カーテンバランス|採寸方法から取付け方まで

カーテンバランス

「カーテンバランス」でお洒落と快適空間を実現!

もう少しお洒落な部屋にしたい。何だか部屋が殺風景。窓からの光漏れが気になる・・なんてお悩みではありませんか?

そんな貴女にとっておきのウィンドウトリートメントが『カーテンバランス』です。

あまり聞き慣れない言葉かと思いますが、装飾性と機能性に優れたおしゃれなアイテムなんです。バランスを付けるだけで、空間の印象がグッと変わります。

ここでは、カーテンバランスの種類から採寸方法、取付け方などについてご紹介します。

カーテンバランスって何?

カーテンバランスとは、カーテンの上部に取付ける上飾りの事で、トップトリートメントとも呼びます。

真っ直ぐなストレートラインのもの、プリーツやギャザーを施したもの、優雅なウェーブを特徴としたもの等、そのデザインや種類は豊富です。

トップトリートメントには、大きく分けて
バランス」と「コーニス(ぺルメット)」の2種類があります。

バランスは、生地を仕立てたものや金物をあしらったものがありますが、比較的柔らかな印象の装飾を指します。

コーニスは、箱形の板や芯地を用いて平面的に仕上げた装飾のことを指します。板状のため凹凸が少なくバランスに比べると比較的堅い印象です。

上飾りは高貴な場所で目にする機会が多く、一見華やかなイメージなので家庭には大げさで馴染まないと思われがちですが、決してそんなことはありません。

一般家庭にも広く利用されていて、シンプルなものから小ぶりで可愛らしいもの、モダンでスタイリッシュなものまでオリジナリティーが出せるのもカーテンバランスの魅力なのです。

バランスの種類

バランスの形は、大きく分けると下記の10種類に分類されます

ストレートバランス

リリカラによる無償提供画像

生地の柄をそのまま活かせるフラットなバランス

三ッ山バランス

リリカラの無償提供画像

上部を三ッ山でつまんだエレガントなバランス。

ギャザーバランス

リリカラの無償提供画像

上部をギャザーテープでつまんだ可愛らしいバランス。

箱ヒダバランス

リリカラの無償提供画像

美しくたたまれたヒダが特長のシンプルなバランス

クラシックバランス

リリカラの無償提供画像

裾にウェーブをあしらったリズミカルなバランス

キングストンバランス

リリカラの無償提供画像

ヒダと1スワッグ(一つの半円)を一体につなげたバランス

スワッグバランス①

リリカラの無償提供画像

スワッグ(半円)と両端にテール(垂れさがり)の付いたバランス

スワッグバランス②

リリカラの無償提供画像

ゆったりとした1つのスワッグと、両端にテール(垂れさがり)の付いたバランス

スワッグバランス③

リリカラの無償提供画像

数個のスワッグを組み合わせ、両端にはテール、裾にフリンジの付いたバランス

スワッグバランス④

リリカラの無償提供画像

2連スワッグの中央に、ネクタイのような帯と両端にテールの付いたバランス

このように、画像はバランスの基本的なスタイルですが、その他にも様々な形で作れます。
※カーテンメーカーによって、それぞれの呼び方(名称)が異なります。

カーテンバランスの役割は?

バランスは何といっても、窓をおしゃれに演出する装飾性が目的ですが、それ以外に機能性としての役割もあります。

●窓や空間をおしゃれに演出
●窓の奥行きや高さの演出
●遮光機能を高める
●窓からの光漏れを防ぐ
●カーテンレールを隠す

カーテンバランスはどうやって買う?

バランスは一般的につけたい場所や窓のサイズに合わせたオーダーになるため、カーテン専門店または通販サイトでの購入になります。
中には、ご自身で手作りされるという方もいらっしゃいます。

カーテン生地と同じ柄で揃えたり、別の色柄を組み合わせたり、バラエティーに富んだコーディネートが楽しめるのも魅力です。

また、裾に付ける飾り(フリンジ)にも色んな種類があります。

カーテンバランスに相応しい生地は?

芯地を使ったストレートタイプのバランスには、厚めの生地でも特に問題ありませんが、ギャザーバランスやスワッグバランスなどのヒダをたっぷりとったスタイルには、比較的に薄地が向いています。

その理由として、厚地の場合はプリーツがゴワついた印象になりやすくヒダの美しさに影響することがありますが、薄地の場合は細かい曲線がでやすいので優雅なプリーツを表現できます。

こうした仕上がりのイメージは、生地だけではなくサイズによっても見た目に違いがでるので、生地選びの際にお店の方に相談されるのがおすすめです。

カーテンバランスの採寸方法は?

