けのメリットは、窓の枠からロールスクリーンがはみ出さず壁と平面になるので、窓まわりがすっきりした印象になります。

けれど、遮光が必要だったり強い日差しが入る部屋では、窓とスクリーンの隙間から光が漏れてしまうため、天井付けはふさわしくありません。

ロールスクリーンは、間仕切りとしても活用することができます。

※間仕切りに興味のある方は、こちらの記事を参考にして下さい。
【ロールスクリーン】お部屋の間仕切りとしての活用法

ロールスクリーンの間仕切り活用【ロールスクリーン】お部屋の間仕切りとしての活用法

正面付け(窓枠の外側に取り付け)

ロールスクリーン 正面付け

窓枠の正面側にブラケットを取りつけます。
(枠の上方向につける場合は壁に取りつけます)

ロールスクリーン 正面付け

セットフレームの下側をブラケットに差し込み
さらに上側をカチッと音がするまではめ込みます。
これで取り付け完了です。

ロールスクリーン 正面付けの外し方

はずす時は、プッシュボタンを押します。

正面付けは、ロールスクリーンを窓枠の外側(正面)に取り付ける方法です。

窓の状況によって、枠に直接ビスを打つ方法と、枠上の壁にビスを打つ方法の2つの選択肢があります。

壁にロールスクリーンを取り付ける際には、落下を防ぐために、必ず下地がある場所へビスを打たなければいけません。

正面付けのメリットは、窓枠が隠れるので光漏れを防いだり、窓を大きくみせる効果があります。

つっぱり(テンション)型で取り付け

ロールスクリーン取付け テンションタイプ

両壁に付属の両面テープを貼り付けます。

ロールスクリーン 取付方法 テンションバー

テンションバーをプレート受けに押し当ててはめ込みます。

ロールスクリーン取付け テンションタイプ

左右のダイヤルが硬くなるまで均等にまわします。

ロールスクリーン取付け テンションタイプ

レバーを倒して固定します。

ビス用の穴を開けることなく、突っ張り方式でロールスクリーンを取り付ける方法です。

浴室の窓に向いています。

カーテンレールに取り付け

ロールスクリーンをカーテンレールに取付ける

ロールスクリーンをカーテンレールに取付ける

専用の取り付け金具をレールの溝にはめ込み
ロールスクリーン用の金具と結合させて設置します。

賃貸のマンションやアパートでは、枠や壁にビス用の穴があけられないケースが多いです。

このような場合、ロールスクリーンを既存のカーテンレールに取りつける方法があります。

メリットとしては、賃貸だからとロールスクリーンをあきらめる必要がないことや、自分で穴をあけずに済む手軽さです。

とはいえ特に注意したい点は、スクリーンの昇降を繰り返すことでカーテンレールが緩んでしまい、レールごと落下する危険性です。

このような事態を避けるために、カーテンレールを利用して取付ける際には、レールの強度をしっかりと確認しましょう。

安全性と見ための観点から個人的にあまりオススメしない方法ですが、賃貸などのやむを得ない状況に役立つ選択肢といえます。

まとめ

今回はロールスクリーンの取り付け方についてお伝えしました。

このようにドライバーさえあれば、自分でも手軽にロールスクリーンをとりつけることが可能です。

DIY感覚で、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。