【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

【完全遮光1級カーテン】防音(遮音)としての効果やメリット・デメリット

完全遮光1級カーテン

窓からの陽射しが眩しい時や、プライバシー保護にも役立つ「遮光1級カーテン」

遮光機能は、まずカーテン選びの選択肢として挙げられますが、空間の居心地を左右してしまう大切な要素でもあります。

よって使い方や目的に応じた遮光等級を選ばなくてはいけません。

今回は、遮光カーテンの中で最も効果が高く、防音(遮音)機能にも優れた「完全遮光1級カーテン」について解説したいと思います。

完全遮光1級カーテンとは?

では遮光1級カーテンと、完全遮光1級カーテンには、どのような違いがあるのでしょうか?

結論から言うと、その大きな差は縫製加工の違いによるものです。

普通の遮光1級カーテンといえば、光を遮る機能として十分すぎるほどの効果があります。

ですが、カーテンの色や生地の厚さ・素材により、糸と糸との間に生じる小さな隙間から、かすかな光を感じてしまう可能性も全くないとは言えません。

またカーテンを縫製する際に、生地を縫い合わせるミシン穴から光が漏れてしまうことも考えられます。

これに対し、完全遮光1級の生地には、裏側に特殊なラミネート樹脂がコーティングされています。

そのため繊維のすき間が埋まり生地の密度が増すことで、熱を遮断するのはもちろん、外からの騒音を低減したり、室内の音を外部に漏れにくくする防音(遮音)効果が期待できるのです。

さらには、「かぶせ縫い」という縫い方で、カーテンのつなぎ部分による縫い目からの光が漏れないように工夫されています。

完全遮光1級カーテンの効果

  • 遮光性が高い(遮光率99.99%~100%の高い遮光性能)
  • 遮音性がある(特に高音域の遮断を効果的に室内外への防音効果を高める)
  • 遮熱性がある(太陽光による熱を反射し室内温度の上昇をおさえる)

とはいえ完全に音を遮断できるものではなく、たとえ完全遮光でも、環境の違いから100人が全員とも完璧な遮光!と捉えられるかどうかは非常にデリケートで難しい問題だといえます。

※遮光カーテンの等級や効果の違いについては、こちらの記事も参考にして下さい。

【遮光カーテン】1級・2級・3級の違いと光漏れを防ぐ取りつけ方

室内の温度上昇や家具の日ヤケ防止にも

厚地のカーテンはふつう夜に使用するものなので、昼間はレースカーテンで過ごされる方が多いのではないでしょうか。

それでも夏の陽射しが強い部屋では、日中の室内の気温の高さや家具などの日焼けは気になるもの。

昼間でも厚地のカーテンを閉めているお部屋もあるでしょう。

このようなケースでは、完全遮光1級カーテンなら室内の温度上昇を抑えることができるので、省エネ対策につながります。

またリビングなどの主とした空間でも、出勤前やお出かけの際にカーテンを閉めておけば、太陽光の強い日差しによる床材や家具の色あせを防ぐこともできます。

防音(遮音)カーテンとしての高い機能

完全遮光1級カーテンの 遮音効果

完全遮光1級カーテンと呼ばれるものは、その多くが防音(遮音)カーテンとしても効果を発揮します。

つまり光を遮るだけではなく、音を吸収する機能もあるのです。

住まいの環境は人それぞれですが、特に道路に面した住宅では、車の音がうるさくてテレビの音が聞こえないというケースや、空港の近くでは飛行機の騒音で眠れないといったお悩みを抱える方もいらっしゃいます。

また自宅で楽器の演奏や練習をしたり、オーディオのボリュームを上げた音楽活動、ホームシアターなどを満喫するには、逆に近隣への音漏れが気になるのではないでしょうか?

