【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

【壁紙・クロスの選び方】もう迷わない「プロ」が教える基本編

壁紙・クロスの選び方

壁紙を選ぶ必要があるのになかなか決められないという方が多くいらっしゃいます。

趣味は人それぞれですが、どう選べばいいのか基本が知りたいという方も多いのではないでしょうか。

室内装飾アドバイザー

この記事は”室内装飾アドバイザーが執筆しています。

壁紙選びでお悩みでしたら、最後までお付き合いください。

壁紙選びで迷った時に「知っておきたいポイント」「部屋ごとに選ぶ方法」を紹介します。

この記事を読むことで壁紙選びがスムーズに進めば幸いです。

壁紙・クロスの種類

早速ですが、壁紙にはビニールクロス以外にも大まかに下記のような種類があります。

壁紙の種類

壁紙の種類を挙げていきます。

  • ビニールクロス
  • 織物・布
  • 珪藻土・自然素材
  • 和紙・紙
  • 不燃壁紙・無機質壁紙
  • 吸放湿・通気性

このようにいろんな壁紙がありますが、一般的には工事単価を下げる目的でビニールクロスが主流になっています。

そんなビニールクロスには以下の機能がありますので、チェックしてください。

ビニールクロスの機能

  • 消臭・ルームエアー
  • フィルム汚れ防止・抗菌
  • 耐久性アップ
  • 抗アレルゲン・抗ウィルス
  • マイナスイオン
  • リフォーム推奨

製造メーカーごとに呼び名は違いますが、機能自体は同じような内容になっています。

このように、壁紙には機能があるという事を頭に入れておけば、デザインを考える前に「トイレには消臭機能」「寝室にはマイナスイオン」などと選択に幅が生まれます。

ただし、機能が付いた壁紙は一般的に1000番商品と言われるカタログにしかありません。

アパートなどに良く使う安価な量産品では、防カビ機能が付いた物しかありませんので、機能性壁紙を使いたいと思った時には注意が必要です。

壁紙の材質や機能を詳しくまとめた記事がありますので、詳しく知りたい方は参考にして下さい。

壁紙のメーカーのサンプル・見本が見たい場合は参考にして下さい。

天井と壁の選び方

天井と壁では「壁紙」を変えた方が良いのでしょうか?

参考のために書きますが、私が依頼された物件の8割は天井と壁を統一しています。

なので、分ける必要はないとなります。

好みの問題で、天井と壁を分けたいという場合には以下のことを頭に入れると良いでしょう。

  • 天井を明るくすると天井は高く、お部屋は広く感じられる
  • 天井を暗くすると、落ち着いた空間になる

天井と壁を一緒にした方が良い場合

見切り材(廻り縁)が無い場合は天井と壁を分ける必要はないと思います。

理由は、天井と壁を統一することで空間を広く見せる事が出来るからです。

同じ壁紙を使う方がスッキリします。

天井と壁を分けた方が良い場合

基本的には

  • 天井を高く見せたい
  • 落ち着いた空間にしたい

このような希望があれば天井と壁は変えた方が良いです。

しかし、見切り材があったとしても同じ壁紙でおかしくはありません。

ですので、自分の好みや、見た目の問題があれば分けるといった感じになります。

特別な理由が無い限り、天井と壁の壁紙は分ける必要はないと言えます。

壁紙を部屋ごとに選ぶ方法

部屋ごとに壁紙を選ぶ場合には「壁紙の機能」を考えて選ぶことが多いのですが、「機能」は必要ないという場合は、家具やカーテンの色を考慮すると壁紙は決めやすくなります。

また、床の色やドアのバランスを見ながら壁紙を選ぶのも一般的です。

新築の一軒家の場合、無地の白で全て統一するケースも良くあります。

頭の中だけではなかなかイメージできないので、部屋ごとの施工事例を紹介します。

リビングの壁紙・クロスの選び方

リビングにはお洒落な壁紙を使いたいという方が多いのですが、全体と同じ壁紙でも構いません。

センスや好みは人それぞれですので、自分が良いと思う壁紙が最善だと思います。

リビング壁紙の選び方を詳しく知りたい場合は参考にして下さい。

和室の壁紙・クロスの選び方

和室の壁紙も選ぶのが難しいという方が多い場所です。

ビニールクロスでは無く「和紙」や「じゅらく」などの壁紙も良く使われます。

詳しく説明した記事がありますので、参考にして下さい。

トイレの壁紙・クロスの選び方

トイレに使う壁紙は消臭機能がついた物が人気ですが「柄のある物」や「色のついた壁紙」でお洒落にしたいという方も多くいます。

施工事例を参考にイメージして下さい。

子供部屋の壁紙・クロスの選び方

子供部屋には年齢に応じた可愛い柄や、キャラクターの壁紙、落書きが落とせる壁紙を使う方が多くいます。

子供部屋の壁紙には、これといった決まりはありませんので、子供に任せたり、自由に選ぶ事が出来ます。

しかし、あまりにも幼児向けのデザインにすると、子供が成長した時に困るかもしれないので考慮しておくと良いでしょう。

寝室の壁紙・クロスの選び方

寝室は、一日の疲れを取る場所なので、落ち着いた色にまとめるという方が多いです。

特にマイナスイオンなどの「機能」がついた壁紙の中から落ち着いた色(ベージュ、アイボリー)を選ぶ人が多いです。

寝室で良く使う「壁紙の機能」を紹介します。

  • マイナスイオン機能
  • アレルギーカット機能
  • 通気性機能・消臭機能

柄や色にこだわりが無いのなら「機能」重視で落ち着いた色を選ぶと失敗しません。

寝室の壁紙の選び方を詳しく説明した記事がありますので参考にして下さい。

住まい全体の統一感を考える壁紙の選び方

部屋ごとに色んな壁紙を使う事で、機能的で楽しめる住まいになりますが、あまりにも多くの色を使い過ぎるとバラバラで統一感がない空間になります。

沢山の色を使いたい場合、色のトーンを合わせるなどの工夫で統一感を意識しましょう。

壁紙・クロスのサンプルを用意する

壁紙の見本は小さく、小さな見本だけで全体を想像するのは大変です。

壁紙は貼ってみるとカタログで見たときよりも明るく見えます。

壁紙のサンプルは大きなものを取り寄せる事ができるので、壁紙の候補が見つかったら工事業者に依頼して大きなサンプルを用意して貰いましょう。

届いたサンプルを実際の壁に当てる事でイメージしやすくなります。

壁紙を選ぶうえでのコーディネート術を書いた関連記事もありますので参考にしてください。

アクセントクロスで壁紙選びに幅を持たせる

アクセントクロスを使うケースが増えています。

「壁一面」や「部分的な壁」または「天井」…

アクセントを部分的に取り入れるだけで、お部屋の雰囲気が大きく変わります。

アクセントクロスについて知りたい方はご覧ください。

壁紙の色選びで迷わないという考え方

壁紙の色で迷ってる方には【迷ったらどうぞ】壁紙の色選びで消耗する必要は無いかもしれない話という記事もありますので参考にしてください。

まとめ

壁紙・クロスの選び方を記事にしました。

最後に要点を箇条書きでまとめます。

  • 壁紙の種類を決める
  • 壁紙の機能で選ぶ
  • 部屋ごとに選ぶ場合は統一感を心がける
  • 大きなサンプルを取り寄せる
  • アクセントクロスでお洒落を演出する

上記の説明を見ても選べない場合は、壁紙はそのうち張替えると考えれば、少しは気楽に選べるかもしれません。

壁紙の寿命や耐用年数については、参考記事に詳しく書いていますので参考にして下さい。