おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

【クロス職人】自分の価値を上げて収入を上げる方法

自分の価値を上げて売り上げアップ

明らかに儲からない現場はありますが、そんな現場にはチャンスがあることを知ってますか?

伸びる現場ばかりに入る恵まれた職人さんもいますが、努力なしでそのポジションをつかんだ訳ではありません。

この記事では

  • 儲からない現場
  • 面倒な現場でも儲かる方法
  • 腕の良い職人とは

このような内容を書いていきます。

最後まで読むことで「自分の価値を上げる方法」「一目置かれて稼ぐ職人になる方法」が分かると思います。

儲からない現場とは

それでは、どんな現場が儲からないのか挙げてみようと思います。

  • 荷物や家具の移動が多く足の踏み場もない
  • 材料が薄くシビアなのに下地が悪い
  • 突貫工事で他業種と同時進行
  • 貼り分けが多く手間がかかる

いかがでしょうか?ひとつずつ見ていきます。

①:荷物や家具の移動が多く足の踏み場もない

人が住んでいる状態での仕事はハッキリ言って進みません。

それにくわえ、作業を見られていると気が散ったり窮屈感があります。

儲かるというか、やりたくない人が多いのではないでしょうか。

②:材料が薄くシビアなのに下地が悪い

私の場合、材料が薄いだけでテンションが下がってました。

まして下地が悪いとかだと時間がかかるので、儲かるとは思えません。

③:突貫工事で他業種と同時進行

大工さんや電気屋さんが邪魔だと思った現場はありませんか?

工期がなく、同時進行だと「パテしたり」「貼ったり」二度手間になり儲かりません。

④:貼り分けが多く手間がかかる

アクセントクロスなどが多く、糊付けするのも材料を変えるだけで面倒だったりします。

 

このように初見で面倒だと感じる現場は、だいたい儲かりませんよね。

逆に言えば、パッと見で儲かりそうにないから面倒な現場になるのです。

それでは、儲かりそうにない面倒な現場の対処方法はないのでしょうか?

面倒な現場で儲かる方法はあるのか?

ここからは、面倒な現場で儲かるための対処方法を紹介します。

結論から書くと…

「乗り込み(現場初日)の時点で面倒な仕事だと分かったときは必ず交渉をしてください」

もし、乗り込み以前に現調しているのなら、現調の時点で交渉が必要です。

全ての現場は、あなたが乗り込む前から「見積り」や「現地調査」によって内容は分かっています。

なので、儲からない現場であれば、あなたに依頼する時点で面倒である事が伝えられるはずです。

どのように面倒なのかは、ケースによって変わりますが、大事なのはあなたが何も言わずに面倒な現場を受けてしまわない事です。

儲からない現場だとしても、職人として1日作業するのであれば、最低の日当は保証されるべきです。

何も言わない職人さんは、いいように利用されますので、クロス職人として個人事業を営んでいるならば自分を安売りせず、報酬については必ず交渉してください。

最低の日当が保証された状態で仕事をすれば、仕上がりも綺麗なはずです。

交渉もせず、日当を出そうとバタバタ作業すると、手直しやクレームにつながります。

初見で儲からないと分かる現場では、単価交渉や日当交渉をすることで、あなたの価値を上げ儲かる現場に変えることが出来ます。

腕の良いクロス職人とは

話は少しそれますが「腕の良いクロス職人」とはどういう職人さんなのでしょうか。

一般の人とプロでは感覚が違います。

一般の人がいう「腕の良いクロス屋さん」については別記事を参考にしてください。

プロから見た「腕の良い職人」は、どんな現場でも自分のベストを出す職人さんです。

「腕の良い職人」「下手な職人」と耳にしますが、言い方を変えれば「丁寧なのか」ということです。

一切手抜きせず、細かいところまで丁寧に仕上げる事で「腕の良い職人」と評価されます。

この「腕の良い職人」という評判を手に入れれば、次から次へと儲かる現場を依頼されるようになります。

儲からない現場では「単価交渉や技術料の交渉」をすることで、作業に集中できますので、儲かるためではなく自分の価値を上げるために交渉してください。

「元請け」は交渉してくる職人さんを悪くは思いません。

むしろ、安心して任せられると感じます。

「腕の良いクロス職人」とは、どんな現場でも自分のペースを貫き、どんな条件でも手抜きをしない、丁寧な仕事をする職人だと理解してください。

収入を上げるための耳より情報

仕事の効率や成果を上げる情報はインターネット上に沢山あります。

クロス職人向きの情報がありましたので紹介したいと思います。

ネット社会のいまだからこそ、インターネットを使い仕事を受注するべきかも知れません。

無料で加盟できる【職人アシスト】という案件仲介システムは、「元請け」の仕事を紹介してもらえます。

月額利用料や、加盟料金が一切かからないので登録しておいて損はありません。

詳しく知りたい方は関連記事をご覧ください。

【職人アシスト】稼ぐためにはインターネットで仕事を探すべき

職人アシスト【職人アシスト】稼ぐためにはインターネットで仕事を探すべき

職人だとしてもキャッシュレス化は進み、クレジット決済できない商売は淘汰されるのではないでしょうか。

個人事業主がスマホを使い、簡単無料でクレジット決済を導入できる【Square】支払い方法の多様化で顧客満足度を上げたいところです。

【無料】Squareで個人事業主がクレジット決済を簡単に導入できる方法

個人事業でもクレジット決済が簡単に導入できるSquare【Square】個人事業主・フリーランスが無料でクレジット決済を導入する方法

まとめ

クロス職人として安定的な収入を得るには「腕の良いクロス職人」として認めてもらうことが近道です。

ですので、人が嫌がる面倒な現場で交渉し、綺麗に仕上げる事で自分の価値を上げることが大きなチャンスかもしれません。

最後になりますが、クロス屋さんが目指すべき最終段階は「経営者」ではないでしょうか?…経営者を目指したいクロス屋さんに向けた記事もあわせてどうぞ

【目指せ経営者】クロス職人からランクアップ!労働からの解放されたいあなたへ