バランスは、一般的にレールの長さを基準として測ります。(専用のバランスレールを使います)

バランスレールに取付ける場合

●≪バランスレールが付いてる場合

 

【横幅】→ バランスレールの正面巾左右の奥行き(15cm+15cm)

【高さ】→ バランスレールの取付位置から希望の長さ(※美しく見える比率は、カーテンの総丈に対して15%~20%)

 

●≪バランスレールが付いていない場合(仮採寸)

 

※カーテンレールを目安(バランスレールは後から準備します)

【横幅】→ カーテンレールの横幅横幅ゆとり(約10cm)左右の奥行き(15cm+15cm)

【高さ】→ カーテン総丈の約15%~20%が目安です (バランスレールの取付け位置を考慮する)

カーテンボックスに取付ける場合

カーテンボックスとは、カーテンの上部やレールを隠すための箱型の建材のことです。

●≪カーテンBOXに取り付ける場合

 

【横幅】→ カーテンBOXの横幅左右の奥行き(15cm+15cm)※コの字型

【高さ】→ カーテンBOXの高さ。又は、BOXから希望の長さまで。

 

●≪左右の奥行きなし、直線的なBOX、又は梁などに取り付ける場合

 

【横幅】→ カーテンBOX(梁)の横幅

【高さ】→ カーテンBOX(梁)の高さ。又は、BOX(梁)から希望の長さまで。

カーテンバランスの取付けは?

バランスの一般的な取り付け方

tosoの無償画像

バランスを取り付ける専用レール

画像提供 toso

バランスの取り付け方

バランスは、基本的にバランス専用レールを使用して取り付けます。(※図A参照)

バランスレールには、マジックテープのオス(触るとチクチクする方)が付いています。
一方、バランス生地には、マジックテープのメス(触ると柔らかい方)が付くので、ピタッと合わせて取り付けます。(※図B参照)

バランスレールは「直角コーナータイプ」と「コーナータイプ」が作れます(※図B参照)

バランスレール以外の取付け方

バランスレール以外の取り付け方法としては、カーテンBOXや、などがあります。

この場合、予め下地の有無をチェックしなければいけませんが、下地に問題がなければ、バランス生地についている取付け代(のりしろのようなもの)に、住宅専用のホッチキス又は、ビスか釘を使用して取り付けます。

BOXや梁にマジックテープで取り付ける場合も、補強のため住宅専用のホッチキスか、ビスや釘を打つのが望ましいです。(マジックテープだけではズレ落ちる可能性があります)

バランスの理想的な高さは?

バランスの高さは、一般的にカーテン丈の約15%程度が理想的です。
カーテンの
総丈や、窓の高さ、バランスレールの取付け位置を考慮しながらサイズを決めます。

カーテン生地以外のバランス?

バランスは、カーテン以外にも、ブラインドロールスクリーンシェードの組み合わせにもマッチするので、コーディネートの幅がグンと広がります。

ブラインドには、専用のBOXタイプのものを合わせると、スッキリとシャープな印象でカッコよくなりますよ!

画像提供 ニチベイ

カーテンと一体型でも作れる

専用のバランスレールや、カーテンBOX以外でも、カーテン本体にバランスを縫い付ける方法だったりダブルレールの手前側にバランスだけを取り付ける事も可能です♪

バランス付カーテン 画像提供 サンゲツ

カーテンバランスは装飾レールにも取付けできる?

装飾レールにも、バランスは付けられます。

しかしマジックテープではなくフックを使用して取付けるため、重量のあるスワッグバランスのようなスタイルは基本的に向いていませんし、見た目にも問題が出てきます。

なので、ギャザーバランスや三ッ山バランスなどの比較的軽いスタイルが向いています。

バランス取付け前の確認作業

バランスを取り付ける前に、確認すべき事は、「下地の確認」です。

バランスレールは一般的に、下図のように、カーテンレールと組み合わせて、真上に重なるよう取り付けますが バランスレールのみで使用する場合もあります。

いずれにしても、必ず下地のある個所にビスを打たなければいけないので、しっかりと確認しましょう!

画像提供 toso

バランスを付けられないケースは?

バランスを付けたいけど、下記のように付けられないケースがあります。

●賃貸マンションで壁にビス穴を開けられない。

●希望のバランススタイルと、取り付け位置または、窓の形状が合わない。

最後に

窓がより素敵になるカーテンバランスについてご紹介しました。

ナチュラルからエレガントまで、見た目もお洒落で機能性抜群のカーテンバランス。
決して敷居の高いものではありませんので、バランスで更に素敵なお部屋の模様替えを応援します♪

弊社は、カーテンバランスのオーダーも承っております。
ご相談やお見積もりは無料ですのでお気軽にご連絡下さい。

インテリアショップWORK’s
フリーダイヤル📞0120-117-806
メールでのお問い合わせはこちら

カーテンとバランスの生地やお見積りはこちらをご覧ください(インテリアショップWORK’s)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)