【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

【防音カーテンで解決!】ピアノルームやホームシアターの遮音対策

防音カーテン

窓装飾プランナー

窓装飾プランナーが「防音カーテン」について解説します。

自宅でホームシアターを楽しんだり、ピアノを思いっきり弾きたい時に頭をよぎるのが、お部屋の防音対策ではないでしょうか?

これらの音に関する悩みは、引っ越し先でも常につきまといます。

好きなピアノや音楽、映画などを自由に楽しむためには、切り離せない音の悩み。
外部への音を気にすることなく快適に過ごしたいですよね。

今回は、室内の音を漏れにくくするために高い効果を発揮する、防音カーテンをご紹介します。

防音(遮音)カーテンとは?

防音カーテンは、音を遮る目的で作られたカーテンのことで、遮音カーテンとも呼びます。

生地の裏側に特殊なコーディングやラミネート加工(※1)をすることで、音への吸収力が高まり、音が外部に伝わるのを防ぐ効果があります。

さらに遮光性(※2)や、遮蔽性(※3)を併せもつものもあり、省エネ効果においても期待できます。

(※1)ラミネート加工とは、複数の材料を貼り合わせて積層させる加工のこと。

(※2)遮光性とは、光を遮る効果があること。

(※3)遮蔽性とは、外部からの視線などをさえぎること。

ピアノルームの防音対策

ピアノ 防音対策

ピアノをお持ちの方にとって、特に防音対策は日ごろから悩まされる問題ではないでしょうか?

もっとピアノを自由に弾きたいのに、周囲への音が気になり、時間帯を選んで演奏している方、大きい音が出せず遠慮がちに演奏している方、近所からのクレームがくるのではと、心配しながら演奏しているという方も、少なくないかもしれません。

このような状況では、思いっきり楽しめるはずのピアノもだんだんと苦痛になり、ピアノを弾く機会まで減ってしまう可能性があります。

そんなお悩みを解決するのが、外部への音をしっかり遮ってくれる遮音(防音)カーテンです。

いつものカーテンを防音カーテンに変えるだけでも、音の悩みから解放される可能性は高いです。

ホームシアターの防音・暗幕対策

自宅でのスポーツ観戦や映画鑑賞など、ホームシアターを楽しむ方も増えています。

家に居ながら映画館のような迫力を実感できるのが、ホームシアターの醍醐味ですよね!

テレビの音が左右のスピーカーから流れるのに対し、ホームシアターは前後左右からの音を楽しめるのが特徴です。

つまり、観ている人を取り囲むサラウンドという方式を採用しているため、360度のあらゆる角度から音に包まれる感覚が楽しめるわけです。

なのでホームシアターで音響効果や映像を満喫するためにも、防音の対策は欠かせません。

さらに防音(遮音)効果だけでなく、ホームシアターに必要な暗幕効果にも期待できるのが、防音カーテンなのです。

防音カーテン(サウンドガードⅢ)

防音カーテンの中でも、とりわけ効果を発揮するのが、スミノエ(カーテンメーカー)の防音カーテンサウンドガードⅢです。

下記の表から、一般的なコーティングの遮音カーテンと比較しても、その機能の高さが分かります。

防音カーテン サウンドガード 音響透過損失試験

サウンドガードは、生地に特殊なラミネート加工(※1)と、高密度の遮音層にエンボス加工(※4)を施しています。

そのため、生地は非常に厚く重さがあり、優れた防音効果を発揮します。

ハイレベルな遮音性と高い遮光効果によって、ピアノルームやホームシアターにも大変適しているといえます。

とはいえ、カーテンだけで完全に音を遮断できるものではありません。

(※1)ラミネート加工とは、複数の材料を貼り合わせて積層させる加工のこと。

(※4)エンボス加工とは、織り物などの生地に型のついたローラーで熱をかけて凹凸の押し型模様を付ける加工のこと。

防音タイプ①・サウンドガードカーテン

スミノエ 防音カーテン サウンドガード

こちらが、防音カーテン サウンドガードⅢです。

見ための風合いや肌触りは、フラットカーテンそのもの。

窓枠の内側に取りつける際には、開口部にすき間なくぴったりと納まるので、圧迫感を感じさせません。

ただ防音カーテンのように、生地の裏面が分厚くコーティング加工されているものは、重量もありますし、生地が厚すぎると見た目を損なう可能性もあります。

なので、防音カーテンに於いては、装飾よりも機能面を重視した方が良さそうです。

スミノエ 防音カーテン

こちらは、カーテンを開いたときのイメージです。

防音カーテン サウンドガード

防音性能は、カーテンの吊り方が大きく影響します。

裾や脇にもすき間をつくらないよう、開口部いっぱいに取り付けるのが最も理想的です。

防音カーテン サウンドガード 生地

サウンドガードの上部(取り付け面)を裏側からみた画像です。

サウンドガードには、遮音性を高めるため、本体の上下に取り外しができる、すき間隠しの共生地がついています。

防音タイプ②・サウンドガードシェード

スミノエ 防音シェード サウンドガード

こちらは、防音シェードのサウンドガードⅢ(※5)です。

このように、お部屋の正面側に取りつける場合でも、窓枠にしっかりとフィットするのですき間を心配する必要がありません。

(※5)シェードとは、操作コードによって上下に開閉させるカーテンのこと。

スミノエ 防音シェード

こちらは、シェードを途中まで上げた状態のイメージです。

防音カーテン サウンドガード シェード

シェードの裾は床にぴったりと。

お部屋の正面側に取りつける場合は、窓枠よりも大きいサイズにするのがお勧めです。

さらに、裾をぴったりと床に着けることで防音効果を高めます。

防音カーテン サウンドガードⅢの特徴

  • ハイレベルな遮音効果(音を遮る効果があります)
  • 優れた遮光機能(光を遮る効果があります)
  • 特殊なラミネート加工によりカーテン生地ならではのやわらかな風合い
  • 防炎性能がある(燃えにくい加工付きの商品です)

防音カーテン サウンドガード 音響透過損失試験

防音サウンドガードⅢは、生地に重量があるため、頻繁に開け閉めをする必要がない窓におすすめします。

楽天で防音カーテンを見てみる

まとめ

今回は、防音に高い効果を発揮するサウンドガードカーテンをご紹介しました。

外部への音漏れ対策には、二重サッシや防音ドアなどの他に、防音室を造るというような大掛かりになるケースもありますが、このようにカーテンで手軽にできる防音対策もあります。

自宅でピアノやオーディオ、ホームシアターを楽しむときには、ぜひ防音カーテンにも注目してみてはいかがでしょうか?