【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

【クロス職人の収入】手間請けと元請けのどちらがいいのか?

クロス職人「下請け」「元請け」

親方

手間請けと元請けの収入の違いを私の実例で公開します

クロス職人だと「手間請け」「元請け」と、大きく分けて2通りの受注方法があります。

そこで一番気になるのは2つの「収入」の差ではないでしょうか。

この記事では下記の内容が分かります。

  • 「下請け」「元請け」の利益の差
  • 「元請け」のメリット・デメリット
  • 実際のところどちらが稼げるのか

この記事を書いてる私は「手間請け」のクロス職人を経て、現在では「元請け」の仕事しか受注していません。

「手間請け」「元請け」どちらも経験していますので、記事の信憑性はあると思います。

クロス職人が元請けで受注した時の利益

「下請け」「元請け」の利益の差を書く前に素朴な疑問として「稼げるのか?」という方もいると思いますので結論からいいます。

私の実例では、元請けの方が稼げると断言できます。

一目で分かるよう具体的な数字で見ていきます。

【案件】400㎡のクロス貼替工事の場合

具体的な数字を400㎡のクロス貼替で説明します。

手間請けの場合

  • 400㎡×手間賃(450円)=180,000円

工賃は地域によって違いますが、このような計算方法が一般的です。

原価は糊、パテ、副資材、移動経費で30,000円ほど必要なので、純利益150,000

元請けの場合

  • 材料費(1000番)440m×300円=132,000円
  • 施工賃(手間賃)400㎡×500円=200,000円
  • 諸経費(利益含)400㎡×200円=80,000円

元請けの場合は「材料費」「施工賃」「諸経費」として見積ります。

なお「材料費」「施工賃」「諸経費」に決まりはないので、それぞれ自分の単価で受注することができます。

原価は手間請けで算出した30,000円+壁紙代(132,000円程度)なので、純利益250,000円となります。

ただし「廃材処理費」「養生費」「打合せ」「見積書の作成」が必要になります。

なので、上記の計算方法なら実際の純利益はもう少し低くなるのではないでしょうか。

あくまでも単価次第になりますので、最低このくらい利益の差があるということです。

元請けのメリット・デメリット

元請けの仕事が稼げるというのは説明の通りですが、それぞれメリット・デメリットがあるのも事実です。

まずはメリットを見ていきます。

  • 下請けよりは稼げる
  • 仕事量を調整できるので身体が楽

大きくいうとこの2点です。

違いを体感するためには、小さな案件で良いから仕事を受けてみることだろうと思います。

やってみないと実感できないし、稼ごうと思ってるのなら元請けの仕事は避けて通ることは出来ないので。

具体的に案件を探すなら以下の案件紹介サービスへの加盟がお勧めです。

スマホアプリでも元請けの案件を探すことはできます。

CrowdWorks for Worker 副業・在宅ワーク

CrowdWorks for Worker 副業・在宅ワーク
開発元:クラウドワークス
無料
posted withアプリーチ

このようなサービスに登録しつつ、元請けにシフトしていけば100㎡あたり20,000円くらいは収入が増えると思います。

月間に1,000㎡貼れば200,000円です。

同じ作業量なら「元請け」の方が利益が大きいので。

そして、デメリットは以下のようなものが考えられます。

  • 打合せや見積りが必要
  • 現場の管理が必要

利益が大きい分「打合せ」「見積書」が必要です。

逆に考えれば「打合せ」「見積書」で利益が出せるとも言えます。

この作業を面倒だと考えてしまうと「下請け」から抜け出すことはできないので、稼ぐためには必要な作業だと割り切った方が良いかもです。

もう1点は現場の管理ですが、ゴミ処理や養生などがあげられます。

考え方としては、これも収益をあげるためだと割り切る必要があります。

実際のところどちらが稼げるのか?

下請けの場合、稼げる案件ばかり受注できれば収益はあがります。

しかし、あくまでも自分が作業した対価としての収入なので「利益」とはいえないかもです。

さらに、年齢によって作業量も変わってきます。

一方、元請けでは対価以外の「利益」が見込めますので効率が良いのも事実です。

とはいえ、一人親方で「元請け」となると見積りや打ち合わせにかかる時間が必要です。

結局、時間が足りず稼げないということにもなり兼ねないので、弟子やスタッフを雇う必要があるかもしれません。

※弟子については【クロス職人】弟子を取るタイミングや事業拡大の方法という記事もどうぞ

最終的な結論は「下請け」を受注しつつ「元請け」へシフトしていく。

これがベストだと思います。

どちらが稼げるかという2択なら「元請け」となりますが、いきなり変えるのは無理なので練習しながらでOKだと思います。

「元請け」を本格的に目指すなら【クロスの一人親方】これだけは準備したい元請けをするのに必要なものという記事もどうぞ。

まとめ

手間請けと元請けの収入の違いを具体的に公開すると、年間で200万円くらいではないでしょうか。

しかし、やり方次第でこの金額はいくらでも変えることは可能です。

私の場合で言うと、クロスの施工自体はしていません。

従業員や外注さんに施工を任せています。

今後ますますお客様と直接取引する「クロス職人」の需要が増えると思いますので、少しでも「元請け」にシフトしていくと良いのではないでしょうか。

最後に【クロス工事の見積書】作り方や注意点・内訳を紹介しますという記事では失敗しない見積書の考え方を紹介しています。