【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

【壁紙リフォーム】どのくらいの予算で張り替えできるのか?プロが解説

壁紙・クロスの張替

壁紙・クロスの張り替えを検討している方に向けた記事になります。

これから壁紙リフォームをしようとお考えでしたら読み進めると費用や失敗しないポイントが分かるのではないかと思います。

室内装飾アドバイザー

この記事は”室内装飾アドバイザー”が執筆しています。

壁紙の張り替えにかかる費用や業者選びのポイントを解説します。

壁紙のリフォームを検討し始めると、そもそも「壁紙はどのくらいの期間で張り替えるのか?」という疑問が浮かぶ人もいると思います。

そんな疑問を解消したい方には、下記の参考記事で「壁紙は一般的にどのくらい耐用年数があるのか」を説明しています。

壁紙リフォームにかかる費用や予算

壁紙リフォームに必要な「費用や予算」を知りたい場合は、「自分の条件」で調べる必要があります。

住まいの種類で費用を考える

住まいの形態ごとに費用を算出した記事があります。

「一軒家」「マンション」「アパート」の形態でかかる費用がかわりますので、下記よりまとめた記事をご覧ください。

その他にもさまざまな条件によって「単価」や「必要経費」がかわりますので、把握しとく必要があります。

色んな条件を決める

条件とは以下のようなことです。

  • 部分的にリフォーム or 壁紙全体リフォーム
  • 入居前 or 住みながら
  • 予算を押えたい
  • 特殊な壁紙を使いたい

壁紙リフォームにかかる予算や費用は、このような条件で変わります。

詳しくみていきます。

部分的にリフォーム or 壁紙全体リフォーム

例えば「リビング」だけのリフォームなのか、「壁紙全体」のリフォームなのかでも必要経費が変わります。

入居前 or 住みながら

引っ越し前のリフォームなら家具の移動など必要ありませんが、住みながらのリフォームでは家具の移動や養生も必要になります。

予算を押えたい

壁紙にはランクがありますので、低予算でリフォームするなら見積り前に申告しておくと業者に伝わります。

特殊な壁紙を使いたい

予算に余裕があるので、豪華な壁紙にしたいという場合でも見積り前に申告した方が良いです。


見積りの予定があるなら、このような条件や希望を伝えることが必要です。

具体的に自分の条件が分かっていれば、インターネット上の見積り比較サイトを使えば予算はすぐに分かります。

すぐに知りたいという方には、家にながら一括見積が簡単にとれるサイトの活用も便利です。

インターネット上には安い業者の見分け方として「一平方メートル辺りの価格」がありますが、実際のところ見積りを取ってみないと分かりません。

単価が安くても諸経費が高く、結局どこよりも高かったということは良くあります。

壁紙のリフォームはそんなに頻繁にするものではありませんので、しっかりと下調べが必要です。

壁紙のリフォーム業者を考える

壁紙のリフォームで最も大事なのは「張り替えをする業者」の選び方です。

良心的な業者を見つける事は、壁紙の張り替えを成功させる上で欠かせません。

近所の工務店に頼むのか、知り合いの大工さんなのか…

「クロス職人に直接頼めば安くできる」こんな話も聞いたことがあるのではないでしょうか。

クロス職人さんに直接依頼したいとお考えなら【壁紙の張り替え】安く抑えたいならクロス職人さんに直接依頼するという記事で依頼する方法を解説しています。

まだ依頼する業者を決めていないという方には、どんな基準で選べば良いのか、業者の選び方を詳しく関連記事で説明しています。

張り替えに使う壁紙・クロスの選び方

予算や業者を考える前に「壁紙の選び方」が知りたいという方もいると思います。

なので、張り替える前に知っておきたい壁紙の選び方を書いた記事も参考にしてください。

薄い壁紙・クロスは張り替えに向かない?

