【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

【自宅で簡単!カーテンの洗濯方法】洗濯頻度やお手入れについて

カーテン 洗濯方法

カーテンのお洗濯!どんな風に洗えばいいのかお悩みの方も多いと思います。

カーテンの汚れはあまり目立たずお掃除の際にはつい見落としがちですが、カーテンはとても汚れています。

その原因は、空気中に舞うほこりやタバコのヤニ、調理の際にキッチンから出る煙などによるもので、カーテンがお部屋の汚れを吸い取ってしまうといっても過言ではありません。

カーテンは自宅で簡単に洗えるので、洗濯機での洗い方や洗濯頻度、お手入れ方法についてご紹介します。

自宅の洗濯機でカーテンを洗う方法

カーテン 洗濯方法 取扱い絵表示

最近では、ほとんどのカーテンが家庭用の洗濯機で洗えます。
カーテンには洗濯製品取扱い絵表示が付いているので、必ず絵表示に従って洗濯するようにします。

また、2016年の12月1日から衣類など繊維製品の洗濯表示(取扱い絵表示)が変更となり、以前の表記と変わっている場合があるので、新しいカーテンを購入したときには、お洗濯の前にきちんと確認しましょう。

カーテン 自宅での洗濯方法

①.カーテンの取扱い絵表示で水洗いができるか確認する

左上の図のような、洗濯機マークや手洗いマークが表示されていれば水洗いができます。
洗濯機マークに✖があれば、洗濯処理はできません。

②.カーテンフックを外しほこりを払う

水洗いがOKなら、フックは取り外してほこりを払います。
フックがカーテンに縫い付けてある場合は、フックをカーテンの内側に隠れるよう折りたたんでおきます。

③.プリーツに沿ってたたみ洗濯ネットに入れる

カーテンをプリーツだたみにして、洗濯ネットに入れます。
※フックが付いている場合は、たたんだあと大きめの紐などで緩めに縛りましょう。

ネットに入れることで洗濯槽の中で生地があばれるのを防いだり、洗剤もまんべんなくいきわたります。

生地はネットに多く詰め込まずに、1~2枚までを目安に。

④.水量は最大・水流は弱が基本

洗濯機で洗う場合は、水量は最大に水流は弱に設定します。
(たっぷりの水で弱水流が基本です)

また水温は、水または40℃以下のぬるま湯で洗うようにします。

⑤.衣類用洗剤と柔軟剤を使う

洗濯洗剤はデリケートな衣類用の中性洗剤や、弱アルカリ性洗剤がおすすめです。
すすぎ中に柔軟剤を入れると、黒ずみや洗濯ジワが防げます。

⑥.脱水は短時間で(乾燥機は使わない!)

脱水は、ドレープ(厚地)カーテンで約1分程度、レースカーテンで約30秒程度が目安です。
長時間の脱水は、生地を傷めたりシワの原因にもなります。

(注).乾燥機の使用は、生地が変質したり縮んだりする原因となるので避けましょう!

⑦.カーテンレールに吊るして乾かす

脱水した後はカーテンレールに吊り、自然乾燥させれば完了です。
その際、手でシワを整えながら全体を軽く下にひっぱって丈を整えるようにします。

吊る前には、窓ガラスやレールを掃除しておくと、カーテンに汚れが付くのを防ぐことができます。

カーテンの洗濯頻度はどれくらい?

洗濯機 カーテンの洗濯

このように、カーテンは洗濯機で簡単に洗えますし、定期的にお洗濯すれば窓辺も明るくなります。

しかし、カーテンはどれ位のペースで洗濯すればよいのでしょうか?

一般的にカーテンの洗濯頻度は、ドレープ(厚地)カーテンが年に1回程度、レースカーテンなら年に2~3回程度が目安となります。

時間が経つと染みついた汚れが落ちにくくなるので、普段使いであればこのようなペースでお洗濯ができればOKです。

それでも、カーテンが汚れるから頻繁に洗いたいという方もいらっしゃるかもしれませんね。

お洗濯で清潔に保つのはとても良いことです。

ただ頻繁に洗い過ぎるのは、特にデリケートな素材や刺繍などを傷めてしまう要因にもなるので、できるだけ日頃のお手入れで汚れを最小限におさえましょう。

カーテンのお手入れ法

カーテンのお手入れについては、週に1回程度ブラシなどを使い、カーテンの表面やヒダのあいだに溜まりやすいほこりを綺麗に取り除けば、より美しく長持ちさせることに繫がります。

カーテンの劣化を早めないためにも、汚れが小さいうちに出来るだけこまめなお手入れを心がけたいものです。

あと補足ですが、カーテンを収納する際には、圧縮袋を使用するのはおすすめできません。理由は、生地によってシワがついてしまい取れにくくなる可能性があるためです。

季節の変わり目など、カーテンの掛け替えで収納する場合は、湿気などから守るためにビニール袋に入れて保管するようにしましょう。

まとめ

最後にもう一度洗い方をおさらいしましょう。

  1. カーテンについている取扱い絵表示をチェックして、水洗いができるか確認する。
  2. 水洗いがOKなら、カーテンのほこりを払いフックを取り外す。
  3. カーテンをプリーツに沿ってたたみ、洗濯ネットに入れる。(1~2枚が目安)
  4. 洗濯機の設定を水量は最大水流は弱にし、水または40℃以下のぬるま湯で洗う。
  5. 洗剤は、デリケートな衣類用の中性洗剤や弱アルカリ性の洗剤をつかう。
  6. 乾燥機はつかわずに、短時間で脱水する。(ドレープは1分・レースは30秒)
  7. カーテンレールに吊って自然乾燥させる。

いかがでしたか?

カーテンは手軽に自宅の洗濯機で洗えますし、日頃のメンテナンスでさらに長持ちさせることができます。

お洗濯の際には、必ず取扱い絵表示に従っていつまでも美しいカーテンを保ちましょう!