【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

ロールスクリーンの特徴とメリット・デメリット

ロールスクリーン

窓を飾るアイテムには色々な種類があります。

中でも、空間をすっきりと演出したいときには、ロールスクリーンがぴったりです。

今回は、ロールスクリーンの特徴とメリット・デメリットについてお伝えします。

ロールスクリーンの特徴

ロールスクリーンの特徴

ロールスクリーンは、生地を巻き上げることで、上下に開閉するウィンドウトリートメントです。

1枚のシングルタイプと、1台で2枚の生地を操作できるダブルタイプがあります。

ロールスクリーンの素材には、厚地やレース生地のほかに、和紙、木製、竹などがそろっているので、洋室はもちろん和室にも向いています。

無地のロールスクリーンは極めてシンプルです。

なので装飾性には欠けますが、柄の選び方で雰囲気を変えたり、カーテンやブラインドと組み合わせることで、スタイリッシュな演出ができます。

ロールスクリーンのメリット

ロールスクリーンのメリットには、次のようなものがあります。

  • 操作が軽く窓まわりがすっきり
  • 採光と目隠しを両立
  • 同じ生地で別のアイテムとコーディネートできる
  • 間仕切りにも便利
  • ホームシアターのプロジェクターに
  • 吹き抜けの窓にもぴったり
  • 浴室にも使える

順番にみてみましょう。

操作が軽く窓まわりがすっきり

ロールスクリーンは、操作がとても軽いというメリットがあります。

生地を巻き上げるとコンパクトなパイプ状におさまるので、窓まわりがすっきりとした印象になります。

採光と目隠しを両立

自分の好きな位置で止められるロールスクリーンは、上方向からの視線をさえぎったり、やわらかな光を採り入れることができます。

同じ生地で別のアイテムとコーディネートできる

ロールスクリーンとコーディネート

ロールスクリーンと同じ生地をつかって、縦型(バーチカル)ブラインドや、パネルスクリーンプリーツスクリーンが作れます。

この方法は、同じ色柄でスタイルを変えたいときにおススメです。

たとえば、腰高窓にロールスクリーン、掃き出し窓に縦型ブラインドというようなコーディネートが自由に楽しめます。

間仕切りにも便利

窓に限らず、お部屋の間仕切りとしても活躍するのがロールスクリーンの魅力です。

リビングに続く和室を仕切ったり、キッチンパントリーの目隠しや、一つの空間を二つに分けるときの間仕切りにも活用できます。

このように空間を仕切ることで、個室のような使い方もできますし、空調の効きが良くなる場合もあります。

ホームシアターのプロジェクターに

自宅でホームシアターを楽しむときには、ロールスクリーンならプロジェクターなどの映写に利用することができます。

けれど全ての商品には対応していないので、シアター用に選ぶときは、適応商品であるかを確認しましょう。

吹き抜けの窓にもぴったり

ロールスクリーンは、吹き抜けの窓や傾斜窓にも向いています。

高い位置の窓に取りつける場合は、操作も面倒になる可能性があります。

このようなケースでは、離れた場所からでもリモコンひとつで簡単に操作できる、電動式がおススメです。

電動式はコンセントの確保が必要です。

タペストリーとしても

好みの生地を、壁掛け(タペストリー)として使うこともできます。

インテリアのアクセントが欲しいときに、手軽に楽しめる使い方です。

浴室にも使える

透けにくいスクリーンの生地を採用することで、浴室のプライバシーを守ります。

浴室用のロールスクリーンは、機構部に錆びにくい処理がされているので、水周りでも安心して使うことができます。

さらに、ネジが使えない窓やタイル地でも、テンションタイプを使用すれば簡単に取りつけられ、穴を開ける必要がありません。

ロールスクリーンのデメリット

次に、デメリットをみてみましょう。

  • 光漏れが生じる(窓枠内の設置や、2台以上を並べて取り付ける場合)
  • 風にあおられて音が鳴る
  • カーテンに比べると断熱性に劣る

光漏れが生じる

ロールスクリーンを窓枠内に納める場合(天井付け)、または2台以上のスクリーンを横に並べて取りつける場合は隙間が空いてしまいます。

なので、陽射しが気になる場所や遮光が必要なときは、隙間から光が漏れてしまう可能性があるので注意が必要です。

すき間が生じる原因は、ロールスクリーンのレール部(機械部)とスクリーン本体の大きさの違いにあります。

※光漏れについて興味のある方は、こちらの記事を参考にして下さい。

【ロールスクリーンの遮光】すき間からの光漏れを解消するアイテム

風にあおられて音が鳴る

部屋に風を入れたいとき、窓を開けたままロールスクリーンを降ろしていると、スクリーン下側のボトムレールが窓枠にあたり、カタカタと音がする場合があります。

なので、うるさいと感じることがあるかもしれません。

ロールスクリーンを全開すれば音はなりませんが、頻繁に換気などを行う場所には向いていないといえます。

カーテンに比べると断熱性に劣る

ヒダ仕様のカーテンは、窓と生地の間に空気の層ができるため、比較的に暖かさを感じやすくなります。

対して、ロールスクリーンはフラットな1枚仕立てという事もあり、カーテンに比べると断熱性に劣ります。

ロールスクリーンはなぜ人気なのか

窓枠内では光漏れしやすい点や断熱性に乏しいとはいえ、ロールスクリーンは人気があります。

その理由には、軽い操作性と空間をすっきりみせる点に於いて、どの窓装飾エレメントにも勝るという点が挙げられます。

また、間仕切りやプロジェクターなど、窓以外にも色々な使い方ができるのでとても便利です。

ロールスクリーンは、カーテンやブラインドなど、その他のアイテムとも相性が良く、さまざまなコーディネートに向いています。

部屋のコンセプトは人それぞれですが、シンプルなインテリア空間を目指すならロールスクリーンがおススメです。

※ロールスクリーンの取り付けについては、こちらの記事を参考にして下さい。

【ロールスクリーンの取り付け方】自分でできる簡単DIY

まとめ

今回はロールスクリーンの特徴と、メリット・デメリットについてお伝えしました。

無地ならよりシンプルに、柄物を取り入れればさり気ないおしゃれ空間が実現できるロールスクリーン。

それぞれの空間に合わせて、素材選びを楽しんでみてはいかがでしょうか。