表面がツルっとした薄い壁紙は張り替えにはお勧めできません。

理由をいうと、パテや下地処理が難しいからです。

壁紙を張り替える場合、既存の壁紙を剥がして施工しますが、壁紙を剥がすと「裏打ち」という薄い紙が残ります。

これは、張り替えを想定して設計された壁紙の仕様です。

「裏打ち」が残るとプラスターボードや合板など、実際の下地を目視する事ができません。

下地が目視できないので凹凸や釘、ビス等の状況は壁紙を張ってみないと分からない事になります。

このため、でき上ったら段差が目立ったり、凹凸が目立ったりとリフォーム後の仕上がりに不満が残ることもあります。

ですので、薄い材料を選ぶとクレームを付けたい状態や、職人さんの技術不足を疑う事にもなりかねません。

選び方の基準としては、最低でも既存の壁紙と同じくらいの厚みか、それより厚い壁紙を選ぶことがポイントになります。

薄い壁紙が張り替えに向かない理由をまとめると、下地処理が完璧に出来ず、既存下地に依存するという理由からなのです。

薄い壁紙を貼りたい場合

とはいえ、薄い素材の壁紙が気に入って、どうしても使いたい場合もあると思います。

薄い壁紙を使いたい時には、下地の交換なども視野に入れつつ、張り替える業者に相談して下さい。

張替に使いたい壁紙・クロス

張り替えは、一般的に厚手のクロスを使うと綺麗に仕上がると言われていますが、普段壁紙の事など考えた事も無い人に厚手のクロスと言ってもイメージするのが難しいと思います。

それでは、どういった壁紙が厚手のクロスなのでしょうか?

壁紙を選ぶ際にカタログを見ると思いますが、あまり違いが分からない方が多くいらっしゃいます。

色や模様はイメージ出来ても厚みのある材料はピンときません。

ですので、分厚く、厚みのある壁紙の見分け方を簡単に説明したいと思います。

張り替え・リフォーム向きの壁紙・クロス

国内の壁紙メーカーなら、カタログ、見本帳に「リフォーム推奨品」というマークを見つける事ができると思いますが、この「リフォーム推奨品」が付いた壁紙なら、ほとんどの場合問題なく綺麗に仕上がります。

※国内メーカーの壁紙・クロスをご覧にないたい場合、下の関連記事をご覧ください。

リフォーム推奨品以外の壁紙はダメなのか?

そう思われたかも知れませんが、そんな事はありません。

下地が目立たない壁紙

下地が目立たない壁紙は以下の通りです。

  • 表面に凹凸がある壁紙
  • 花柄などの柄のある壁紙
  • ストライプ
  • ハッキリした模様の壁紙

このような壁紙は私の経験上、下地が分かりづらく綺麗に仕上がります。

自分では分からない場合、安心できる方法は張り替え業者に聞く事になります。

壁紙リフォームにかかる金額を安くする方法

壁紙の張り替えにかかる金額を押さえたいと思うのは当然の事ですが、最低必要な工事代金より価格を落とす事はできません。

壁紙は使う材料によって金額が変わりますので、普段目に付かない部分は安い材料を使い、リビングや玄関など、人目が気になる部分に良い材料を使うなどの工夫が必要です。

根本的にお金を掛けたくないのであれば、火災保険を利用したリフォームもオススメです。

火災保険は台風や地震以外でも使えます。

知らないという方が多いので紹介します。

私のお客様でも工事に火災保険を使い、リフォーム代金の手出しが無かった方が多くいます。

参考までに下記の記事をご覧ください。


失敗しないためには打合せをこまめに行う

壁紙の張り替えを決めたら、業者任せにせず頻繁に作業をのぞく事が良い仕事に繋がります。

「思ってた仕上がりと違う」というクレームは、業者任せで出来上がるまで放置した場合に起こることが多いです。

実は業者側も作業中に確認したい事は度々でてきます。

打合せが出来ないと工事が進まないため、業者判断で工事が進行します。

それにより、自分が思い描いた仕上がりにならずガッカリする場合も多数あります。

ですので、できるだけ作業中に顔を出すようにして下さい。

仕事の都合や時間的余裕が無い場合は、電話などによるこまめな打合せをしましょう。

さいごに

壁紙(クロス)の張り替えを検討している方に説明して来ましたが、まとめると良心的なリフォーム業者を探し、下地が分からない材料を選ぶ。

そしてリフォームにかかる価格を出来るだけ抑え、打合せをこまめにする事で満足出来る壁紙の張替に繋がります。