おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

シェードの取り付け方法

シェードの取り付け方法

シェードの取り付け方について、お問い合わせをいただくことがあります。

最近ではかなり認知度も高まってきているシェード。(ローマンシェードともいいます)

今回は、シェードの取り付け方法についてご紹介しますので参考にしてみて下さい。

シェードの取り付け方には、下記の4パターンがあります。

シェードの取付け方法


①正面付け(シェードを窓枠の正面側に取りつける)

シェード 正面付け

正面付けは、シェードを窓枠の手前(正面側)に取付ける方法です。
窓枠または壁にビス(ネジ)を打ち、窓枠全体を覆います。

シェードの取り付け方法

正面付け ブラケット

  • ヘッドレールは → シェード本体のレールのことです
  • ブラケットは → シェードを取付ける際の金具(部品)で壁や窓枠にビス止めします。

両側のブラケットは、ヘッドレールの両端から約10cmの位置に取付けネジ(ビス)で固定します。
ブラケットが3個以上になる場合は、等間隔になるよう取付けましょう。

②天井付け(シェードを窓枠内に取りつける)

シェード 天井付け

天井付けは、シェードを窓枠の内側に取付ける方法です。(枠の内側に納まります)
枠内の天井部にビス(ネジ)を打ちます。

シェードの取り付け方法 天井付け

天井付け ブラケット

両側のブラケットは、窓枠の両端から約10cmの位置に取付けネジ(ビス)で固定します。
ブラケットが3個以上になる場合は、等間隔になるよう取付けましょう。

※画像のように、シェード1台ではなく2台や3台に分割して取り付けるケースもあります。

③天井直付け(シェードを天井部に直接取りつける)

シェード 天井直付け

天井直付けは、ブラケットを使わずに、天井に直接ビス(ネジ)を打ちシェードを取り付ける方法です。
この場合、取付けネジが取付け面に対して垂直になるよう注意しましょう。

④既存のカーテンレールに取りつける

賃貸マンションやアパートでは、壁(又は窓枠)に穴が開けられないケースがあります。

このような場合は、既存のカーテンレールを利用してシェードを取付けることができますが、シェードは常に上げ下げするため、カーテンレールがしっかりと固定されている必要があります。

通常、当方ではあまりお薦めしていない取り付け方です。

理由として下記のようなものがあります。

  • 既存のレールごと落下する危険性がある(※カーテンレールの強度が大事です)
  • 既存のレールとシェードの間に取付け金具を挟むため、上手く密着せずグラグラする可能性がある
  • 見た目的にあまりおすすめではない

カーテンレールを利用して取り付ける際には、このような点に注意しておきましょう。

シェード(本体)の取り付け・取り外し方法

シェード本体の取付け方法

シェード本体 取り付け方

①ヘッドレールをブラケットの仮止めフックに引っ掛けます。
②本体を奥に「カチッ」と音がするまで押し込めば取付け完了です。

シェード本体の取外し方法

シェード本体 取り外し方

①ブラケットの解除ボタンを押しながらヘッドレールを手前に引きます。
②本体を仮止めフックからはずします。

最後に

以上が、シェードの取付け方法になります。

シェードを窓枠よりも上方向に取付ける場合は、必ず壁に下地があるか確認しましょう

シェード本体の取付け・取外しについては、メーカーによって多少違いもありますが、ローマンシェード全体に共通しています。

電動ドライバーがあれば簡単に取り付けられますので、ぜひ参考にしてみて下さい。