【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

【稼げるクロス屋】独立後の収入を安定させ上げるための方法

稼ぐクロス職人

私が知っている稼いでるクロス屋さんは、月に3桁を超える人もいます。

逆に月に数件しか仕事がなく、もうクロス屋をやめてしまおうか?

と悩んでいる職人さんもいます。

クロス屋さんとして独立した後の収入は自分次第ですが、稼いでいるクロス屋さんは一体どのように稼げる仕組みを作ったのでしょうか?

 

この記事では、稼げるクロス屋さんの仕事術をマネする事で、もっと稼ぎたいという方も今より稼げるクロス屋さんになれるよう解説したいと思います。


これから独立しようと計画している方には、クロス職人が仕事を見つけるために必要な情報をまとめた関連記事がありますので、知りたい方はご覧ください。

クロス職人として月3桁万円稼ぐ秘訣

稼ぐための条件をいくつか出してみます。

1日の作業量を増やし3桁万円稼ぐ

クロス職人として稼ぐための第一条件は、なんといっても1日の作業量を上げる事に尽きるのではないでしょうか?

例えば、単価400円/㎡だとして、1日100㎡貼れば¥40.000円が日当になります。

月間の稼働日数が25日だとしたら、¥40.000×25日=¥1,000,000

1日100㎡貼れるなら、1か月の売り上げは3桁に届く事になります。

しかし、毎日100㎡のクロスを貼るのは大変な事です。

ですので、別の方法も紹介していきます。

高単価の仕事を見つける

貼る量を抑えつつ収入を上げるには、高単価な仕事を探すことが必要です。

下請け、手間賃のみで高単価を目指すなら、どこに需要があるのかを知って高単価を狙いましょう。

どういったクロス職人が高単価な仕事をしているのでしょうか?

  • 仕上がりが綺麗で仕事が丁寧
  • 直接指名してもらえる
  • 夜間作業でも大丈夫

このような職人さんは色んなところで需要があり、かなり重宝されますので単価交渉を持ち掛けやすいといえます。

実際、私が依頼する職人さんでも特別単価のクロス屋さんは存在します。

特別単価だとしても、依頼する側にはメリットが大きいのです。

 

高単価の仕事を探すなら、仕上がりを重視して仕事への不満を一切言わないように努力してください。

そして、数件取引が終わり信頼された頃に単価交渉をすると、快く引き受けてもらえると思います。

補修やクレームを無くして稼ぐ

現場が終わっても、補修やクレームでやり直し作業をしていては、2度手間になり効率が上がりません。

補修やクレーム処理は、クロス職人にとって一番無駄な作業だといっても良いでしょう。

補修や手直しが必要な施工をしていては、信用も落ちますし単価交渉などしようものなら、別の職人さんに変えられてしまいます。

 

1日の作業量を増やせば収入が増えますが、作業量を増やすことだけに注力するのはやめた方が良いでしょう。

また、乗り込み(現場に入った)時点で現場を確認し、のちのち問題になりそうな個所を申告することで、不要なクレーム、補修を避けるようにするのも賢いクロス屋さんだと思います。

稼ぐための間違った情報

ここから紹介するのは、いっけん稼げそうですが、やり方を間違えると稼げないという、初心者が陥りがちな、間違った情報です。

元請けの仕事を増やして稼ぐ

下請けの仕事で単価交渉をしたとしても、元請けの会社がある以上は、単価の上限はどうしても存在します。

それでは、自分が元請けとして仕事を受注すればどうでしょうか?

元請けならば単価の決定権は自分にあるため、稼げる単価で仕事をする事ができます。

しかし、自分の好きな単価で受注できるかというと問題があります。

 

元請けとして仕事を受注するには、ライバルとの競争に勝つ必要があります。

ライバルに比べ、明らかにあなたの単価が高い場合は、よほどの事がない限り競争に負けてしまうでしょう。

さらに、単価を抑えつつ、見積りのための時間も作る必要が出てきます。

 

見積りを作るには、現場の大きさに応じた時間が必要になりますので、1日時間を使ってしまう事もザラにあります。

従業員や弟子がいない一人親方の場合、元請けの仕事を増やす事で稼げなくなってしまう事もありますので、注意が必要です。


元請けとして高単価を狙うために、一般家庭の貼替なども視野に入れるなら、支払い方法の幅を広げるクレジット決済導入はライバルに差をつける大きなポイントです。

実際に私自身も「工事代金の支払いはクレジットカードでお願いします」というお客さんに数多く出会いました。

毎月の固定費もかからず、無料であなたの事業にクレジット決済を導入する方法がありますので、興味のある方は関連記事をご覧ください。

新築、貼替、店舗、戸建て・・現場の内容で収入が変わる

現場の内容によって収入が変わる事はあります。

新築の戸建てより、箱物の方が一日に貼れる量は伸びますし、新築より貼替の方が検査も甘く、結果的に稼げます。

こういう事は実際にありますが、現場を選ぶ職人さんは発注する側から見ると嫌われます。

 

儲かる現場でも、手間のかかる現場でも文句を言わず愛想よく引き受けてくれる職人さんは、仕事を切らす事なくいつも忙しくしています。

現場を選ぶという姿勢は、最終的に現場を無くしてしまいますので、クロス職人として稼ぎたいなら「おいしい」現場を探すのはやめた方が良いかも知れません。

クロス職人は、現場が切れることなく毎日稼働することで、毎月40、50万は稼げますので一番大事なのは、気に入ってもらい仕事を切らさない事ではないでしょうか。

まとめ

稼ぐクロス職人になるための情報を記事にしてきましたが、最後に具体的にまとめたいと思います。

  • 月間の稼ぎたい金額を決め、1日に貼る具体的な数字を出す。
  • 綺麗な仕事を貫き、高単価な仕事を受注できるようにする。
  • 補修やクレームを出さない。
  • 元請けの仕事を増やすなら弟子を見つける
  • 現場を選ばない