【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

カーテンレールの種類と上手な選び方|取り付け時の注意点

装飾レール

新築や引っ越しはもちろん私たちの生活に欠かせないカーテン。そのカーテンを美しく魅せるために必要なのがカーテンレールです。

生地選びでついカーテンばかりに目を向けがちですが、カーテンレールも重要な役割を果たします。

例えば、無地のカーテンを一般的な角型レールに吊るすと見た目はごく普通ですが、木製やキャップ付きのいわゆる装飾レールに吊るすだけで、かなり洗練された雰囲気になります。

このようにカーテンレールにこだわるだけでも、使い勝手はもちろん、空間全体をおしゃれに魅せる演出効果が期待できるのです。

カーテンレールの種類

カーテンレールには、極めて一般的なものからモダンなものまで、さまざまな種類があります。

選び方も、空間のイメージに合わせたり、使い勝手や窓の形状、カーテンの色やデザインに沿って選ぶことができるためコーディネートの巾が広がります。

カーテンレールは大きく分けると「機能性レール」「装飾性レール」「テンションポール」の3タイプに分類されます。

機能性カーテンレール

機能性レールは、最も一般的でアパートや賃貸マンションに広く使われているカーテンレールです。

通常はカーテンで隠れてしまうことが多く、地味な存在ですが、機能性に優れさまざまな窓の形に対応することができます。

多角形の出窓やコーナー窓には、簡単に曲げることができるカーブレールだったり、カーテンの上飾りにはバランスレールというように、目的に応じて使い分けも可能。

素材はステンレスやアルミ・樹脂などが多く、色はシルバーや白・ナチュラル・ブラウン系の他に、木目調のシートを張ったもの等があります。

カーテンレールには、1本のシングルレールと2本のダブルレールがあり、それぞれカーテンの掛け方で選びます。

カーテンの重さにも注意

色んな窓に対応できる機能レールですが、カーテン選びの際には注意する点もあります。

それは特に重量のあるカーテンを選ぶ時です。

例えば、ベルベット素材遮音カーテンは想像以上に重さがあるため、カーテンのサイズが大きいほどレールにも負荷がかかってしまいます。

なので、軽量型のレールにボリュームのあるカーテンを吊るす場合は、重さに耐えられるかどうかの配慮が必要です。

このような理由で、機能性レールは許容荷重に制限があり「軽量級・中量級・重量級」に分類されるので、カーテンの重量に合ったレールを選ぶことが大事ですし、状況に応じてカーテンレールの付け替えが必要となります。

機能性カーテンレール(シングル)

機能性レール シングル

機能性カーテンレール(ダブル)

機能性レール ダブル

ピクチャーレール

ピクチャーレール 掛ける

ピクチャーレールは、「掛ける」「飾る」「置く」「吊るす」の4つの使い勝手を実現したカーテンレールです。

写真や絵を飾るほかに、キッチンアイテムを掛けて収納したり、アートや植物を吊るしたり、お気に入りのポストカードやオブジェを置いたりと自由なディスプレイが楽しめます。

装飾性カーテンレール

装飾性レールは、デザインとインテリア性を重視した魅せるカーテンレールです。

装飾レールを使うだけで空間の印象はガラリと変わります。

お部屋の模様替えやイメージチェンジをしたい時には、装飾レールに注目してみるのも賢いセンスアップの方法です。

種類には色々なタイプがありますが、木製鉄製、高価なものでは真鍮など、空間のイメージに合わせて選べるのが装飾レールの魅力です。

例えば、モノトーンで統一した空間にはシャープなデザイン、温かみを感じるナチュラル空間には木製タイプ、格調高いクラシカル空間にはアイアンレール、洗練されたモダン空間にはメタリック調など、お部屋のコンセプトに合わせてコーディネートを楽しむことができます。

装飾カーテンレール(シングル)

装飾レール シングル

装飾カーテンレール(ダブル)

装飾レールと機能性レール

ダブルタイプは、機能レールとセットになります。

テンションポール

テンションポール

テンションポール(突っ張り棒)は、ビスを使わずに窓枠や柱などを利用してカーテンを付けることができるレールです。
小窓のカフェカーテンに広く活用されています。

窓枠や壁などにレール用の穴が開けられないことがありますが、そのような場所でも手軽に使えとても便利です。

カーテンを掛ける時に必要な輪っか(リングランナー)は付属していませんが、ランナーだけ別売りで購入できるので間仕切りや通常のカーテン用としても使えます。

その他に、浴室のシャワーカーテンや、物を飾るために活用できたりと色んな使い方ができます。

カーテンレールの選び方

ついカーテンを主体に選びがちで、レールは業者にお任せということも少なくないと思います。

本来ならお洒落なレールが選べるのに、気にも留めず見過ごしてしまうこともあるかもしれません。

カーテンBOXが設置されていたり、天井付けの場合は機能性レールに限定されますが、それ以外にカーテンレールの選び方があります。

予算を抑えるなら機能レール

機能レールは、装飾レールに比べて価格も安く収まります。

新築や引っ越しの際には何かと予算がかさむため、カーテンにはあまりお金をかけられないという方も少なくありません。

本来ならカーテンは長く使うアイテムなので、専門家としてはできればカーテンやレールにも拘って欲しいところですが、予算重視の場合は機能レールで揃えると予算を安く抑えることができます。

