【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

【個人事業主の資金調達】支払えない時どうする?借入や乗り切る方法

個人事業主の資金調達

壁紙・クロス職人が一人親方の個人事業主をしていると、取引先の支払いが悪く「材料代・買掛金」などの支払いができなくなる事もあります。

材料代や外注先への支払いが滞ると、今後の信用にかかわりますので支払は確実にしておきたいですよね。

この記事では、支払ができない時のピンチの乗り切り方や、不渡りや入金の遅れで、現金が足りない時の借り入れ方法を記事にしたいと思います。

ちなみに、事業用クレジットカードを用意しておくと「支払いサイト」をまたぐような時の資金繰りにも便利です。

取引先・支払先に相談する

借入を考える前に、確実な入金日が分かっているなら、取引先に相談する事が先決です。

売掛金の回収は相手にとっても一番の優先事項なので、回収できないという最悪の事態は避けたいのが当然です。

ですので、しっかりと支払う意思を示し、確実な支払日を伝える事で案外了承してくれる場合があります。

私自身も工事代金が未回収のまま潰れてしまった会社があったので、現金が足りなくなってしまった経験が数多くあります。

とはいえ、こちらに責任が無くても、支払を避ける事はできません。

そんな時には、事情を素直に伝える事で逆に信用が得られる事もあります。

支払いやお金に対して、日頃から誠実に対応しておけば「不測の事態の時」に役立ちます。

しかし、何度も繰り返し同じような相談をしていると、いくら誠実でも信用がなくなります。

またか…

と思われるようになると、あなた自身が雑に扱われるようになってしまう事もありますので、危ない仕事は初めから請けない事も大切です。

借入をするならココがお勧め

ある程度の運転資金を持っていたとしても、大きな取引先が連続で潰れてしまうと、あっという間に運転資金が無くなってしまいます。

私の場合がこれでした。

取引先は、そこそこ大きな会社で安心していたのですが、潰れる時は一瞬です。

債権者は私だけではないので、裁判後に一部返金されるとしても微々たるもの。

売上は無かった事になってしまいます。

こうなってしまうと、借入を考えるしか方法がありません。

ここからは私が実際に借入した経験をお話します。

日本政策金融公庫

個人事業主が一番最初に相談するべき場所は「日本政策金融公庫」だと思います。

国の機関ですので、利息が本当に安いです。

個人事業主を助けてくれる救世主のような借入先ですが、融資を受けるには、申し込みをする必要があります。

インターネットからでも融資の申し込みができるようですので、必要でしたら下記のリンクから申し込んでください。

申し込みに必要なのは、借入申込書過去2期分の所得証明住民票実印です。

申し込みが終わったら、日本政策金融公庫の担当者と面談が行われます。

これに合格すると融資が受けられるという流れです。

詳しく知りたい方はこちらよりご覧ください。

国の機関とは言っても、融資が受けられるか決まるのは確定申告の内容です。

個人事業主なら、確定申告はしっかり行っておく事で困った時に助かります。

日本政策金融公庫での融資は、申し込みから実際に融資を受けられるまで2週間くらい必要でした。

借入するなら前もって計画しておくと良いと思います。

日本政策金融公庫では、返済が順調なら追加融資の提案があります。

私の場合、借入額の半分を返済した段階で、追加融資案内のハガキが届きました。

返済を確実に行う事で信用が付きますので、次に困った時には安心です。

信用金庫

日本政策金融公庫の審査に落ちてしまったら、お住まいの地域の信用金庫に相談して下さい。

信用金庫も個人事業主の強い味方です。

申し込みすると、信用保証組合の保証が得られるならと言う条件で融資が受けられます。

日本政策金融公庫や信用金庫は、一般的な銀行に比べると審査が通りやすいようです。

信用金庫の貸付でも過去2期分の所得証明が必要ですので、申告に不備がない事が求められます。

銀行

融資を受けるとなったら、銀行を一番最初に考える人も多いかと思いますが、個人事業主への事業資金の融資は通りにくいという話を耳にします。

付き合いのある銀行の担当者に相談すると案外簡単に融資してくれるかも知れません。

公的な機関や銀行で融資が受けられない場合、以下に紹介する金融会社に相談してみてはいかがでしょうか。

個人事業主が審査に落ちたら相談したい金融会社

