おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

【おすすめ】店舗にキャッシュレス導入するならこの3つ

店舗のキャッシュレス

決済方法を充実させて売上を伸ばしたいという店舗オーナーが増えています。

と、言うよりも、消費者の利便性をあげる工夫は経営者の務めですので、すぐにでも「キャッシュレス化」に踏み切りたいところですよね。

しかしながら、キャッシュレス導入にはこんな不安があるのではないでしょうか?

  • キャッシュレス導入費用は高いのだろうか?
  • キャッシュレス決済を導入しても自分に使えるだろうか?
  • どの決済を導入すれば良いのだろうか?

このような悩みを解決するべく、10年以上前にお店をキャッシュレス化した私が、無料でキャッシュレスを導入できるおすすめのサービスを紹介します。

店舗におすすめのキャッシュレス決済

キャッシュレス導入の前に、まずは1番肝心な「お店をキャッシュレス化すると売上がのびるのか?」という本質的なところをお話しします。

私の場合では、「実店舗」以外に「ネットショップ」も運営していますので、そもそも、現金のみの決済方法では太刀打ちできません。

要するに、ネットショップではオンライン決済が当たり前だということです。

なぜこんな話をするのかと言うと、私がネットショップをはじめた当初は「銀行振込」のみの決済方法と言う店舗がまだまだ数多くありました。

ところが、みるみるうちに「オンライン決済」が普及し、銀行振込しか決済手段がない店舗はどんどん淘汰されてしまったという流れが、現在のキャッシュレス化とダブって見えるからです。

つまり、キャッシュレスに対応していないお店は遅かれ早かれ淘汰されるんじゃないかと感じています。

ですので、「売り上げが伸びるかも?」と期待するより「生き残る」ためにキャッシュレスに対応するべきだと思います。

ただ、キャッシュレス決済導入には「自分でも使えるだろうか?」という不安もあると思いますが、ここで紹介するキャッシュレス決済は端末の操作もシンプルで、はじめてキャッシュレス化するというお店でも安心して導入できると思います。

ということで、本当におすすめできる「キャッシュレス決済」を紹介します。

オールマイティーな「AirPay(エアペイ)」が1番おすすめ

airpay

チェックポイント
  • 月額固定費0円
  • 入金サイクル最大月6回、振込手数料無料
  • 導入費用が実質無料(※キャンペーン中)
  • ほぼすべての決済手段に対応
  • 決済手数料3.24%~

Air Pay(エアペイ)では、以下の決済手段に対応しています。

  • 主要クレジットカード
  • 交通系電子マネー
  • ID
  • QUICPay
  • Apple Pay
  • QRコード決済

つまり、Air Pay(エアペイ)を導入すれば、ほぼすべての決済手段に対応できるということです。

ちなみに、クレジット決済の導入は手数料がネックですが「Air Pay(エアペイ)導入者」の70%が売上増加につながってます。

また、既にカード決済を導入してるという人も「Air Pay(エアペイ)」を併用することで、入金サイクルを調整しキャッシュフローの改善が計れます。

Air Pay(エアペイ)必要機器

Air Pay(エアペイ)は、手持ちの「iPad/iPhone」と、契約後に送られてくる「カードリーダー」で決済できる仕組みです。

iPad/iPhoneに専用アプリ(Airレジ)をインストールすれば、高い料金を払ってPOSレジを導入する必要はありません。

Airレジ

Airレジは、お店の運営・経営に必要なさまざまな機能を、スマホやタブレットなど、スマートデバイス上で使えるようにしたアプリです。

かなり高機能で、費用も必要ない「Airレジ」ですが、対応しているのは「iPad/iPhone」だけなので、持ってなければ用意する必要があります。

ちなみに、Airレジの主な機能はこんな感じです。

  • 注文入力と会計
  • 売上の管理
  • 顧客管理
  • 国内最高レベルのセキュリティ
  • 手厚いサポート

ただ、Air Pay(エアペイ)では導入審査が厳しいという声もあります。

とは言え、お店の営業実績や大きな金銭トラブルでもなければ問題ありません。

とにかく、お店をキャッシュレス化したい方に1番おすすめしたいのが「Air Pay(エアペイ)」です。

参考までに、決済手数料を書いておきます。

Air Pay決済手数料
  • Visa、MasterCardR、American Express は3.24%
  • JCB、Diners Club、Discoverは3.74%
  • 交通系電子マネーは3.24%

導入が早く審査も優しい「Square(スクエア)」もおすすめ

square

チェックポイント
  • 月額固定費0円
  • 入金サイクル随時(最短翌日)
  • 導入費用が実質無料(※キャンペーン)
  • 申し込みが簡単
  • 決済手数料3.25%~

「とにかく急いでキャッシュレスを導入したい」という方や、「審査に自信が無い」と言う店舗オーナには「Square(スクエア)」がおすすめです。

キャッシュレス化でのSquare(スクエア)はライトな感じで・・・

手持ちの「スマホやタブレット」をカード決済端末として使えます。

メモ
Square(スクエア)は「iOSにもAndroidにも対応」しています。

また、Square(スクエア)は入金サイクルも「最短翌日」と早いので、必要な時にいつでも現金化が可能です。

さらに、数あるクレジット決済の中でも導入のハードルが低く審査も簡単。

今後はスマホ決済など、各種決済への対応も準備されています。

いろんな意味で、速さが特徴のSquare(スクエア)は申し込みから最短当日でカード決済の導入ができます。スピード感にはあっぱれですね。

要するに、Square(スクエア)は気軽にカード決済に対応したいという方におすすめです。※Square(スクエア)の詳細を知りたい方は関連記事をご覧ください。

square【Square】個人事業主のカード決済導入におすすめ!無料でかんたん!
Square決済手数料
  • Visa、MasterCardR 、Diners Club、American Express、Discoverは3.25%
  • JCBは3.95%

スマホQR決済が統一できる「TakeMe Pay(テイクミーペイ)」

TakeMe Pay

チェックポイント
  • 月額固定費0円
  • 共通QRコード決済が可能
  • 導入費用が無料
  • 済手数料 3%

スマホのQRコード決済では、多くの事業者が参入しているため決済ごとの対応が面倒です。

そんな悩みは「TakeMe PAY(テイクミーペイ)」を導入すれば全てのQRコードや、国際ブランドを一元管理できます。

つまり、「TakeMe PAY(テイクミーペイ)」一つあれば、煩わしい決済が大幅に楽になるということです。

先に紹介した「Square(スクエア)」をお考えでしたら、合わせて「TakeMe PAY(テイクミーペイ)」も導入することをお勧めします。



まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

この記事では、「お店・店舗のキャッシュレス化(導入)」について紹介しました。

ご覧のように私の最終的な結論は2択です。

まとめます。

こんな感じです。

「もっとキャッシュレスの会社を見たい」という方は関連記事もどうぞ。

個人事業主のカード決済導入を比較無料【おすすめ!キャッシュレス決済】個人事業主が導入したいカード決済の徹底比較「自営業・フリーランスOK」