【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

【カーテンのヒダについて】 1.5倍ヒダや2倍ヒダとは?

カーテンのヒダ倍率

カーテンのヒダ倍率って何のこと?と思っていらっしゃる方はいませんか。

オーダーカーテンをお探しのお客様から、カーテンのヒダについてご質問をいただくことがあります。

そこで今回は、カーテンのヒダについて解説しますので必要な時の参考にして下さい。

リビング カーテンの選び方についてはこちらをご覧ください。


カーテンのヒダ倍率について

カーテンのヒダ倍率とは、カーテンレールの長さに対して必要な生地量のことです。

カーテンを買うとき、1.5倍ヒダ2倍ヒダという言葉を何となく聞いたことがあるかもしれません。2つ山とか、3つ山とも呼びます。

少し例を挙げて説明しますね。(※生地のゆとりや縫いしろは含めない単純計算です)

例えば、カーテンレールの長さが200cmの窓に、1.5倍ヒダのカーテンを付けたい場合は?

  • レール巾200cm×1.5倍=300cmの生地が必要になります。

例えば、カーテンレールの長さが200cmの窓に、2倍ヒダのカーテンを付けたい場合は?

  • レール巾200cm×2.0倍=400cmの生地が必要になります。

このように、ヒダの倍率はカーテンレールの長さに対して使う生地量を意味しています。

分かりやすく言うと、ヒダ倍率が大きくなればなる程、カーテンにボリュームがでるという事です。

上記では単純計算していますが、本来はカーテンのゆとり分や、上下左右の縫いしろ、生地による柄のリピート(柄パターンの繰り返し)なども含めた正確な要尺を算出します。

なのでカーテンのヒダ倍率は、単純にカーテンの生地量と考えて下さい。

2ッ山ヒダとか3ッ山ヒダというのは、生地量に合わせて設定できるのでここでは割愛しますね。

それぞれ、ヒダの取り方で変わるカーテンのイメージをご紹介します。

ヒダ無しフラットカーテン

フラットカーテン ヒダ無し

ヒダをとらないシンプルなカーテン

名前の通り、ひだを取らずフラットに仕上げるのがフラットカーテンです。
生地そのままの風合いが楽しめるので、柄をはっきりみせたいカーテンに向いています。

フラットカーテンは、横幅のゆとりの大きさで見た目の印象が変わります。

フラットカーテンの倍率

  • カーテンレールと同じ長さの1.0倍 → ゆとりがなく真っ直ぐな状態。
  • カーテンレールの長さに対して1.1倍 → ほんの少しだけゆとりがある
  • カーテンレールの長さに対して1.2倍 → 少しゆとりがある。
  • カーテンレールの長さに対して1.3倍 → ウェーブがある。
  • カーテンレールの長さに対して1.4倍 → やや大きめのウェーブがある。
  • カーテンレールの長さに対して1.5倍 → 大きめのウェーブがある。

ワンプリーツ(1ッ山)カーテン ※1.5倍ヒダ~2.0倍ヒダ

1.5倍(1ッ山)ヒダカーテン

1ッ山で仕上げるワンプリーツカーテン

カーテンレールの長さに対して、約1.5倍~2.0倍の生地を使います。

シンプルな1ッ山ですっきりした印象です。

フラットでは物足りないけど、ヒダが多いのは苦手という方にお薦めのスタイルです。
※1.5倍以上に対応しています。

1.5倍(2ッ山)ヒダカーテン

1.5倍(2ッ山)ヒダカーテン

2ッ山で仕上げる1.5倍ヒダカーテン

カーテンレールの長さに対して、約1.5倍の生地を使います。

レールの長さが200cmの場合は、1.5倍にあたる300cmの生地を2ッ山でつまみ、レール巾におさまるようにします。

1.5倍ヒダのカーテンは、ヒダとヒダの間隔が約15cm前後と広めになるので、仕上がりは比較的カジュアルな印象です。

フラットカーテンと同じように柄がみえやすくなります。

2.0倍(3ッ山)ヒダカーテン

2.0倍(3ッ山)ヒダカーテン

3ッ山で仕上げる2.0倍ヒダカーテン

カーテンレールの長さに対して、約2.0倍の生地を使います。

レールの長さが200cmの場合は、2.0倍にあたる400cmの生地を3ッ山でつまみ、レール巾におさまるようにします。

2.0倍ヒダは、ヒダとヒダの間隔が約12cm前後と狭くなり、1.5倍ヒダに比べてウェーブラインの溝が深くなります。

オーダーカーテンの標準仕様ですが、デザインや価格帯によって1.5倍ヒダと使い分けます。

2.5倍(3ッ山)ヒダカーテン ※高級仕様

2.5倍(3ッ山)ヒダカーテン

3ッ山で仕上げる2.5倍ヒダカーテン

カーテンレールの長さに対して、約2.5倍の生地を使います。

レールの長さが200cmの場合は、2.5倍にあたる500cmの生地を3ッ山でつまみ、レール巾におさまるようにします。

2倍ヒダと同じように3ッ山で仕立てますが、2.5倍ヒダは、ヒダとヒダの間隔が10cm前後と狭くなります。

なので、2.0倍ヒダよりも更にウェーブラインの溝が深くなり、高級感のある仕上がりになります。

2.5倍ギャザーヒダカーテン

ギャザーヒダカーテン

ギャザーで仕上げる2.5倍ヒダカーテン

カーテンの上部にギャザーテープを縫いつけることで、カーテンにたくさんのヒダを寄せます。

カーテンレールの長さに対して、約2.5倍の生地を使い、ボリュームのあるカーテンスタイルに向いています。

薄地のレースカーテンに多く使われるヒダ仕様です。

その他にも、カーテンにはフックの選び方が重要なポイントのひとつになります。

フックについては、こちらの記事を参考にして下さい。


カーテンのお洗濯についてもまとめています。

まとめ

今回は、カーテンのヒダについてお伝えしました。

カーテンのヒダ倍率とは生地量のことで、ヒダの取り方によって、見え方やイメージが変わるのを何となくお分かりいただけましたか。

ヒダを工夫することで、窓まわりをシンプルにみせたり、カジュアルな雰囲気になったり、ゴージャスに演出することもできます。

カーテンを購入する前にはヒダ倍率にも注目して選ぶようにすると、イメージ通りのお部屋づくりに繋がると思います。