日本政策金融公庫、信用金庫、銀行の融資が断られたときに知っておきたい会社を紹介します。

CARENT

東京に本社があるようですが、全国対応、WEB申し込みで完結します。

融資対象は事業を営んでる事が条件になってますので、個人事業主にはピッタリだと思います。

公式サイトに記載してある特徴を紹介します。

  • インターネット専用キャッシング♪完全非対面でネット完結!
  • カード発行不要!全国どこでもご指定の銀行口座にお振込み致します。
  • 担保、保証人不要でキャッシングが可能です!
  • インターネット申込み、365日、24時間受付中!
  • 申込フォームの入力内容が少なく、簡単にお手続きいただけます♪
  • ご利用限度額は【1万円~500万円】まで!
  • 20歳~65歳までの方であれば男女共にお申し込みいただけます。
  • 大手消費者金融、カードローンの審査が通らなかった方でも柔軟な審査で対応致します。

株式会社エフワン

来店不要で全国どこからでも申込が可能、 誰にも知られずお申込ができる個人事業主にも強いキャッシングサービスです。

審査まで最短30分で即日振込でもご利用頂けます。 最大300万迄ご融資が可能です。

公式サイトに記載してある特徴

  • 事業資金の調達!
  • 即日キャッシング可能!
  • 最短30分のスピード審査!
  • 誰にも知られず申込可能!
  • 来店不要で全国対応!
  • 最大300万円までご融資可能!

株式会社エム・アール・エフ

個人事業主・法人向けローンの【MRF】

株式会社エムアールエフ(MRF)は、 ビジネスローンや不動産担保ローンを中心とした ご融資サービスを積極的に拡大しています。

事業を営むお客さまの金融機関として誠実に、 そして情熱をもって、「お客さまが描く夢の懸け橋」となれるよう、 その実現に向かって取り組んで参ります。

融資スピードが速く、お客様に合わせた 様々なプランをご用意しております。

ファクタリングによる資金調達に対応している会社

ファクタリングはここ2年ほどで、「借りない資金調達」として広く認知されてる資金調達法です。

ファクタリングは借り入れする事なく売掛債権を現金化できるサービスです。

取引先企業と既に発生している売掛金を事前に買い取りをする事で即日で現金化ができるサービスになります。

通常の入金サイクルを待たずに資金調達を行う事ができるため、経営におけるスピード感が圧倒的に早くなるというのが特徴です。

売掛債権がある場合は、ファクタリング出来る会社を利用してみてはいかがでしょうか。

ファクタープラン

売掛債権をもつ個人事業主ならぜひ利用したい会社です。

支払期日が来ていない債権を現金化してくれ、急場をしのぐ事ができます。

公式サイトに記載してある特徴を紹介します。

  • 売掛先に知られずに利用できる安心の2社間ファクタリング。
  • 債権譲渡登記を入れないで対応することも可能です。
  • 他社ではあまり対応しない個人事業主様も対応します(売掛先が法人の場合)
  • 他社ではあまり対応しない売掛先が個人の方も対応します。(法人様のみ) ・担保・保証人は不要です。
  • 赤字決算、税金未納でも対応できます。
  • 「償還請求権なし」のファクタリングなので、売掛先が倒産した場合でも当社がすべて負担します。

株式会社アンカーガーディアン

こちらの会社もファクタリングによる資金調達です。

公式サイトに記載してある特徴を紹介します。

  • 売掛金(売掛債権)を所有している方
  • 一刻も早く資金調達を必要としている企業
  • 業務拡大
  • 法人設立日があさい
  • 銀行融資がおりない
  • 支払いの資金がない(下請けや銀行など)

こんな時に力を貸してくれます。

株式会社アレシア

同じくファクタリングによる資金調達です。

公式サイトに記載してある特徴を紹介します。

ベストファクターが選ばれる7つの理由

  • 最短1日のスピード調達
  • 来店不要で審査が可能
  • 柔軟審査、平均買取率92.2%
  • 担保や保証人が不要
  • 業界最低水準手数料5%~
  • 売掛金の売却なので金利のかかる借入にならない
  • 取引先に知られない2社間ファクタリングも可能

 


まとめ

個人事業主に限らず、大きな企業間でも不渡りや倒産のリスクはあります。

仕事を受注する上でのノーリスクは、会社員や弟子なら考えられますが、事業を営む以上避けては通れない事だと思います。

日頃からリスクに備えた営業で頑張りましょう。