おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

リビングのカーテンにかかる費用と安く抑える方法

リビングのカーテン費用

リビングのカーテンをできるだけ安く抑えたいとお悩みではありませんか?

新築や引っ越しでは思わぬ出費がかさみ、予算が限られている場合は、どこを抑えればいいのか迷ってしまうもの。

そんなとき、ふとカーテンの予算を削りたいと思う方も少なくないと思います。

今回は、リビングのカーテンにかかる大まかな費用(概算)と、価格をおさえる方法についてお伝えします。

リビング・スタイル別の参考価格(窓3ヵ所の場合)

リビングのカーテンにかかる費用

まず、リビングのカーテン費用を最小限に抑えたい場合、その方法はあるでしょうか?

結論から言うとあります。

窓の数やサイズは建物の状況で異なるため、もちろんお伝えする方法に該当しない場合もあります。

なので、ご自身のケースに当てはまるかを想定して、参考にして頂けたら幸いです。

ここでは一般的な窓サイズを例に、リビングの窓を3ヵ所として、それぞれのスタイル価格を算出してみたいと思います。

(参考例・オーダーの場合の見積り価格です

※掃出窓:横幅200cm / 高さ200cm(2ヵ所)
※腰高窓:横幅100cm / 高さ135cm(1ヵ所)
横幅は、レールの長さでみています。
※税別表示です。

カーテンの場合(1.5倍ヒダ)

厚地+レース生地

巾200cm 丈200cm(2ヵ所)→ 厚地ドレープ9,360円・レース8,630円×2ヵ所=35,980円

巾100cm 丈135cm(1ヵ所)→ 厚地ドレープ5,170円・レース3,850円=9,020円

カーテンレール(ダブル)2m×2ヵ所 → 3,400円×2セット=6,800円

カーテンレール(ダブル)1m×1ヵ所 → 1,600円

53,400円

バーチカル(縦型)ブラインドの場合

厚地+レース生地

巾200cm 丈200cm(2ヵ所)→ 47,680円×2ヵ所=95,360円

巾100cm 丈135cm(1ヵ所)→ 29,860円

125,220円

木製(ウッド)ブラインドの場合

巾200cm 丈200cm(2ヵ所)→ 37,450円×2ヵ所=74,900円

巾100cm 丈135cm(1ヵ所)→ 18,530円

93,430円

ダブルシェードの場合

厚地+レース生地

巾200cm 丈200cm(2ヵ所)→ 47,200円×2ヵ所=94,400円

巾100cm 丈135cm(1ヵ所)→ 28,760円

123,160円

ダブルロールスクリーンの場合

厚地+レース生地

巾200cm 丈200cm(2ヵ所)→ 27,550円×2ヵ所=55,100円

巾100cm 丈135cm(1ヵ所)→ 18,590円

73,690円

参考例は、それぞれのスタイルを、お求めやすい商品の価格で算出してみました。

リビングの3ヵ所とはいえ、オーダーの場合は、選ぶカーテンのスタイルによって価格も変わりますし、窓のサイズやレースカーテンの有無でも、大きく差が開きます。

※新築時のカーテン費用について興味のある方は、こちらの記事も参考にして下さい。
新築戸建てのカーテンにかかる費用(予算)と選び方

新築戸建てのカーテン予算と選び方新築戸建てのカーテンにかかる費用(予算)と選び方

サイズが合うなら既製カーテンがお得

既製カーテン

このような理由から、オーダーが高いと感じる場合は、リビングの窓サイズを改めて確認してみましょう。

窓のサイズが既成カーテンに合えば、価格を抑えることが可能です。

既製カーテンとは、大型量販店やホームセンター、ネット通販などで手軽に購入することができる、規格サイズのカーテンのことです。

販売店によって価格は様々ですが、一般的な既製カーテンのサイズは下記の通りです。

〈既製サイズと価格〉※カーテン1枚あたりのサイズと価格

  • 巾100cm×丈135cm(レースは丈133cm)※約2,310円~
  • 巾100cm×丈178cm(レースは丈176cm)※約2,540円~
  • 巾100cm×丈200cm(レースは丈198cm)※約3,000円~

これらのサイズに該当すれば、お気に入りが見つかることで、リビングのカーテンにかかる費用を抑えることができます。

リビングのカーテンを安くする方法

既製サイズで探してみる

通販サイトには、カーテンやロールスクリーン・ブラインドなどを、予めサイズの決まった既製サイズで販売しているお店があります。

なので、リビングのカーテンスタイルが決まったら、オーダーの前に既製サイズをチェックしてみると、限られた予算やイメージに合う商品がみつかるかもしれません。

スミノエのデザインライフカーテン

既製カーテンには、繊維の老舗メーカー、スミノエが販売している(デザインライフ)という商品があります。

日本製にこだわり、北欧柄をモチーフにしたデザインや遮光生地など、おしゃれなラインナップが多数揃っています。

一部の既成商品はオーダーにも対応しているので、窓のサイズに合わせて作ることも可能です。

※デザインライフのカーテンはこちらの記事でも紹介していますので、興味のある方は覗いてみて下さい。
【スミノエ デザインライフ】北欧カーテン45選!遮光生地を集めました

北欧カーテン【スミノエ デザインライフ】北欧カーテン45選!遮光生地を集めました

まとめ

今回は、リビングのカーテン費用を安く抑える方法についてお伝えしました。

新しい場所での生活にも、必ずカーテンは必要です。

予算を重視するのか、あるいはスタイルや品質に拘るかで、それぞれの選択肢も異なります。

リビングは特に家族や皆が集まる空間なので、お金をかけたいという人もいれば、部屋の種類に関わらず安く済ませたい人もいます。

納得のいくカーテンのスタイル選びには、予算をかける空間と、抑えたい空間を使い分けることが、最もベストな方法だといえるでしょう。