このような音に関する悩みはとてもデリケートなので、カーテンだけで解決するにはかなり難しい問題ですが、いつものカーテンを完全遮光1級(防音)に変えるだけで、悩みが緩和されるかもしれません。

※防音カーテンに興味のある方は、こちらの記事を参考にして下さい。

防音カーテンでできるピアノルームやホームシアターの遮音対策

完全遮光1級といっても、素材はいろいろ

このように、遮光と防音に効果のある完全遮光1級カーテンですが、素材には様々なものがあります。

完全遮光1級の特徴ともいえるコーティングには、アクリル樹脂や、ラミネートアルミコーティングなどがありますが、生地本体の厚みや感触もバラバラです。

なので購入前には、必ず生地サンプルやショールームで確認したほうが良いでしょう。

ラミネート加工の完全遮光1級(防音)カーテン

こちらは、生地の裏面にラミネート加工をしている完全遮光1級の防音カーテンです。

完全遮光1級 遮音カーテン 裏面ラミネート加工(画像参照リリカラ)
参考画像:リリカラ

fd52401 遮音 遮光1級生地

fd52401 ラミネート加工 遮光生地裏面

素材自体は、薄手に仕上げられています。

リリカラ ハイパー遮光カーテンの断面図 ラミネート層を含む4層構造
参考画像:リリカラ

このように生地の裏側がポリウレタンとラミネート層を挟む4層構造になっています。

生地の表側と裏側が、どちらも熱に強いポリエステル生地でできているため、キズにも強いのが特徴です。

アクリル樹脂とアルミコーティングの完全遮光1級(防音)カーテン

こちらは、生地の裏面にアクリル樹脂とアルミコーティング加工をしている完全遮光1級の防音カーテンです。

完全遮光1級 遮音カーテン アルミコーティング加工とアクリル樹脂加工(画像参照リリカラ)
参考画像:リリカラ

fd52406 遮音 遮光1級生地

fd52406 アルミコーティング 遮光生地裏面

こちらも薄手のタイプで、生地の裏側にアルミコーティングをすることで、防音(遮音)機能や遮熱効果を持たせています。

ここでは2種類のカーテンをご紹介しましたが、コーティングの種類が違うことにより、生地の裏面も違うのがお分かりいただけると思います。

また完全遮光1級のカーテンは、このような特殊加工により、普通のカーテンよりも重くなる可能性があるため、できるだけ開け閉めの少ない窓や、防音効果が必要なときに選ぶのがいいでしょう。

光りを遮るだけが目的なら、普通の遮光1級カーテンで十分効果があります。

※お求めやすい遮光1級や完全遮光カーテンが気になる方はぜひ参考にして下さい。

楽天で遮光1級のカーテンを探す

楽天で完全遮光1級のカーテンを探す

楽天で防音カーテンを探す

完全遮光1級(防音)カーテンを取りつける際の注意点

前述のように、完全遮光1級カーテンは裏側のコーティングや樹脂加工によって、普通のカーテンよりも重量が増します。

なのでカーテンの重さに耐えられず、レールごと落下してしまう可能性も否めません。

完全遮光1級カーテンを取りつける場合は、重さに耐えられるカーテンレールを選ぶことも重要です。

窓の大きさやカーテンの重量にも注意してレールを選びましょう。

完全遮光1級カーテンのメリット

  • 電車や車などの騒音を低減できる(防音効果)
  • 近所を気にせず室内で楽器の演奏ができる(防音効果)
  • ホームシアターが楽しめる(防音効果)
  • 遮光に加え遮熱効果もあるので陽射しの強い窓や温度上昇を防ぐのにも最適
  • 外に明かりが漏れないので室内のプライバシーが守れる
  • 家具や室内の日焼け・色あせ防止
  • 深い眠りの効果がある

完全遮光1級カーテンのデメリット

  • 朝になっても外の明るさを感じられない
  • 室内は暗くなる
  • 普通の遮光カーテンに比べて重量がある
  • 普通のカーテンよりも価格が高め
  • 裏地がおしゃれとは言えない
  • 自宅で洗濯できないものがある

※手持ちのカーテンを遮光にする方法もあります。興味のある方はこちらを参考にして下さい。

【遮光カーテンのつくり方】手持ちのカーテンに裏地をつける簡単ウラ技

まとめ

騒音や外部への音漏れにお悩みなら、完全遮光1級(防音)カーテンがおススメです。

防音カーテンには、大手通販サイトで購入できる格安なものから、オーダーの高級なものがあります。

防音の目的や予算に応じて上手に選びましょう。