【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

【これが正解】クロス屋さんが日当を簡単に上げる方法

クロス職人の日当を上げる

親方

クロス職人の親方をしている私がクロス屋さんの日当を上げる方法を紹介します。

クロス工事をしていると、作業がきつい割には対価が少ないと感じることもあります。

これは全国どこでも共通のことだと思いますが、もう一つ全国共通でいえることは「稼いでる職人は稼いでいるという事」ではないでしょうか。

簡単に日当を上げるような方法があれば、知りたいと誰でも思うでしょうが、実践するかはあなた次第です。

参考になる保証はありませんが、この記事ではクロス職人が日当を上げるために必要なマインドを紹介したいと思います。

日当を上げるために必要なスキル

「ハッキリ言えるのは日当を上げるためのスキルは存在します」

そのスキルとはズバリ「営業力」です。

自信を持って言いましたが、信頼してもらうために私の実績をいうと

  • 一人親方の職人から会社組織にした
  • 担当営業マンの顧客では売上ランク1位である

こんな感じ。

分かりにくいので下記に捕捉します。

一人親方の職人から会社組織にした

私は一人親方でやっていましたが、いまでは会社組織のトップです。

なので、クロスを貼ることは滅多にありませんが独立当初は結構苦労しました。

どうすれば稼げるようになれるのか模索しながら頑張り、おかげで何とか今の私があります。

このあたりは長くなるので【クロス職人の独立】ベテランが自己紹介を兼ねて独立したてのクロス屋さんにアドバイスしますという記事をごらんください。

担当営業マンの顧客では売上ランク1位である

これはどういうことかと言うと、私の会社を担当してる問屋さんの営業マンの話です。

顧客の中では私が一番売り上げていると直接営業マンに聞きました。

なので、実際稼いでる私が書くこの記事の信憑性はあるではないかということです。

自慢するために書いたのではなく、日当を上げる方法を信用してもらうために書きました。

もし、気分を害したら申し訳ないです。

日当を上げるためのスキルは営業力

繰り返しになりますがこれは事実です。

とはいえ、以下のような仕事は稼ぎにくいです。

  • 大手ゼネコンの下請け
  • 内装会社の専属職人
  • メーカーや問屋などの下請け

このような仕事でも稼げなくはないのですが、基本的には労働の対価です。

対価とは、自分の作業量に対する見返りなので、稼ぐというと少し違うのではないでしょうか。

では、稼ぐとはどういう事でしょうか。

  • 労働以上の収入がある
  • 自分が働くことなく利益が上がる

だと思います。

このことを理解しておかないと稼げることはないので…

なぜなのか?

理由を掘り下げてみます。

下請けでは利益率が上がらない

下請けの職人でいる以上は「単価」がもっとも気になるポイントだと思います。

理由は「たくさん貼らずに稼ぎたい」から。

逆に「単価」を気にせず仕事をしてるなら、申し訳ないですが稼げることはありえません。

手間請けの収入は簡単な算数なので、どこかの数値を上げなければ収入は増えません。

「単価」なのか「貼る量」なのか。

一般的に貼る量を上げるのは限界があるし、大変なので「単価」に目がいきますよね。

しかし、手間請けでは単価が上がらないことは知っての通りだと思います。

結論として下請けでは稼げません。

それでは「元請けなら稼げるのか」というと「稼げる人もいる」し「稼げない人もいる」

という答えになります。

稼げる元請けになって日当をあげる

すこし話がそれますが、下請けの仕事でも倒産することはあります。

基本的には元請けから集金できない時です。

それでも、倒産することは「まれ」だと思います。

しかし、元請けになると倒産のリスクが上がります。

仕入れの分だけ資金が必要なので。

なにが言いたいのかというと、元請けになったとしても儲けがないと倒産するという事。

ようするに、「元請けなら稼げるのか」に対する答えです。

それではどんな仕事なら、元請けで儲けが出るといえるのでしょうか。

「回収が間違いなくできて、粗利率の良い仕事」となります。

そんなことは分かっていると怒られそうですが、クロス職人をやってるならここを目指さないと稼げません。

「分かっている」ことと「目指すこと」は違うのです。


稼げる元請けになる方法

長くなってきましたので、簡潔に書いていきたいと思います。

結論からいうと「稼げる仕事は一般家庭」の仕事です。

一般家庭の人は、宣伝をしないクロス屋さんを見つけることは難しいので…

  • 工務店
  • リフォーム会社
  • 設計事務所

などに依頼します。

なので、仲介料が上乗せされた高い工事費用を支払っています。

もちろん、仲介業者も社員に支払う給料や経費が必要なので仕方ないとはおもいますが…

逆に考えれば「社員の給料」や「会社の利益」がでるほどの単価で工事しているということになりますよね。

それだけ市場が潤っていることが分かると思います。

「稼げる仕事は一般家庭」と言いましたが、回収率が良いなら一般家庭に限らず

  • アパートのオーナー
  • 店舗

なども視野に入れるべきです。

要するに、個人相手の商売ですね。

先程もいいましたが「分かっている」ことと「目指すこと」は違うので、目指した人にしか辿り着けないと思います。

ぜひ目指してください。

とはいえ、どんどん営業しましょうという単純な話ではありません。

具体的な方法は他の記事にも書いていますが【売上アップ】クロス職人が貼らずに稼ぐ思考法|年を取っても貼り続けるの?あたりから読んでいただくと分かりやすいかなと思います。

まとめ

この記事では日当を上げることをテーマに話してみました。

稼ぎたいという方は思考を変えることをお勧めします。

思考を変えることが一番重要なのは科学的にも証明されていますので、まずは少しづつでも考え方を変えることが稼ぐことにつながると思います。