スタイリッシュに魅せるなら装飾レール

せっかくの新築、ならば見た目や装飾に拘りたい方も多いでしょう。

例えば、窓にカーテン以外のシェードやロールスクリーン(上下に開閉するアイテム)を選ぶ場合は、カーテンレールを準備する必要がありません。

なので、カーテンを使う空間だけ装飾レールをでスタイリッシュに魅せる方法があります。

またリビングや寝室、子供部屋など居住スペースに合わせてレールの種類を変えると、それぞれの空間で違ったコーディネートが楽しめます。

※装飾レールに興味のある方は、こちらの記事も参考にして下さい。

カーテンレールでおしゃれな窓!プロが教えるおすすめコーディネート

空間によって使い分ける

リビングのように人が集まる場所は、特にセンス良く魅せたいもの。

お金をかけたい場所と、そうでない場所を分けることも賢い選択方法です。

迷ったときには、リビングに装飾レール、書斎や子供部屋には機能レールというように、空間で使い分けると予算内に納まることも多く満足のいく選び方につながります。

※壁に穴があけられない時には、こちらの記事も参考にして下さい。

【カーテンの取り付け】壁に穴をあけられない時は突っ張りレールがお薦め

カーテンレールを取付ける際の注意点

カーテンレールを測る前に!

カーテンのサイズは、窓枠ではなくカーテンレールの長さと高さで決まります。

新築などのレールが付いていない状況では、まず窓枠でサイズを判断するケースがあります。

このような場合、レールが扉やエアコンに干渉しないかを確認する事がとても大切です。

またレールを取り付ける位置は、窓の状況によって違うため、壁の下地状況を把握しておく必要があります。

うっかりしてエアコンの配置を確認しないままサイズを測ると、後からやり直しということにもなりかねません。

装飾レールの取付けには特に注意が必要!

装飾レールには、その大半が両端にキャップ(ギボシと呼ばれる飾り)がついています。

カーテンレール ギボシ

装飾レールのサイズ(横幅)は、真ん中のポール部分の長さになり両端のキャップは含みません
しかも一番大きいタイプのキャップ(飾り)になると、約20~25cmにもなってしまいます。

なので装飾レールを選ぶ場合は、扉や壁・エアコンなどに干渉しないよう、レールの長さに飾りがプラスされることを考えておく必要があります。

キャップ(飾り)のサイズは一般的に10~15cm前後です。

理想的なカーテンレールのサイズと取り付け位置

カーテンを最も美しくみせるための、理想的なレールサイズと取り付け高です。(目安)

カーテンレールの長さ(横幅)

機能レールの場合】:窓枠外側+約10cm(左右合わせて約20cm)
装飾レールの場合】:窓枠外側+約10~15cm(左右合わせて約20~30cm)※これにキャップの長さをプラス

レールの横幅を窓枠よりも大きくする理由は、カーテンを開いた時に生地が窓にかぶらず開口部を広くみせるためです。

カーテンレールの高さ(取付高)

機能レールの場合】:窓枠の10cm程度上に取り付けるのが理想的です。(壁の下地を確認)
装飾レールの場合】:窓枠の12cm程度上に取り付けるのが理想的です。(壁の下地を確認)

レールを高い位置から取付けることによって、カーテン上部の裏側(フックが差し込んである折り返し部)が外から見えなくなるので見栄えも良くなり、さらに光漏れ防止や窓を大きくみせる効果もあります。

エアコンや壁にぶつかって装飾レールが付けられない時の対処法

装飾レールを付けたいけどエアコンや壁で断念しそうな時には、キャップを変える方法もあります。

このようなケースにぴったりの装飾レールです。

カーテンレール グレイスフィーノ19

TOSO グレイスフィーノ19 Cキャップ

カーテンレール ルブラン22

TOSO ルブラン22Aキャップ

カーテンレール グレイスフィーノ19

TOSO グレイスフィーノ19 Dキャップ


まとめ

カーテンレールを変えるだけで、窓まわりの印象が変わります。

空間のおしゃれな演出には、レールにも注目してみてはいかがでしょうか。